同じ車種ならやっぱりMT!? それともAT!? 意外な「相性」と長所&短所

 運転の醍醐味を語るうえで欠かせないのがトランスミッション、即ち変速機だ。今や圧倒的少数派となったマニュアルトランスミッション(MT)ながら、実は欧州では依然として主流派の変速機でもある。

 交通環境の違いはあれど、未だに欧州で高い支持を受けるのは、MTならではのメリットがあるからこそ。日本でも近年はマツダが積極的にMTを導入し、ジムニーの先代モデルはMTが4割を占めるなど、意外にも根強い支持がある。

 では、同じ車種ならMTとATどちらが良いのか? MTとAT、双方のトランスミッションをラインナップするマツダのCX-3、そしてアクセラを題材に、それぞれのメリットとデメリットを検証。

 実際にテストしてみると、意外な“相性”も見えてきた!

文:松田秀士/写真:平野学
ベストカー 2018年9月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ