プジョー208GT Lineはいいクルマか!?? クルマのプロが総出でチェック


■編集部ウメキはこう見た!

 なーんかドラポジがしっくりこないのよ。前後スライドやらリフターをカチャカチャ動かしても、ペダルで合わせるとステアリングが決まらない。

 チルトにテレスコであれこれ試したけど、結局、メーターって楕円ハンドルの上から見るの? スポークの隙間からは見えないよね?

3本の爪痕のようなヘッドライトと、そこから下方に伸びるデイタイムランニングライトが作り出すフロントフェイスは、注目度高し。撮影場所への移動時など、多くの人が反応していた

 この独創性、プジョーっていうよりシトロエンっぽい。ホログラムのように浮かび上がるメーター表示は美しい。

 で、走り出すと、思っていたのとチト違う。昔の猫足プジョーを想像していたんだけど、サスの縮み側が硬めでタンタンタンと入力を感じる。

写真ではわかりづらいが、メーター表示は奥ゆきを感じさせる近未来的なもの。楽しい

 伸びはじわーっとして猫足っぽいんだけど。なら、縮み側ももっと動かしていいかもね。

・パワー感:★★★★☆
・ハンドリング:★★★☆☆
・お買い得度:★★★★☆

■編集部ワタナベはこう見た!

 これは楽しい! ステアリングを切った瞬間からプジョーらしいキビキビ感と小気味よさが味わえて、小さいクルマならではの愉しさにあふれていたのが印象的。

 細かい振動は感じるけど、DS3クロスバックから採用のCMPプラットフォームの威力でしょうね。CMP未採用のシトロエンC3よりしなやかだし。

フェンダーアーチがブラックに塗られ、精悍な印象のGT Line。3本の爪をモチーフにしたテールランプは全グレードで共通

 1.2Lターボも車重1200kgに満たない208には必要十分で、高速走行もノーストレス。上下を水平にカットした2スポークの小径ステアリングホイール、遠近2層式のバーチャルメーター「i-Cockpit」も近未来的で雰囲気抜群。

 インパネにソフトパッドを多用しているのも嬉しいポイントですな。

・パワー感:★★★☆☆
・ハンドリング:★★★★☆
・お買い得度:★★★★☆

次ページは : ■編集部イイジマはこう見た!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ