トヨタ、フォードなど日米欧その他の ピックアップトラック デザイン選手権


 日本ではあまりほとんど見かけることのないピックアップトラック。だがアメリカじゃそれこそ“日常”のクルマ。いろんなタイプのピックアップが走っている。

 本場アメリカから日本未導入の日本のピックアップ、果てはインド・中国まで、今回は世界のピックアップトラックのデザインを比較してみよう。

【画像ギャラリー】リアの画像もたっぷりと!! 世界のピックアップトラックたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号


■日本でもこんなクルマに乗りたい!!!

 ピックアップトラックはアメリカの魂だ! アメリカ以外でも売られてるけど、アメリカが本場! つまりアメリカのガラパゴス商品!

 でもアメリカ=世界というくらいでっかい国だけに、ウルトラ巨大なガラパゴスなんだよね!

 ピックアップトラックは、デザインもガラパゴスで、まったく独自の世界を築いてきた。フツーの乗用車とは同列で扱えません! なにせトラックだけに。

シボレー シルバラード3500HD。全長はフルサイズを軽く超えて6600mmというシロモノ

 でもアメリカでは、それが広く国民のゲタとして使われているわけで、実に特異な存在であります。

 今回は、そのピックアップトラックのデザインを、外野から評論させていただこうという試みだ。トラックだけに勝負はフォルムより顔。ピックアップトラックは顔が命!

 ということで、米、日、欧州そのほかの順でいかせていただきます!

■生まれ変わったばかりのフォード Fシリーズ

 ピックアップトラック界の不動の販売ナンバー1だけに、ド定番な四角い顔でコンニチワ! その内側にちょい縦形っぽいグリルをはめこむことで、さらなる力強さを表現しております! これが年に90万台くらい売れるんだから、N-BOXの四角い顔が年に25万台売れたって、顔の総面積じゃ勝負にならんぜよ。

北米で人気のフルサイズピックアップ。注目はハイブリッドモデルが用意されたこと。3.5L V6と35kWモーターの組み合わせだ

次ページは : ■キリリとしたフロントフェイス フォード レンジャー

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ