トヨタ年間登録車数で初のシェア50%超え 盤石の裏に不安要素と死角あり!!


EVを作れることと売れることは大きく違う

トヨタは2020年10月にレクサスブランド初となる100%EVのUX300eの販売を開始。しかしトヨタブランドでの展開はない
トヨタは2020年12月末に超小型EVのC+pod(シーポッド)の発売を開始したが、企業向けの限定販売で、個人販売は2022年以降となる

 いっぽうで、トヨタに死角はないのかというと、ひとつある。それは電気自動車(EV)の品揃えがないことだ。

 数年前から、トヨタは23年に及ぶプリウスなどハイブリッド車(HV)の開発と販売実績から、EVはいつでも作れると言ってきた。それは事実だろう。

 しかし現実には、国内にトヨタブランドのEV商品はなく、海外でも発表は行われているが、販売はこれからだ。つまり、EVを売った経験はほぼ皆無に等しい。

 かつて米国でRAV4 EVなど、限定的に販売したことはあるが、不特定多数の消費者が自らの意思でトヨタのEVを選ぶ状況は十分に経験していない。

2012年9月にアメリカのカリフォルニア州で販売を開始したRAV4 EVはテスラと共同開発。約1年半で販売を終了

 ホンダは、昨年ようやくホンダeを市販した。ホンダ独創のEVとして高い商品性を持つが、国内販売台数は1000台という限定的な内容だ。

 市街地での利用を主体とした一充電走行距離という明確な開発方針での導入だが、いざ空調を利用しながら冬に利用してみると、実走行距離は160km程度という情報も耳に届く。EV利用はまだ黎明期であり、多くの消費者にとってその数字は不安材料となるかもしれない。

 ホンダe開発者は、販売してみて、改めてやるべきことをたくさん発見したとも述べている。つまりEVは、これまでのエンジン車やHVとは違ったとらえ方や使い方が求められる商品であり、クルマとは何かという概念をゼロから見直すことが求められる。

 すなわちEVにおいては、作れることと、売れることとは違うのであって、何をすべきかは、売って、消費者の声を聴いてみなければわからないのである。統計データからは見えてこないところに、EV成功の鍵が潜む。

ホンダeは451万~495万円の高い価格、街乗りに特化した短い航続距離など乗り手を選ぶが、ホンダらしさが盛り込まれていると評判

選択肢の有無、多寡が業績を左右

 トヨタの販売店では、日産リーフが2代目へモデルチェンジし、初代の苦労が反映された商品となっているうえ、輸入車のEVも現れるようになり、トヨタにEVの選択肢がないことに不安を覚えているとの声がある。

 新車販売が好調で儲けが出ているいまのうちに、EVの営業を体験しておきたいというのが、トヨタ販売店の最前線の本音だ。彼らは、EV販売のコツを早く肌で体験したいと思っているのである。

2020年12月に初代誕生から10周年を迎え、累計生産台数が50万台を超えた日産リーフ。メーカー、販社ともEVの販売のノウハウを蓄積しているのは大きな財産

 これに対し、2年前の記者会見で当時の寺師茂樹副社長は、「国内向けのEVは、2030年までに日本最適の商品として出したい」と語っており、実際、トヨタの販売店にEV情報は噂さえ届いていないとのことだ。

 国内には、マンションなど集合住宅で200Vの普通充電コンセント設置しにくいといった大きな課題がある。

 しかしそれでも、競合他社にEVがあるのに、トヨタ車にない状況は、現在、5ナンバー車を中心に国内シェア50%超えを達成したトヨタに対し、5ナンバー車の選択肢の少ない日産やホンダの状況と似ている。

 選択肢がない、選択肢が少ないことが、業績を左右するのである。

 トヨタがいつまでもEVを市販しないうちに、市場は激変する可能性がある。国産車に限らず輸入車にEV希望の消費者を奪われてしまう可能性は少なくない。

 そのとき、次にトヨタに戻ってくれる人がどれほどいるだろうか。

 また、シェアリングによる共同利用が普及したら、トヨタ車を選んでくれる人があるかどうか、予断を許さない。

 10年後の市場は激変すると、私は考えている。トヨタといえども、危うい時代が来るかもしれない。

欧州メーカーは電動化にあたりEVの市販化に積極的。トヨタはあえてその潮流に乗っていないとも考えられるが、手遅れにならないことを願う

【画像ギャラリー】驚異的な販売力は健在!! 2020年登録車販売BEST15にトヨタ車は11台がランクイン!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ