あなたのクルマも最新安全装備が装着可能!! 先進安全技術「後付け」最前線事情

 今やクルマはパソコン並みに細かく進化している。特に先進の安全装備などは、ソフトウェアひとつで性能が大きく変わるケースも多い。

 パソコンやスマートフォンでは、OS、アプリなどを新しくなるとその都度アップデートするのは常識となっているが、クルマではまだ普及はしていない。

 日本の自動車メーカーでは、トヨタは既存の自動ブレーキ装着車のソフトウェアのアップデートによる性能向上が可能になっているが、そのほかのメーカーはどうなのか?

 本稿ではトヨタのソフトウェアのアップデートによる自動ブレーキの性能向上の詳細を紹介し、ソフトウェアのアップデートによる安全装備の性能向上も考察していく。

 同時に自動車メーカーが積極展開している、後付け安全装備の現状を通して、どのメーカーが充実しているのかについて見ていく。

文/永田恵一、写真/TOYOTA、HONDA、SUBARU、VOLVO

【画像ギャラリー】世界で最も新しい安全装備のアイサイトXは新型レヴォーグに搭載されて2020年10月15日に正式デビュー!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ