プレミアムの対価 レクサスのブランド料はいくらなのか?

レクサスのブランド料が50万円以内なら買いやすくなる

 以上のように今のレクサスは、以前に比べるとトヨタブランドと比べた時の価格が高まったが、スピンドルグリルの採用など個性も強めた。

 今のレクサスに、乗り心地や走行安定性などが明らかに優れた車種は見つけにくいが、以前に比べるとトヨタブランドとの違いは明確になってきた。

一般的にレクサス車は内外装の質感が高く、内装の素材などにもこだわっているのは事実だが、新型ハリアーはレクサスを脅かすクォリティを誇る
一般的にレクサス車は内外装の質感が高く、内装の素材などにもこだわっているのは事実だが、新型ハリアーはレクサスを脅かすクォリティを誇る

 予算に余裕があるなら、UXとC-HR、NXとハリアー、ESとカムリという具合に、レクサス車とベースになったトヨタ車を比べて選ぶ方法もあるだろう。

 そして日本車が好きなユーザーが上級車種を選ぶ時、レクサスは購入の候補に入ることが多い。レクサスの対価が50万円以内なら、購入しやすくなるだろう。

 またISのように発売から7年も経過したクルマをマイナーチェンジですまさず、フルモデルチェンジを実施して進化させることも大切だ。

 プレミアムブランドの場合、時代を先取りする価値こそ大切で、7年後にマイナーチェンジ、12年後にフルモデルチェンジでは、周期が長すぎてブランドイメージも下がる。「進化するならマイナーチェンジでもイイじゃないか」という話ではない。

2020年秋にビッグマイチェンを受けて刷新されるISだが、2013年デビューということを考えるとフルモデルチェンジにしなかったのは疑問が残る
2020年秋にビッグマイチェンを受けて刷新されるISだが、2013年デビューということを考えるとフルモデルチェンジにしなかったのは疑問が残る

 国内の店舗数も相変わらず増えず約170カ所に留まる。輸入車に対抗して出店は都市部に偏り、1県に1店舗しかない地域も多い。

 レクサスも日本のユーザーから見ればトヨタ車だから、どこでも公平に買えることが大切だ。

 もう少し日本のユーザーに寄り添えば、メルセデスベンツやBMWとは違う「トヨタのプレミアムブランド」という日本車としての価値を十分に発揮できるだろう。

【画像ギャラリー】日本の誇るプレミアムブランドのレクサスの最新ラインナップ&価格をチェック!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!