【プログレ ラシーン ランティス…】 今ならもっと売れたかもしれない?! 「一発屋」グルマ列伝


世の中、一発屋といえば、一般的には一発当てて消えていったお笑い芸人やヒット曲を出したものの、あとが続かない歌手のことを指すことが多いが、クルマ界にも一発屋は多数存在する。

登場当初は話題になったものの、その後尻すぼみとなって、一代限りで消えていったモデルのなんと多いことか!

今回はそんな一発屋のなかから、比較的記憶に新しい、1990年代以降のモデルで、なんとも悲運で、名残惜しい一発屋グルマを6台紹介しよう。もしかしたら、今なら売れたかも……?

文/清水草一
写真/ベストカーWeb編集部


■先進的でスタイリッシュ、ハンドリングも秀逸だったのに……

マツダ ランティス(1993年8月誕生、1997年8月没)

低くて幅広いボディ、なだらかなルーフライン、短いリアオーバーハングなど、日本車離れしたスタイル。もう一方のセダンのほうもハードトップでスポーティなスタイリング。  エンジンは1.8L直4のほか、クロノス、ユーノス500、アンフィニMS-8などに積まれていたものをランティス用にチューニングし直し、170psまで高められた2L、V6エンジンをラインアップ

1989年から始まった、マツダの暗黒の歴史ともいえる、5チャンネル販売体制。これによって多くの一発屋……、いや、一発も当てられないまま消えていった多くのモデルが生まれたが、そんななか、「悲運の一発屋」として賞賛したいのが、ランティスだ。

今思い返しても、ランティスは実に先進的かつスタイリッシュなクルマだった。ボディタイプは5ドアハッチバッククーペと4ドアハードトップセダンがあったが、特にハッチバッククーペが超スタイリッシュ。ロングホイールベースに、キャビンをキュッと絞ったスポーティなボディを乗せ、前後オーバーハングは短く、タイヤは力強く大地を踏みしめていた。当時私も一目でファンになりました。

メカニズム的には、マツダ自慢(?)の2L、V6エンジン(170ps)搭載が特筆されるが、ハンドリングも実に秀逸で、意のままに走ってくれるフィーリングは、現在のマツダのZoom Zoomに受け継がれている。

しかも、1996年の衝突安全基準を真っ先にクリアしたボディを持っていたのですよ!

しかし悲しいかな、当時のマツダは5チャンネル販売体制の混乱で国内販売が大混乱。こんな「小さな高級車」を出されても、それを売るブランドイメージは皆無で、5年間で4万台余りを売ったのみで消滅とあいなりました。時代を先駆けたいいクルマだっただけに、その悲運ぶりに涙が出ます。出るのが20年早かった……。

■飽きのこないボクシーなスタイルは今でもウケそう

日産 ラシーン(1994年12月誕生、2000年8月没)

ドラえもんをイメージキャラクターに起用し「新・ぼくたちのどこでもドア。RUN!RUN!ラシーン新発進」などのCMキャッチコピーを使った。エンジンは1.5L、1.8Lのほか、2Lエンジンを搭載するラシーンフォルザもラインアップ!

「Be-1」で始まった、日産パイクカーシリーズ。続くPaoも好評で、1980年代後半の日産のブランド再建に一役買った(その後日産は再度ボロボロになり、ルノー傘下に入りましたが)。

そのパイクカーの精神的な後継モデルとしてカタログ販売されたのが、このラシーンだ。ちなみにラシーンとは「羅針盤」を意味しております。

ベースはサニー。そこにビスカスカップリングによるフルタイム4WDを組み込み、全車4WDだった。と言っても本格的クロカンにはほど遠く、走りはまぁ凡庸だったが、思えばこのラシーンこそ、今を時めくクロスオーバーSUVの走り! 飽きの来ないボクシーなスタイルは、現在のジムニーの大ヒットの先駆けと言えないこともない。今出せば売れるかもしれない!

実際、ラシーンのデザインは大好評で、中身なんかどうでもいいからあれが欲しい! というファンが多数生まれた。その人気は現在でも健在で、いまだにラシーン専門の中古車店が存在するほどだ。

これほど人気のあったラシーンが、なぜ一代限りで消滅することになったのか?

思えばラシーンが生産中止になった2000年は、日産がどん底にあえいでいた時期。カルト的人気はあるがあって合計7万3000あまり販売されたものの。会社の不調のあおりを受け、整理されたということだろう。無念じゃのう。

次ページは : ■CMキャッチコピーは「恋愛仕様」

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ