初代登場から30年経過 レクサスの旗艦LSはライバルに対抗できているのか?


 レクサスの旗艦(フラッグシップ)として1989年にLSが誕生してから、31年目に入った。現行のLSは、2017年にフルモデルチェンジを受けた5代目となる。

 国内ではセルシオの名でトヨタから販売されてきた3代目までは、国産車や米国でのモデルチェンジ期間を踏襲したためか、5~6年でのフルモデルチェンジだった。

 しかし、前型から現行車へは11年を経てのフルモデルチェンジとなるが、前型の途中で大幅な改良を行っている。

 欧州車も、毎年進化を続けながら、約8年のモデルチェンジ期間の半ばあたりで大きく改良されることがある。

 いつ変更されるか気になっていたLSだが、マイナーチェンジを受けた新型モデルが2020年7月8日に世界初公開された。

 マイナーチェンジは、エクステリアデザイン、インテリアデザインの変更によりリフレッシュして商品力をたけめているのだが、それ以上に注目なのが、新たな自動運転技術が盛り込まれていることだろう。

 具体的には自動車専用道路での周辺認識、自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整などを行いながら出口までの安全な運転支援を行うというものだ。

 待望のリフレッシュはされることが判明したが、そもそもレクサスLSは欧州の古豪、手強いライバルを相手に世界で戦えるのだろうか?

 文:御堀直嗣/写真:LEXUS、JAGUAR LAND ROVER、MERCEDES-BENZ、BMW、TESLA

【画像ギャラリー】さらに豪華に美しく変貌を遂げた!! レクサスのフラッグシップセダンのLSがマイナーチェンで一新!! 


現行LSは欧州プレミアムに比肩する貫禄

現行LSは2017年にデビュー。ボディサイズは全長5235×全幅1900×全高1450mm、ホイールベースは3125mm。価格は999万6000~1711万7000円
先代LSは2006年にデビューし、2013年にビッグマイチェン。ボディサイズは全長5210×全幅1875×全高1470mm、ホイールベースは3090mm(600hL)

 現行のLSでまず目を引いたのは、車体の大型化であった。全長は、前型のロングホイールベース仕様と同等で、全幅は1900mmに広がった。

 前型と並べて見比べたとき、かつてのセルシオとクラウンを比べるかのように、ひと目で大きさの違いがわかるほどだ。

 現行の車体寸法は、競合となるドイツのメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ、あるいは英国ジャガーXJのロングホイールベース仕様と真っ向勝負する貫禄だ。

 そこに、30年超の歴史を積み重ねたLSの強い意志を感じさせる。

 つまり、米国でレクサスの展開を開始したように、当初は米国消費者に向けて、キャデラックやリンカーンなどとは違った日本発の価値観を備える新しい高級車像を追い求めてきたはずだ。

 なかでも、初代の静粛性や振動の少ない乗り心地は、消費者のみならず米国の自動車メーカーを驚かせたのではないか。V型エンジンの上にカクテルグラスを置いて、振動の少なさを見せた映像は、今なお記憶に残る。

1989年にデビューした初代LSは日本ではセルシオとして販売された。源流主義を謳い徹底的に音振対策を施し、ベンツ、BMWを震撼とさせた

 その後欧州へも進出するに至り、高い走行性能を含めた欧州プレミアムブランドに挑む姿が次第に重なるようになる。それでもドイツのメーカーは、伝統ある永い歴史(ヘリテイジ)がプレミアムの証だと考えてきた。

 いっぽうで、英国ではテレビドラマのなかに富裕層の証としてLSが登場するなど、評価は得てきたと感じる。

現行LSは2018年に1万台を販売

現行LSは4ドアセダンながら、ショートデッキのクーペルックを採用。プレミアムセダンのジャンルにおいて新たなデザインチャレンジを盛り込んだ

 欧州プレミアムカーに通じる価値を一気に高めたのが、現行車といえるだろう。車両の大きさだけでなく、外観の造形もレクサスの象徴であるスピンドルグリルが自然になじむようになり、もともと優れていた仕上がりの美しさにはいっそう磨きがかかった。

 もちろん、トヨタのTNGAに通じるGA‐Lプラットフォームによる走りの基本性能の向上と、トヨタが世界を牽引するハイブリッドシステムのさらなる進化、また先進安全技術の積極的な採用など、枚挙に暇がない。

GA‐Lプラットフォームを採用することにより、高級セダンながら走行性能、動力性能を追求している。レクサスのマスタードライバーは豊田章男社長だ

 販売はハイブリッド車からはじまり、遅れて10速オートマチックトランスミッションと組み合わせたV6ターボエンジン車が発売となった。

 2017年の国内における発売は10月からだったが、実質2カ月と10日余りで年内に3500台ほど販売した。

 翌2018年は1万台を超える販売台数となり、一般社団法人自動車販売協会連合会の集計によるベスト50以内に入るほどの数字だ(ただし、統計はLS500とLS500hに分けて集計されるため、実際の統計値に記載はない)。

 今年になってからは、新型コロナウィルスの影響があるとはいえ、月平均で200台を切る様子もあり、高価な上級高級車とはいえ、販売動向が気になるところだ。

LSの日本での販売数表。2017年10月から2018年3月までは車両価格1000万円オーバーの超高級車とは思えないような売れっぷりを見せていた

次ページは : 欧州、中国で高級車として認知度が高まる

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ