国交省に7つの疑問を問う!!  日産&スバル 激震の完成検査制度に問題はないのか?

 近年は完成検査で多くのメーカーで問題が露わになっている。もちろん国が定めた方針に沿っていないことは大問題だが、そもそも完成検査が時代にそぐわないのではないかという見方もある。

 今回ベストカーは国土交通省に取材を申し込み、一問一答形式で回答をもらった。いったい国は完成検査についてなにを考えているのか。今後の完成検査はどう進むのか?

※画像はイメージです

文/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年11月26日号


■国交省は不正が相次ぐことになにを思うのか?

 不正とされる事象がこれほど各メーカー相次ぐということは、そもそもの話として完成検査の制度そのもの、また現実的な運用方法にも問題があるのではないか!?

 そのあたり、管轄する国土交通省はどのように捉えていて、どのような対応をしていくのであろうか。

 国土交通省自動車局審査・リコール課が一問一答形式で回答を寄せた。

【質問1】
 これほどまでに相次いで、各自動車メーカーの「完成検査における抜き取り検査」で不正事象が起こっていることを、国土交通省としてはどのように捉えているのでしょうか?

■回答
 自動車メーカーが型式指定車について行う完成検査は、国に代わり自動車の保安基準適合性を確認するものであり、厳に適切に実施することが必要であるにもかかわらず、昨年の秋以降、複数の自動車メーカーにおいて不適切事案が判明し、コンプライアンス上の不適切な事案が続発していることは、極めて遺憾です。

 自動車メーカー各社にあっては、不適切事案に繋がるリスクや要因にまで目を向けながら、コンプライアンス重視を浸透させ、信頼回復に向けて取り組んでいただく必要があると考えております。

 国土交通省においては、2018年の10月12日に公布した省令改正の着実な実施によりルール遵守と不正の防止を図るとともに、「適切な完成検査を確保するためのタスクフォース」中間とりまとめの内容にもある効果的な監査の実施に取り組む等により、適切な完成検査の確保を図って参ります。

組み立て作業に携わる人間の数は想像以上に多い。国の保安基準に適合するか検査をするのが完成検査だが、そもそもそれを民間企業に任せるというのも不思議な制度

【質問2】
 「完成検査」の制度そのものが、約50年前から実施されており旧態依然とした制度と思われます。

 この制度は現在の「時代の先端をいく商品であるクルマを作る行程、システム」や「実態」にマッチしていないと思います。

 なぜ、約50年間も同じ完成検査を続けるのですか?

■回答
 自動車メーカーの行う完成検査においては、一定割合の基準不適合車が検出されており、その実施は自動車の安全確保のために必要不可欠です。

 また、完成検査制度については、自動車メーカーやその工場毎に、製造する車種に応じて生産ラインが異なることから、自動車メーカーの生産の自由度を損なうことのないよう、その実施方法について国が画一的に定めることはしていません。

 さらに、自動車メーカーの求めに応じ、工程内検査、検査の自動化、抜き取り検査の採用なども可能としていたところでありますが、今般の省令改正でも改めて明確化したところであり、各社においてその実施方法は適宜見直されてきた、と認識しています。

 いずれにしても、中間とりまとめでも提案のあるとおり、技術進展等を踏まえ、完成検査の改善・合理化を含め、生産される自動車の保安基準適合性の確保の在り方について継続的に見直しを行うこととされておりますので、この課題についても、関係者と議論しつつ取り組んで参ります。

 なお、日本と同様の型式認証制度がある欧州でも、完成車による検査を行うこと等により基準に適合することを確認することが求められています。完成検査については、我が国と同様の考え方が採られています。

50年近く変わらない完成検査の方法。印鑑を使いまわすなどさまざまな不正が発覚しているが方法に問題はないのか?

【質問3】
 9月28日、スバルが発表した資料によると「ライン完成検査で行われていた検査実施方法は”記録が残らず(残す必要はなく)、検査員の記憶による検査”」ということです。

 記録を残さない検査を国交省はメーカー側へ続けさせたということになりますが、大切な検査を記録なしですませていいのでしょうか?

■回答
 これまで、省令において、完成検査の記録を保存すべき、としており、記録を保存する義務が課せられております。

 スバルにおいても全数検査においては、「完品票」にその実施結果を記載することとなっております。

 なお、虚偽の記録がなされている恐れが生じたことから、今般、省令においても措置し、虚偽記載が明確となった場合には、罰則の対象としております。

■メーカーに任せる完成検査、国交省がやるべきでは?

【質問4】
 ここまでのやりとりで、率直に感じるのは、「なぜ、メーカー側だけに検査を任せるのではなく、国土交通省など外部の担当者が検査をしないのか?」ということです。

■回答
 民間の能力を活用しつつ、適切に安全性を担保する観点から、所要の品質管理能力を有し、かつ、サンプル自動車が基準適合性を有することを国が認めた場合において、指定を受けた自動車について自ら検査を行うことができるとする現行制度は適切と考えております。

【質問5】
 先の質問に関連しますが、各自動車メーカーで同様の不正が次々と発覚しているということは、長年にわたり国土交通省側の査察が適正に実施されていなかったとも考えられますが、この件についてはどうでしょうか?

■回答
 従来の国土交通省の立入検査は事前に通告する形をとっていたため、自動車メーカー側で、国土交通省側の立入検査時には、不適切な対応を隠す行為がありました。

 そのほか燃費及び排出ガスの抜き取り検査の不適切事案に関しては従来の立入検査の方法に加え、詳細に立ち入って検証しなければ、発見ができなかったという事情があります。

 立入検査につきましては、中間とりまとめにおいて、無通告立入検査の活用等、チェック方法の強化が提言されているところですが、国土交通省としましては、一連の完成検査の不適切事案に関する各社の調査報告書を通じて明らかになった事案の具体的内容やその原因なども踏まえつつ、立入検査の在り方については、不断の見直しを図って参ります。

国内工場で製造する車種でも輸出用車両は完成検査の必要性がない。当然その品質も問題ないのだ

【質問6】
 このように約50年間、ずっと同じ完成検査の方法を行ってきた結果、ここ1年「自動車メーカー側の不正発覚とお詫び」が頻発しています。

 このようなことがあまりに続くと、日本国民が国産車メーカーへの信用をなくし、国産車を買わなくなる人が増加することも考えられます。

 そうなると、日本の基幹産業が揺らぎ、経済活性化が後退します。国土交通省として、そういう事態になってもいいのでしょうか?  ご回答をお願いします。

■回答
 自動車メーカー各社にあっては、不適切事案に繋がるリスクや要因にまで目を向けながら、コンプライアンス重視を浸透させ、信頼回復に向けて取り組んでいただく必要があると考えております。

 先に述べた通り、国土交通省においては、10月12日に公布した省令改正の着実な実施によりルール遵守と不正の防止を図るとともに、「適切な完成検査を確保するためのタスクフォース」中間とりまとめの内容にもある効果的な監査の実施に取り組むなどで、適切な完成検査の確保を図っていきます。

 また、中間とりまとめでも提案のあるとおり、技術進展等を踏まえ、完成検査の改善・合理化を含め、生産される自動車の保安基準適合性の確保の在り方について継続的に見直しを行うこととされておりますので、この課題についても、関係者と議論しつつ取り組んで参ります。

 これらを総合的に実施し、自動車メーカーでの不適切な完成検査の再発防止を図ることにより、国としても、自動車メーカーの信頼回復を促して参ります。

■今後も完成検査は変わらずに続くのか?

【質問7】
 最後に、現在実施しているこの検査方法を今後、何も変えることなく続けるつもりなのでしょうか?

■回答
 中間とりまとめでも提案のあるとおり、技術進展等を踏まえ、完成検査の改善・合理化を含め、生産される自動車の保安基準適合性の確保の在り方について継続的に見直しを行うこととされていますので、今後も続けます。

 より合理的な基準適合性確保の在り方、検査の自動化の導入などを含め、これら課題について、今後も関係者と議論しつつ取り組んで参ります。

【まとめ】

 国交省としても今回の一連の「不正事案」を看過することはできないと考え、速やかな対応を図ってきたことはわかった。

 また、今回の質問に対する回答から、完成検査に対する我々の誤解も解けた。国交省側がメーカーに検査を丸投げしているのではなく、検査員資格についてもあえてメーカー側に自由裁量の幅を与えているなど、柔軟な対応の結果であることもわかった。

 さらに、工業製品である以上、どんなに生産技術の水準が高まったとしても、一定の割合で不良品が発生することも理解はしている。

人と機械の融合が自動車工場。工業製品では一定の不良は出るが自動車も同じくだ

 そのためにも完成検査は必要で、統計学的にも抜き取り検査による検査で、一定の基準が維持できることもわかった。

 そのうえで、2018年10月12日に公布された「自動車型式指定規則の一部改正」について、まだまだ不足があり、根本的な問題解決には至らない、と提言したい。

 この改正内容を見ていくと、結局のところ「規則の徹底をはかるべく厳罰化を明示した」ということ。

 完成検査の根本に変更はなく、またメーカー側の自主管理に委ねている点にも変更はない。

 高校野球に例えるなら、チームの監督がキャプテンにすべてを一任し、「試合でミスが出たらキャプテンの責任。背番号剥奪」のような厳しい罰則を明確化したことである。

 もちろん規則遵守の徹底化は必要だ。しかし、現実に即した形で完成検査の在り方を見直していくことも必要な時期に来ているのではないだろうか!?

 国交省にはそのあたりを次なるステップとして取り組んでいただきたい。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ