【クルマの足回りの寿命は?】最新車なら10万km ダンパー無交換でも大丈夫なのか? 

 みなさんの愛車は何万km走っていますか? 5万km、8万km、なかには10万km、15万kmオーバーという猛者も多いのではないでしょうか?

 走行距離が増えてくると気になってくるのが足回りのヘタリ。クルマの揺れが大きくなって不安定になったり、タイヤの偏摩耗、ハンドルが右または左にとられるといった症状は出てませんか?

 そこで、どのような状態になったら、サスペンションを交換しなければいけないのでしょうか? また、サスペンションを交換するといくらかかるのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB Adobe Stock


■サスペンションのヘタリの原因とは?

何万kmになると、足回りはヘタってくるのだろうか?

 足回りの寿命(耐久性)というのは、とても一言では説明仕切れない。自動車メーカーそれぞれの車種ごとに、要求される性能、品質、コストの設定など、クルマづくりの手法は千差万別だからだ。

 ただし、サスペンションに関しては、足回りを構成する部品単体の耐久性に関しては、クラス分けやボディの種類などによって、ある程度は経験によって類推することはできる。

 サスペンションの各部品の耐久性が走行距離や経過年数を経て、どう影響してくるのか探ってみよう。

 足回りの耐久性は、一般的に全体の部品交換を含むメンテナンスの区切りはおよそ8万~10万km、10年が目安とされる。

 サスペンションの構成部品の耐久性やそれぞれの価格について、自動車メーカーや部品を納入するパーツメーカーに問い合わせても、残念ながら具体的な答えはなかなか返ってこない。

 メーカーも部品メーカーもコストを含めた要求性能を明らかにすることは、商品性やビジネスに関する競争力にもろに影響してしまうからだ。

 サスペンションを構成する主な部品を見ると、まずは直接地面に触れるタイヤ(ホイール)があって、これにつながるアーム類と各部の動きに影響する防振性などを司るブッシュ、サスペンションからの様々な荷重や衝撃といった入力を受け止めるスプリング(バネ)、その動きを調整するダンパー(ショックアブソーバーで構成される。

 乗り心地に関しては、これらに加え、サスペンション全体の動きを調整するスタビライザーや、ボディに近い箇所ではアーム類が接続するサブフレームなどがあり、当然ながらボディそのものの強度や剛性の設計が乗り心地に影響することになる。

■ダンパーを換えれば乗り心地が変わる?

新車を購入してから8万km以上走行したことのあるオーナーだったら、これはダンパーを替えなきゃいかんという目安はわかる人も多いハズだ。ダンパーを交換すると走りは劇的というか、新車時並みに元に戻る

 それでは、足回りの乗り心地に影響する構成部品の耐久性について、見た目としてもわかりやすい部品であるダンパー(ショックアブソーバー)から見ていこう。

 ダンパーの性能の変化の見極めについては、5万/8万/10万kmなどと意外と幅がある。

 乗り心地の悪化は、サスペンションの動きが粗くなることで、走行中の快適さが失われるわけだが、耐久性に関しては、ダンパー内部のピストンとともに収められたオイルの漏れが故障の代表例で、見た目で確認できる例はダンパーケースの破損などもある。

 その名をよく知られたダンパーメーカーのサイトでは、純正品の新車時のダンパー交換の目安は8万kmとしている。「純正品は、8万kmで目に見えて劣化し、この劣化したショックを交換することで車両の乗り心地や快適性が飛躍的に向上することが確認されています」としている。

 「一定の距離で特定の回転数に達するタイヤとは異なり、ダンパーは道路の状況により伸びと縮みの頻度が増減する」とし、走行時の天候や道路の状態、ドライバーの運転時の癖や、荷物の積載量、タイヤ/ホイールの変更などによっても、ダンパー(とタイヤ)の寿命は大きく影響を受けるとコメントしている。

 メンテナンスについては「1年に一度、または2万km毎」「5万km以上経過」という点検時期を推奨するなど、ダンパーメーカーによって微妙に違いがあっても、定期点検では見た目での損傷の有無やオイル漏れのチェックをしてほしいとのこと。

 むろん、見た目で問題があれば、交換しなければ車検を通すことができないから当然とも言える。

■交換にかかる費用は?

足回りを交換するといっても莫大な費用がかかるから諦めたという人も多いのではないだろうか

 メーカー/車種によって多少は変わっても、ディーラーや大手カー用品ショップなどで交換に要する価格は、作業工賃を含めておよそ1本当たり2.5万~3万円程度。これに加わるアライメント調整料金が1万円からというのが相場のようだ。

 自動車メーカーの保証については、トヨタを例に挙げれば、オイル、ブレーキパッドなどの消耗品については「一般保証」として期限を3年/6万kmに設定。

 エンジン周りなどを含め、重要保安部品に関しては「特別保証」として、5年/10万kmと定めている。

 足回りでは、ダンパーやサスペンションアーム(ブッシュを含む)、後述するスプリングなどを設定している。

 純正品のダンパーでは、5万km程度でヤレが感じられるようでは品質として問題外だが、10万kmまで保つかといわれれば、今日のクルマなら問題なしと答える。

 それでも、足回りの“総取っ替え”でなく、ダンパー単体の交換でも著名な社外メーカーの製品などにトライしてみる価値はあるが、あくまで純正品の出来映えを確認した後に判断してほしい。

 そのうえでモディファイを試みれば、効果があった時にはまさに「してやったり」の快感が得られるのだから。

 走行距離を経たダンパーをリニューアルしてまず感じられるメリットは、走行時にボディの動きの落ち着き、安定感が得られること。

 路面の変化に柔軟に足回りが対応できることが日常的に実感できるはず。乗り心地が硬くなりすぎて失敗という例が世間になくもないが、メーカーやショップの情報を慎重に見極めれば、大事には至らないはずだ。

■スプリング/ブッシュは車両保証が目安

 足回り関連の部品では実感しにくい部類に入るスプリングのヘタリについては、使われる鋼材の材質や製法、形状や設置位置の設計などさまざまな要素がある。

 とはいえ、耐久性については基本的に10万kmという車両のメンテナンスの最大といえる保証距離/経過年数と一致すると考えて良い。

 スプリングの部品代はむろん車種にもよるが1台当たり2万~3万円強、取り付け工賃は2万~3万円というのが目安となる。

 車高調整機構については、サーキット走行などを見据えて走りを変えてみたいという欲望にかられて交換に踏み切るのか、見た目重視のファッション的な“ローダウン”を求めるのか、方向性や好みによってかけるコストが変わってくる。

 乗り心地に関しては、純正品では、経験上5万~8万kmの走行距離では、ダンパーほどの明らかな変化が生まれるとは思えないというのが率直な印象だ。

■ゴムブッシュを替えるだけで見違える

アーム類の先端の丸い部分についている黒い部分がゴムブッシュ

  ブッシュとは、サスペンションアームのジョイント(関節)部分に取り付けられたゴム製部品のこと。ブッシュの交換は一般的には10万kmが一応の目安となる。

 これもスプリングと同様に車両のメンテナンス基準と同様といえる。ブッシュの損傷によるスタビライザーリンクからの異音発生などもよく聞くトラブルだが、これも走り方に影響を受ける。

 ブッシュの点検については、知り合いの整備工場のスタッフに訊くと「目視によるひび割れや傷などのチェックが基本です」という。

 頭に置いておきたいのは、ブッシュの交換はアーム類とのアッセンブリー交換となること。ブッシュ1セットの価格は7000~8000円ほどでも、先のようにダンパーなどを4輪で交換するなら、工賃を含めて約20万~30万円の出費となるから話が変わってしまい、それなりの覚悟が必要になってくる。

 個人的には、ブッシュについては、一般的にゴム(スポーツ指向の金属製もあるが)を材質として採用するのだから、いくら対策を講じても耐久性にはそれなりに限界があり、乗り心地に関しても影響は少なくないと捉えている。

 足回り全体のメンテナンスの手順としては、どうしてもダンパー/スプリングの交換に合わせてということにならざるを得ないので難しい。

 それでも、ブッシュの交換の交換は乗り心地に関しては、サスペンションの当たりに関してリフレッシュと呼ぶにふさわしい効果があることは間違いない。

■実行する価値と得られる楽しみ

 乗り心地の悪化を感じて、サスペンション部品を交換しようと考えた時には、まずタイヤの状態などをチェックしたうえで、慎重に実施してほしい。

 さらに組み付け精度の確認として、サスペンション周りの部品を交換した場合には、アライメント調整は必須だ。

 蛇足ながら、乗り心地に関しては、たとえばエンジンマウントはエンジン/トランスミッションからの振動の影響が直接的に表れ、乗り心地の悪化にも関わってくるから要注意。

 ドイツ系の車種などでも、旧いモデルでは意外にトラブルの声をよく耳にするから、まめにチェックしておくことをお薦めする。

 ダンパー/スプリングの交換の目的は人それぞれであり、スポーツ走行を念頭に入れた選択肢となれば、価格はさらに上があることは周知の通り。

 ここではあくまで“普段乗り”に限定した乗り心地の改善について話を進めているので、日常的に路面の状況をダイレクトに伝わってきて気分が良くないとか、ボディの動きが不安定になって、たとえば子供の車酔いにまで影響するようなら、足回りの交換を考えてみてはどうだろう。

■アクア、プリウス、86の足回りの価格は?

 最後にアフターマーケットで販売されている足回りの価格はいくらくらいなのか? 一例としてプリウス、アクア、86の3車種の価格を調べてみた。

 調べたのはトヨタ直轄のTRD、競技車両用パーツも手がけるTEIN、走行用パーツのカスタマイズブランドとして知られるRS★R、主要自動車メーカーにOEM供給するダンパーメーカーであるKYB。

 ここでは、総じて乗り心地などに配慮した「ストリート用」サスペンションとして、ベーシック仕様品を選択(表示は税抜き価格)。プリウスに関しては、3代目に統一した。価格の表記はセット/単品(前後)などの設定が変わっていることを確認したうえで、詳細については、各社に問い合わせいただきたい。

以下のダンパーとスプリングのキットを大まかにみると(KYBはダンパーとスプリングのセット製品の設定なし)、ここで示した仕様では10万円前後から部品代がスタートして、これに工賃が加わることを考慮すれば、総計で約20万円コースになる。

 なお、RS★Rが“車高調キット”と呼ぶ、ダンパー/スプリングセットは、スプリングに上級グレードの「Ti2000」を装備しているため、価格が他社よりも上昇している模様。TEINの場合、ダンパーの仕様や在庫によって変化するので問い合わせが必要となる。

■ダンパーとスプリング、1セット価格
1/プリウス(ZVW30)2/アクア(NHP10)3/86(ZN6)
・TRD(Sportivo):1/9万5000円、2/9万5000円、3/9万円
・RS★R:1/14万5000円(Basic i)、2/14万8000円(Basic-i C&K)、3/17万8000円(Best i)
・TEIN:1/8万1000円(STREET BASIS Z)、2/8万1000円、3/7万1000円~(註:カッコ内は商品名)

■TRD
 トヨタ直系のスポーツ性を推し出したブランドであるTRD。サスペンションキットである「スポルティーボ」は、1年または2万kmの部品保証を実施。

 工賃は、ダンパー交換(1台分、車高調キット・純正形状):2万5000円~。スプリング交換(1台分、スプリング単体):4万円。アライメント測定/調整(1回):8000円/3000円とされている。

1/ダンパー、スプリングセット、2/ダンパー(1セット)、3/スプリングセット(1セット)

・プリウス(ZVW30):1/9万5000円、2/5万2000円、3/生産中止
・アクア(NHP10):1/9万5000円、2/5万7000円、3/3万8000円
・86(ZN6):1/9万円、2/5万4000円、3/3万6000円

■RS★R
 大手サスペンションパーツブランドであるRS★Rが車高調キットと呼ぶ、ダンパー/スプリングセットは、スプリングに上級のTi2000を装備。掲載したスプリングはベーシックなRS★R DOWN(車高低下は25~20mm)を取り上げた。品質保証は3年/5万kmを設定。

1/ダンパー、スプリングセット、2/スプリング1セット、3/スプリング:前、後

・プリウス(ZVW30):1/14万5000円(Basic i)、2/3万6800円、3/1万9300円、2万1100円
・アクア(NHP10):1/14万8000円(Basic-i C&K)、2/3万5800円、3/1万8100円、2万800円
・86(ZN6):1/17万8000円(Best i)、2/3万3800円、3/1万7500円、1万9700円(RS★R DOWN)

■TEIN 
 ラリーフィールドでの競技車両用製品などでの評価が高いテインは、最新競技車両から1970~1980年代の旧車に適用可能な製品までを手がける。ここでは、基本的にベーシックなストリート仕様を選択した。

1/ダンパー+スプリング(1セット:STREET BASIS Z)、2/ダンパー(単体:Endura Pro)、3/スプリング(1セット:HIGH TECH)

・プリウス(ZVW30):1/ダンパー+スプリング(1セット:STREET BASIS Z)8万1000円、2/ダンパー(単体:Endura Pro)、F:2万円、R:1万円、3/スプリング(1セット:HIGH TECH)4万9000円
・アクア(NHP10):1/8万1000円、2/2万円、3/5万円
・86(ZN6):ダンパー+スプリング(1セット:Endura Pro SP KIT)7万1000円、ダンパー(単体:Endura Pro) F:2万円、R:1万2000円 、スプリング(1セット:HIGH TECH)4万6000円

■KYB 
 自動車メーカーにOE供給を実施するダンパーメーカーであるKYBでは、同社傘下のKYBエンジニアリングアンドサービスが二輪/四輪の各種ダンパーをはじめとした製品を扱う。アフター向けダンパー製品は、昨年発売された「NEW SR MS/MC」シリーズ(MS/MCはMORE SPORTY/COMFORTの意。

1/ダンパー(1セット:NEW SR SPECIAL)、2/単体(前、後×2)、3/単体計

・プリウス(ZVW30):1/6万2500円、2/2万2600円、1万8600円、3/6万3800円
・アクア(NHP10):1/6万2500円、2/2万2600円、1万8600円、3/6万3800円
・86(ZN6):1/7万円、2/2万2600円、2万2000円、3/6万7200円

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ