プジョー208GT Lineはいいクルマか!?? クルマのプロが総出でチェック


■編集部イイジマはこう見た!

 乗り込んだ瞬間からワクワクさせてくれるクルマです。1.2Lターボはガバッてアクセル踏んじゃうと「やっぱり100ps」ってなるけど、それやらなければ、思った以上にクルマが前に進みます。

 ハンドリングも上々。レーンキープアシストの反力の強さが気になる時もあるけど、全体に好きな雰囲気です。

ユニークで印象的なコックピットまわり。楕円形のステアリングは意外にも使いやすい

 でもドライブモードはひょっとしたらいらないかも。「スポーツ」にすると車内で疑似エンジン音が唸るんだけど、街乗りだとなんか気ぜわしく感じちゃう。

 そんなワタシには受注生産の最廉価グレード「スタイル」がいいのでしょう。239万9000円だし。フルLEDヘッドライトは惜しいけどしかたなし。

メカ好きのココロに訴えるトグルスイッチ。「コクッ」という操作フィールも心地よい

・パワー感:★★★★☆
・ハンドリング:★★★★☆
・お買い得度:★★★☆☆

■編集部ババはこう見た!

 先代の印象の薄いモデルから、みごとに大胆にモデルチェンジ。しかも、デザイン優先のスタイルと思いきや、ある程度の室内空間を確保。

 確かに後席は狭い。でも走りを楽しむドライバーズカーというキャラだと思えば、ドア4枚あるだけでありがたい、と思わねば(ドア2枚より使い勝手は格段にいいので)。

当たりが柔らかく、体を包みこむような感触のシート。ステッチは多色使いでオシャレ

 走りは気持ちいい。四輪が路面にぴたっと張りつき、前輪でぐぐ~ッと引っ張られるように心地よく加速。「スポーツ」モードも試したけど、「ブロロ……」という音の演出があり、ちょいと腰砕け(笑)。

「ノーマル」で充分です。サイズ感も手ごろな格好いいハッチバック作り、やはりPSAはうまいと思う。

ドア開口部こそ狭いが、乗り込んでしまえばさほど狭さは感じない後席。街乗りなら余裕だ

・パワー感:★★★★★
・ハンドリング:★★★★☆
・お買い得度:★★★☆☆

次ページは : ■編集部フルカワはこう見た!