プリウスも真っ青の変貌ぶり!? 顔激変のマイチェン車 5選とその効果

 2018年12月17日に行われたマイナーチェンジでプリウスの「顔」が激変! フロントマスクとリヤビューのデザインが大幅に変わった。従来型の外観が不評で、販売面でも悪影響を与えていると考えたからだ。

 一般的にフルモデルチェンジの合間に行われるマイナーチェンジにおいて、外観の変更は小規模に留まるケースが多い。それゆえプリウスの改良も話題を呼んだのだが、実はプリウス以上にマイナーチェンジで「顔」を大幅に変えた車は多数存在する。

 なかには1度ならず2度も顔を大きく変えたモデル、個性的な顔つきをやめコンサバなフロントマスクに変更されたモデル、そして逆に少々地味なデザインから派手顔にガラリと変わったモデル等さまざま。背景にはそれぞれの「狙い」がある。

プリウスの改良モデル。賛否両論だったフロントマスクからすっきりとした顔に変化

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、SUBARU、MITSUBISHI


“インプ”は2度変化!! 効果感じられた顔激変の改良は?

写真はすべて2代目インプレッサ。上段が2000年登場の初期型で下段左が「涙目」と呼ばれた2002年改良型、右がいわゆる「鷹目」の2005年改良型

■スバル インプレッサ(2代目)/2000-2007年

 全車に共通するのは、発売当初の売れ行きが伸び悩み、その原因のひとつにフロントマスクが挙げられることだ。実際には複数の原因が相まって不人気になるが、顔を変えると車作りが変化したことを容易にアピールできる。

 そしてフロントマスクのベースになったデザインスケッチ(アイデア段階)を見ると、意外に格好良いことが多い。つまり、デザイン案が商品化される段階で格好悪くなり、不評を買っているわけだ。

 この傾向が顕著なのは2代目インプレッサだろう。2000年にフルモデルチェンジされた時は驚いた。丸型ヘッドランプを採用したからだ。

 丸型が全部ダメとはいわないが、2代目インプレッサには妙な愛敬があった。2004年にダイハツから発売されたムーヴラテのようなカワイイ系で、当時のインプレッサには高性能なWRXも含まれたから、ミスマッチが著しかった。

 しかも、水平対向エンジンの搭載で、フロントオーバーハング(ボディが前輪よりも前側へ張り出した部分)が長いから、丸型ヘッドランプではバランスが一層悪化した。

 開発初期のデザインスケッチでは、2代目と同様の横長ヘッドランプも検討されたが、丸型を採用している。そして丸型のスケッチでは、実車よりもボディがワイドだ。ガッシリとした幅広い骨格の中に丸型ヘッドランプを納めてバランスを取っていたが、実車では顎が削がれ、期待した効果が得られなかった。

 そこで2002年にはヘッドランプを丸型から横長の楕円形に変更して、ワイドな雰囲気に見せている。ただし、これも「涙目」と呼ばれ、精悍な顔立ちとはいえなかった。2005年には改めてヘッドランプの形状を変えて、左右の切れ上がった「鷹目」としている。

 販売台数の推移を見ると、それぞれの変更を行った後で、売れ行きが急速に高まったことはない。1か月に1500~2500台を平均して売っている。改良は売れ行きの下降を抑えるのに効果を発揮したと考えられる。

 また、インプレッサは特定のファンに購入される場合が多く、顔立ちが売れ行きに与える影響は概して小さい。それでも2代目は長期間にわたって人気を保ったから、マイナーチェンジとしては成功であったと言える。

■トヨタ SAI/2009-2017年

SAI(2009年登場型)

SAI(2013年改良型)

 SAIは直列4気筒2.4Lエンジンをベースにしたハイブリッドセダンであった。レクサス HS250hと基本部分を共通化して、全高は1495mmだからセダンでは際立って背が高い。全長は4605mm、全幅は1770mmというミドルサイズながら、Lサイズセダンと同等かそれ以上の居住性を備えた。

 ところが売れ行きは伸び悩んだ。全車にカーナビを標準装着したこともあって、価格が最も安い「S」でも338万円に達したからだ。装備やサービスの違いまで含めると、レクサス HS250h(標準仕様は395万円)のほうがむしろ割安に思えた。

 しかもHS250hは、上手にチューニングされたショーワのショックアブソーバーを使うこともあり、乗り心地がSAIに比べて快適であった。

 こうした事情もあって、SAIは2009年の発売時点では1か月の販売目標を3000台に設定しながら、2010年には1500~2000台に。2012年には500台前後まで販売台数が低下した。

 そこで2013年にマイナーチェンジを実施し、ヘッドランプ周辺の形状を大きく変更した。全幅がワイドに見える顔立ちにしている。リヤビューも左右のテールランプが繋がった形状に改めた。

 さらにSグレードのカーナビを非装着(ディーラーオプションを付ける設定)にして、価格を321万円に抑えた。

 マイナーチェンジ後の1か月の販売目標は2000台と設定され、改良直後には1500台前後は売れた。2014年も1000台前後で推移している。一定の効果はあったといえるだろう。

売り上げ上昇を狙いコンサバ顔に変わったケースも

R2(2003年登場型)

R2(2005年改良型)

■スバル R2/2003-2010年

 2代目インプレッサとSAIは、フロントマスクを大きく変えるマイナーチェンジで、売れ行きを伸ばした。この時には価格の割安なグレードなども追加したから、フロントマスクだけで売れ行きが伸びたわけではないが、相乗効果のひとつには含まれる。

 しかし、フロントマスクを大幅に変えた車種のすべてで、こういった効果が得られたわけではない。R2は2003年に発売されて、2005年にはフロントマスクを大幅に変えた。

 従来は航空機をモチーフにした“スプレッドウイングスグリル”だったが、マイナーチェンジ後は一般的な形状になった。

 しかし、販売台数は下降している。軽自動車は1998年に規格変更を行い、この後の売れ筋は、全高が1600mm以上のハイルーフモデルになったからだ。R2は天井の低いボディで、後席や荷室も狭めだから流行からはずれ、フロントマスクを変えても販売台数は伸び悩んだ。

 そこでスバルはプレオの後継車種として、背の高いステラを2006年に発売。ステラは堅調に売れてスバルの軽自動車部門を支えた。

■三菱 ミラージュディンゴ/1999-2002年

ミラージュディンゴ(1999年登場型)

ミラージュディンゴ(2001年改良型)

 個性的なフロントマスクを備えたクルマは数多いが、その中でも特に注目されるのがディンゴだ。縦長にランプを配置したフロントマスクは、柔和というよりもボンヤリした表情で、きわめて個性的だった。

 デザインを進める段階では横長のヘッドランプも検討され、近年のエアロパーツを装着した“カスタム系”の軽自動車を連想させる造形もあった。それでも個性を重視して、ボリューム感のある表情に見せるため、縦長に見えるヘッドランプを採用している。しかしこれが失敗した。

 発売は1999年で、2001年になると、フロントマスクを大幅に変更。縦長だったヘッドランプを横長に変更している。ただしデザインは平凡で、魅力を増したとはいえなかった。

 また、この時期の三菱は、リコール隠しの問題などで社会的な信用を失墜させており、その意味でも売れ行きを伸ばせなかった。

地味顔から派手顔で起死回生を狙ったスズキの現行車

SX4 Sクロス(2015年登場型)

SX4 Sクロス(2017年改良型)

■スズキ SX4/2013年-現在

 一般的にフロントマスクの変更は、評判が悪いために行われる。ところが現行SX4 Sクロスは、変更して見栄えがさらに悪くなった珍しいパターンだ。

 2015年に現行型が発売された時のフロントマスクは、地味ではあったがボディサイドとの造形バランスも良く、欧州のベーシックカーという雰囲気があった。

 ところが2017年の変更では、フロントマスクの中央にメッキグリルを装着する。前歯をムキ出したような形状だ。

 しかも、プラットフォームを共通化したエスクードに採用される緊急自動ブレーキ、サイド&カーテンエアバッグ、車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、アイドリングストップなどが改良後も装着されず、価格は割高だ。従って売れ行きも当然に伸び悩んでいる。

最新号

ベストカー最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|ベストカー 2月10日号

 新年初売り号となる「ベストカー」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、ベストカーではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ