ペダルの踏み間違えはなぜ起きる? 対処法は?


 自動車のブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が、あとを絶たない。アクセルとブレーキは運転操作の中でも基本中の基本である操作であり、また、踏み違えによる事故はいわゆる「暴走」状態で起こることが多いため、「なぜそうなるのか」と疑問を持つ方も多いだろう。では、なぜ踏み違えは起きるのか、対処法はあるのだろうか。

 元日産自動車の開発エンジニアである自動車ジャーナリストの吉川賢一氏に、そうした原因と対処法について伺った。
文:吉川賢一 イラスト、写真:Adobe stock


■踏み違え事故は、実は若者も起こしている

 交通事故総合分析センター(※1参照)によると、ペダルの踏み違えによる人身事故の割合は、平成24-28年調べにて、24歳以下は約1.5%、25-54歳は0.8%、55-64歳は0.9%、65-74歳は1.5%、75歳以上では3.1%と、加齢の影響が運転応力の低下をもたらしていると考えられる」としている。
※1 https://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info124.pdf

 AT車の場合、アクセルとブレーキが並んで配置されており、それぞれ「踏み込む」という同じ動作で操作するペダルが並んでいるため、誰にでも踏み間違える可能性はある。運転経験が絶対的に少ない24歳以下であっても、踏み違えが発生している傾向にあるが、やはり75歳以上の高齢者にて、踏み間違え事故の割合が多いのは事実のようだ。

■踏み違え事故の特徴とは?

 さらに、財団法人 国際交通安全学会の報告書(※2)によると、踏み違え事故は、事故時の車速が20km/h以下が全体の70%と最も多くなっている(図13)。また、特筆すべき特徴として、ペダル踏み違え事故では、発進時の事故の割合が高い。発進時の割合は全事故では 16.3% であるのに対し、ペダル踏み違え事故では 1.9 倍の 30.8% となっている(図12)。
※2 https://www.iatss.or.jp/common/pdf/research/h2294.pdf

 また、事故を起こしたドライバーは、アクセルをブレーキだと思い込んで踏み込んでいるため、かなりのスピードが出てしまい、他の交通事故に比べて大事故に繋がりやすいのも特徴だ。さらには、これらのドライバーは自分の意図しないクルマの動きに動揺し、反射的に間違って踏んだアクセルペダルをさらに踏んでしまう、という傾向もある。

メーカー各社は先進安全装備をウリにしており、ペダル踏み間違い防止装置の標準装備化も進んできた。いずれ装着義務化していただきたい

次ページは : ■もっとも危険なシチュエーションとは?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ