必見!!! 四駆じゃないクルマの上手な雪道の走らせ方

 自分の愛車が四駆じゃないからといって、雪道を走らせるのをためらってはいませんか? 

 豪雪地方ならまだしも、雪が降らない、雪が積もらない市街地に住んでいる人で、4WDに乗っている人は、そんなに多くないはずです。 

 そこで前輪駆動のFF、後輪駆動のFRのクルマに乗っている人に向けて、雪道を上手に、安全に走らせるコツをモータージャーナリストの鈴木伸一さんが解説します。

文/鈴木伸一
写真/ベストカーWeb編集部 JAF


■FF車/曲がる時はとにかくゆっくり!

FF車を雪道で走らせる時、用心しなければいけないのは?

 大衆車クラスでごく一般的な駆動方式のFF(フロントエンジン/前輪駆動車)は、フロントのタイヤが操舵と駆動を兼ねるため、滑りやすい雪道もFR(フロントエンジン/後輪駆動車)と比較して安定して走ることができる。

 さらに、駆動輪の上にエンジンがあるため登坂性能も勝っている。駆動側が重いほうが車輪と路面の摩擦が強くなるため推進力が高くなるからだ。

 ところが、一定量アクセルを踏みながらカーブに侵入し、カーブの途中で一気にアクセルを離した場合、「タックイン現象」が起きやすい。

 「タックイン現象」とはアクセルを離した時、ハンドルを切っている方向に急激に車体が切れこんでいくFF特有の現象のこと。特にタイヤチェーンなどを巻いて、タイヤの抵抗が大きくなっている状況ほど起こりやすくなる。

 しかも、後輪側が軽く、駆動力もかかっていないため、フロントが急激に回り込むとリアが滑ってお尻を振りやすい。

 このため、FRに比べて一度滑るとコントロールしにくいので注意! アクセルの急激な操作は御法度で、カーブの手前では十分減速し、普段よりゆっくりハンドルを回すことが大切となる。普段の走りでハンドルを手早く切るクセのある人は十分注意したい。

■FR車/滑った時はFRのほうがコントロールしやすい

FRのロードスター。FR独特の雪道での走らせ方はあるのか?

 フロントにエンジンがあって後輪を駆動するFRは、滑りやすい路面でのパワーオン時に姿勢が乱れやすい。後輪側のほうが重量が軽く、推進力が伝わりにくいからだ。

 このため、雪道におけるアクセルコントロールは慎重に! 特に降雪時の坂道は注意が必要だ。登りでアクセルを強く踏んでしまうと後輪がスリップしてリアが左右に振られるからで、坂道の下りでは駆動力の掛かっていない(エンジンブレーキの力がかからず、フリーで回転している)前輪のタイヤが滑りやすくなるので注意が必要となる。

 また、前輪のタイヤには駆動力がかからないため、ハンドルを切っても曲がりにくい。それゆえFRは雪道では不利で、コントロールが難しいといわれている。

 が、リアが滑った時の制御はFRのほうがしやすい。駆動力を下げればトラクションが戻るため、アクセルを戻せばグリップが回復するからだ。

 とはいえ、初心者にとってFFより走りにくいこと確か。雪道を走るなら慎重の上にも慎重に!

■スタッドレスタイヤは万能ではない!?

スタッドレスタイヤは4本セットで装着したい

  近年のスタッドレスタイヤの性能向上には目を見張るものがある。圧雪路の駆動力においてタイヤチェーンを超えている部分もあり、サマータイヤの駆動輪にチェーンを装着した状態より、四輪にスタッドレスタイヤを履いたほうが走りやすさはもちろんのこと性能面でも明らかに優位。

 それだけにスタッドレスタイヤを 履いていれば「雪道は万能」というイメージを抱きやすいが、現実はそうではないことを念頭に入れておくことが大切だ。

  雪国ではスタッドレスタイヤを装着していても、タイヤチェーンがないと通れない道路状況が発生することがある。

 凍結した急勾配などで、ミラーバーン状態の 坂道発進など厳しい状況に対応するためにタイヤチェーンが必要となるのだ。

 近年のスタッドレスタイヤは凍結路にも強くなっているものの、スパイクのように 路面に食い込むチェーンにはおよばないからだ。

 また、スタッドレスタイヤはサマータイヤに比べて走行中の剛性が低く、路面が濡れているとブレーキ性能が悪化するため、雪のない道路でも無理は禁物。充分注意したい。

 なお、FFで駆動輪の前輪だけにスタッドレスタイヤを装着した場合、前後タイヤのグリップにアンバランスが生じ、リアが滑りやすくなる。特に危険なのが雪道の下りコーナーで、その傾向がさらに強くなる。

 このため、4本セットが大原則。同様の理由でチェーンを利用するにしても4輪すべてに装着するのが理想だ。

■タイヤチェーンは駆動輪にセットする!

FRのロードスターは当然チェーンを駆動輪のリアタイヤに装着(別企画で取材の松田秀士さん)

 タイヤチェーンを2本だけ利用する場合、駆動輪。つまりFFならフロント、FRならリアタイヤにセットする。これはクルマ好きなら知っていることだが、意外に知らない人もいるので要注意!

 そして、チェーン装着時の最高速度は金属式で20~50㎞/hで、走行時の安定性や耐久性を考慮すれば30㎞/h以下に抑えたい。

 非金属式の場合は40~70㎞/hで、走行行時の安定性や耐久性を考慮すると50㎞/h以下がいいところ。また、雪のない路面で金属チェーンを使用すると切れやすくなるので注意! 雪のない路面では外して走るのが基本となるので注意したい。

 なお、スタッドレスタイヤの速度記号(スピードレンジ)は一般に160㎞/hで、ドライ路面でも夏タイヤと同様、普通に走ることができる。雪道でも注意は必要なものの制限速度内なら特に制限はない。

 タイヤチェーンの装着方法はJAFが動画を公開しているので参考までに見て頂きたい。

■タイヤチェーンの義務化について

今から約1年前の2018年1月22日、都心部で4年ぶりに20cmを超える大雪が降った。写真はスタッドレスタイヤを履かずに走ってスリップするクルマを警官が押している

 最後に大雪の際、自動車のタイヤにチェーンを取り付けることが一部の道路で義務化されることになったのでお伝えしておこう。このチェーン義務化は大雪によるクルマの大規模な立ち往生が全国で相次いでいることから、国土交通省が検討を重ねてきた。

 公布・施行は2018年12月14日。義務化される予定の道路は、国道6カ所と、高速道路7カ所の計13カ所。義務区間などは以下の通り。

 これらの区間でチェーン装着を義務付けるのは、大雪特別警報や大雪に対する緊急発表などがあった場合に限るとしている。

■国道
国道112号(山形県西川町志津~鶴岡市上名川の27km)
国道138号(山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の9km)
国道7号(新潟県村上市大須戸~村上市上大鳥の16km)
国道8号(福井県あわら市熊坂~あわら市笹岡の4km)
国道54号(広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名の12km)
国道56号(愛媛県西予市宇和町~大洲市松尾の7km)

■高速道路
上信越道(長野県・信濃町IC~新潟県・新井PAの25km)
中央道(山梨県・須玉IC~長坂ICの9km)
中央道(長野県・飯田山本IC~園原ICの10km)
北陸道(福井県・丸岡IC~石川県・加賀ICの18km)
北陸道(滋賀県・木之本IC~福井県・今庄ICの45km)
米子道(岡山県・湯原IC~鳥取県・江府ICの34km)
浜田道(広島県・大朝IC~島根県・旭ICの27km)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ