カーボンニュートラルに逆行!? スズキソリオがストロングハイブリッドを廃止した理由と今後の動向


 2020年11月にスズキで最も販売台数が多い小型車のソリオがフルモデルチェンジで刷新された。

 標準タイプとエアロのバンディットというラインナップは同じだが、旧型ではマイルドハイブリッドとストロングハイブリッドの両方をラインナップしていたが、新型ではストロングハイブリッドが消滅してしまった。

 世界的にカーボンニュートラル、電動化に舵を切っているなか、なぜスズキは燃費性能に優れるストロングハイブリッドを消滅させたのかが謎だ。

 今後スズキからはストロングハイブリッドが消滅するのか? または新たなストロングハイブリッドが登場するのかなども含め、ソリオからストロングハイブリッドが消滅した理由について考察していく。

文/渡辺陽一郎、写真/SUZUKI

【画像ギャラリー】スズキの小型車で最も売れているソリオ!! フルモデルチェンジで質感大幅アップでトヨタルーミーを追撃!!


スズキの2020年の小型車販売は10万台超え

2020年、スズキの小型車で最も売れたソリオ&ソリオバンディット。2020年11月にフルモデルチェンジして登場

 スズキは軽自動車を中心に販売するメーカーだが、最近は小型/普通車にも力を入れる。2020年に国内で新車として売られたスズキ車のうち、17%を小型/普通車が占めた。登録台数は10万台を上回り、スバルの小型/普通車よりも多い。

 今の国内販売状況を見ると、軽自動車比率を高めるメーカーが増えた。ホンダの場合、2020年に国内で新車として販売されたクルマの53%が軽自動車だ。日産も43%に達するが、軽自動車が中心のスズキは小型/普通車へのシフトを進めている。

 その理由は、今後の軽自動車需要が不透明であるからだ。軽自動車税は、乗用車の場合、以前の年額7200円から1万800円に値上げされた。

 そのいっぽうで自動車税は値下げされ、排気量が1L以下の小型乗用車は、従来の2万9500円から2万5000円へ大幅に下がった。軽自動車税の割安感が以前に比べて薄れている。

 ダイハツもスズキと同様、最近は小型車に力を入れる。ダイハツの2015年の小型/普通車登録台数は、1年間にわずか1624台だったが、2020年は5万6054台まで増えた。5年間で35倍に急増しており、この背景にも今後の軽自動車需要の不透明感がある。

スズキでいま最も売れているのがスペーシア。軽自動車の販売は今後不透明でありスズキも危惧している
最近では小型車にも力を入れているスズキ。2020年に登録された新車の17%は小型・普通車が占めている

新型からはストロングハイブリッドが消滅

先代ソリオはストロングハイブリッド/マイルドハイブリッドの2パターンを用意。新型はマイルドハイブリッドに一本化された

 そして2020年にスズキで最も多く売られた小型/普通車がソリオであった。ソリオは歴代モデルにわたり全長と全幅が小さく、なおかつ全高は1700mmを上回る。運転しやすいコンパクトなボディと、広い室内を併せ持つ。

 後席側のドアは、2世代前からスライド式を採用して、スペーシアのような背の高い軽自動車、あるいはミニバンに準じた空間効率と使い勝手を備える。ソリオは軽自動車の空間効率を生かしたクルマ造りで、売れ行きを伸ばした。

 ソリオは2020年11月にフルモデルチェンジを行ったから(発売は12月)、2020年の大半は先代型を売っていた。売れ行きが最も下がる時期だが、登録台数は1カ月平均で3362台となり、インプレッサを上回った。

 先代ソリオは、2015年にマイルドハイブリッドを搭載して発売され、2016年にはストロングハイブリッドも追加した。2種類のハイブリッドを用意する車種は珍しい。

 ところがフルモデルチェンジされた新型ソリオには、ストロングハイブリッドが用意されない。

 これから2030年に向けて、規制に対応する意味でも燃費性能を向上させる必要があるが、新型ソリオは本格的なストロングハイブリッドを廃止した。背景にはどのような理由があるのか。

先代から全長を70~80mm延長し、後席と荷室を拡大。居住性アップを図った

次ページは : 販社はストロングハイブリッドを積極的に売らなかった!?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ