スズキ SX4 S-CROSS販売終了!! 地味ながら光る魅力と絶版理由

スズキ SX4 S-CROSS販売終了!! 地味ながら光る魅力と絶版理由

 スズキの小型クロスオーバーSUV「SX4 S-CROSS」が、2020年内にひっそりと日本での販売を終了していたことがわかった。

 SX4 S-CROSSは公式HPのラインナップから消えており、スズキ広報部に問い合わせたところ「日本向けについては昨年内に販売終了しております」と、すでに一部店舗での在庫限りで、事実上絶版となっていることが判明した。なお海外向けモデルについては、引き続きハンガリーで生産を継続しているという。

 SX4 S-CROSSの2020年11月の販売台数は15台と低迷しており、販売終了は無理もないのだが、SUVブームのなか、なぜSX4 S-CROSSは歴史に終止符をうったのか?

 本稿では初代モデルのSX4とSX4 S-CROSSが辿った軌跡や魅力を振り返り、「なぜヒッソリと絶版になってしまったのか」を含めて考察してみたい。

文/永田恵一、写真/編集部、SUZUKI

【画像ギャラリー】本文未掲載写真も! 昨年末にひっそりと販売終了したスズキ SX4 Sクロスを写真で振り返る


■実はフィアットとの姉妹車だった! SX4 Sクロスが歩んだ軌跡

●初代SX4/2006-2014年

2006年に登場したSX4は2代目スイフトをベースにしたコンパクトクロスオーバーだった
2006年に登場したSX4は2代目スイフトをベースにしたコンパクトクロスオーバーだった

 2006年7月に日本で登場したSX4は2代目スイフトをベースにボディサイズを拡大したコンパクトクロスオーバーで、このジャンルの日本車の先駆車だった。

 SX4は、フィアット セディチとの共同開発車で、デザインはあのジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるイタルデザインによるものである。

 SX4のボディタイプは標準の5ドアハッチバックと最低地上高を上げ、ルーフレールや樹脂製のオーバーライダーなどを持つクロスオーバーのX系があった。

 パワートレーンは1.5Lと2LのNAエンジンに4速ATの組み合わせで、それぞれにFFと4WDを設定。登場翌年の2007年には1.5L/FF(前輪駆動車)のみとなる4ドアセダンも追加された。

 SX4は、2004年登場で軽自動車ベースではないコンパクトカーとなった2代目スイフト以来上り調子にあった当時のスズキ車らしく、動力性能こそ目立たないながら操作に対し正確なハンドリングや引き締った乗り心地により、運転すると非常に好印象だった記憶がある。

 また、SX4はJWRCの2代目スイフトとともに、2007年終盤2戦へのテスト参戦を経て、2008年にはトップカテゴリーとなるWRカーでWRCに参戦。2008年シーズン終盤にはラリージャパンとウェールズでの5位入賞など、成績も向上していた。

 しかし、リーマンショックによる景気低迷で、残念ながら2008年でWRC参戦は終了となった。

次ページは : ■SX4 S-CROSSは2017年にフロントマスク大刷新などテコ入れ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ