高まる高齢ドライバー免許返納問題の行方 高齢者限定免許新設で解決できるのか? 

 2019年4月19日に起きた東京・池袋の高齢ドライバーによる死亡事故以来、高齢ドライバーによる免許の自主返納が全国的に急増しているという。

 こうした高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいることをうけ、 2019年6月10日、東京都の小池百合子知事は ブレーキとアクセルの踏み間違いよる急発進を防ぐペダル踏み間違い加速抑制装置を買った高齢者に購入&設置費の9割を補助することを表明した。

 また、2019年6月18日に開かれた政府の関係閣僚会議で、75歳以上の高齢ドライバーには、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置が装着されたクルマに限って運転できる「安全機能付き高齢者限定免許」の新設を決めた。

 はたして、高齢ドライバーの免許返納は何が正しいのか? 根底にある原因と解決策を考えてみた。

文/高根英幸(自動車テクノロジーライター)
写真/警察庁 Adobe Stock


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ