燃費値がいきなり悪化!? 10月1日から導入される新燃費表示「WLTCモード」何が変わる?


クルマの燃費表示が、これまでのJC08モードから国際的な燃費表示方法、WLTCモードに2018年10月1日から切り替わる。乗用車は、10月1日以降に発売される新型車に表示が義務づけられ、フルモデルチェンジしないで売られている継続生産車に関しても、2020年9月までにはすべて表示されることになる。

さてこのWLTCモード燃費、これまでのカタログ燃費表示値「JC08モード燃費」とどう違うのか? WLTCモードに変わるとJC08モード燃費よりも数値が悪くなるのか? よくなるのか? 実燃費との差は縮まるのか? 迫ってみたい!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2017年4月26日号


■なぜWLTCモード燃費が導入されたのか?

JC08モード燃費の数値は知ってはいても、実際に走って見ると7掛けくらいにしか燃費が出ないため、あまり参考にならなかった。WLTCになるとどうなるのか?

WLTCモードとは、「世界統一試験サイクル(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle)」といわれる国際的な試験方法のことで、2014年3月に国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで採択。これまでカタログに表記されていた日本独自のJC08モード燃費に変わる燃費測定方法のこと。 

自動車メーカーは同じ仕様のクルマであっても、燃費の測定試験をそれぞれの国や地域の基準ごとに行っていたが、一度の試験で複数の国、地域での認証に必要なデータが済むようにということで、国連のフォーラムにて世界標準の燃費測定法を定めることになったというわけだ。

また、基準が統一され、国をまたいで型式認証が取得可能になれば、設計や仕様の統一、部品の共通化が進めやすくなり、開発や認証にかかるコストを低減できるというメリットが生まれる。

■WLTCモードはこうなる!

WLTCモード最大の特徴は燃費値が4種類表示されること。「市街地」、「郊外」、「高速道路」の3種類の走行モードの燃費値と、それらを平均的な使用時間配分で構成した「WLTCモード」で表される。1種類の表示だったJC08モード燃費に比べ、ユーザーの走行状況により近い燃費値を知ることができるというわけだ。

それぞれの走行モードの特徴は、まず「市街地」が、信号待ちや渋滞などの影響を受ける都市部での比較的低速な走行を想定したもので、最も低い値となる。

「郊外」は、信号や渋滞などの影響をあまり受けない比較的スムーズな走行を想定した値だ。そして最後の「高速道路」は、高速道路などの自動車専用道路での高速走行を想定した最も燃費のいい値となる。

次ページは : ■日本では超高速モードは除外

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ