【安全機能付き高齢者限定免許新設決まる!】高まる高齢ドライバー免許返納問題 これで解決できるのか? 

 2019年4月19日に起きた東京・池袋の高齢ドライバーによる死亡事故以来、高齢ドライバーによる免許の自主返納が全国的に急増しているという。

 こうした高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいることをうけ、 2019年6月10日、東京都の小池百合子知事は ブレーキとアクセルの踏み間違いよる急発進を防ぐペダル踏み間違い加速抑制装置を買った高齢者に購入&設置費の9割を補助することを表明した。

 また、2019年6月18日に開かれた政府の関係閣僚会議で、75歳以上の高齢ドライバーには、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置が装着されたクルマに限って運転できる「安全機能付き高齢者限定免許」の新設を決めた。

 はたして、高齢ドライバーの免許返納は何が正しいのか? 根底にある原因と解決策を考えてみた。

文/高根英幸(自動車テクノロジーライター)
写真/警察庁 Adobe Stock


東京・池袋の事故以来、高齢者の免許返納が急増中!

運転免許を返納し、運転経歴証明書を受け取るには、本人申請の場合、運転免許証、手数料1100円、申請用写真が必要。代理人申請の場合、委任状、代理人の住所、氏名、生年月日が確認できるもの、手数料1100円、申請用写真。 運転経歴証明書の受け取りは申請した場所において交付(受取)まで2週間程度もかかる。(島部警察署では4週間程度)

 75歳以上の高齢ドライバーは2018年末時点で563万人。75歳以上の高齢ドライバーが過失の最も重い「第1当事者」となった交通死亡事故は460件で前年より42件増え、全体の14.8%を占め、過去最高を記録した。

 そんななか、2019年4月19日におきた東京・池袋の悲惨な交通事故以来、全国的に免許を返納する高齢者ドライバーが急増している。

 この事故をうけて警視庁管内では5月の大型連休後の3日間だけで通常に2倍以上にあたる約1200人が免許を自主返納したという。

 免許所有者は必ずしも移動にはクルマの運転が必要な方ばかりではないだろうが、運転免許を返納するということは、自分が社会的に自立した人間ではなくなってしまうような気がするのだろう。

 不安とプライドが入り交じって、なかなか返納に踏み切れない方も多いようだ。判断力が鈍ったり、感情を抑えることが難しくなってくることもあって、周囲の人間の説得もなかなか難しいものがある。

 そのため、「運転操作ミスによる交通事故を防ぐためにも75歳で免許を返納すべきだ」、なんて定年制を訴える人もいる。気持ちはわからなくもないが、運転免許を定年制で打ち切ってしまうのはいささか暴論過ぎるだろう。

 高齢ドライバーの運転操作ミスによる交通事故で若い人命が失われてしまうのは、確かにやり切れない。

 しかし、高齢者でなくても、運転操作をミスするドライバーは存在する。ならば一定上の経験年数があるドライバーで運転が下手なドライバーは、即座に免許取り消しにしなければならなくなるではないか。

 自分が高齢者になった時のことを想像してみてほしい。年齢が75歳に達したというだけで運転免許を取り上げられて、移動の自由を奪われても平気でいられるだろうか。

 後期高齢者は公共交通機関や親族が運転するクルマに乗せてもらえばいい、と考えるのは他人事だからだ。

 なるべくならそういった移動手段を使ってほしいとは思うが、高齢になってもキチンと運転する能力を有する人には運転免許の保持を認めてあげるべきだ。

 そもそも定年制を訴える人は、「運転免許を返納させれば高齢者ドライバーは運転しない」とでも思っているのだろうか。

 善良な多くの高齢ドライバーはイザ知らず、問題を抱えた高齢ドライバーに常識が通じると考えてしまうのは、いささか考えが甘いと言わざるを得ない。

 免許を返納しに軽自動車で訪れて、返納後にそのまま運転して帰ろうとする高齢者ドライバーが少なくないのは笑い話ではなく、どこの免許センターでも聞く話だ。

 判断力が鈍ってくれば、善悪の区別も付きにくくなる。免許を返納しようが、自分は運転できると思ったらクルマを運転してしまうのが認知力の低下した高齢者ドライバーがもつ危険な一面なのだ。

「安全機能付き高齢者限定免許」創設決まる!

 政府は、2019年6月18日の関係閣僚会議で、認知機能検査と高齢者講習が義務付けられている75歳以上を対象とした、高齢者向けの免許制度の創設を決めた。

 免許証にAT限定免許のような条件を加えて、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い加速抑制防止装置、車線逸脱防止装置などの運転費補助装置がついたクルマに限定するようだ。 このペダル踏み間違い抑制装置には性能認証制度を設けて、性能の高い装置の普及を図るという。

 一律に義務付けるのは困難との見方もあり、義務化するのではなく、選択制になる見込み。

 具体的な制度設計は今後詰めて2019年度中に詳細を固め、2020年度以降、早期の実現を目指すという。

 ただ、高齢ドライバーが新たにペダル踏み間違い加速抑制装置が装着された新車を購入できるのか? 

 現在乗っているクルマにペダル踏み間違い加速抑制装置を後付けにした場合でも、安全に装着されたかどうかの検査や、補助金を出すのかなど、細かい事項も決めていかなくてはならない。

一定の年齢以上は免許試験を受け直す制度にすべき

政府が新設を予定している、安全機能付き車限定の高齢者免許は、義務化ではなく、任意で選択する制度であれば、あまり意味がないのではないか

 運転免許は一度取得したら、その後は運転する権利を得ていると思っているドライバーも多い。

 しかし実際には免許というのは、本来は運転できるだけの知識と身体機能、技能を有していることの証明であるから、どれか1つでも欠けてしまったら免許の効力が失われるべきものなのだ。

 重大な交通事故を起こしたり、交通違反を繰り返して免許取り消しになるのも、運転する能力が低いからであり、同じように老化によって運転する能力が低下してしまったら、免許の効力を失うのはしかたのないことだ。

 しかし、これを認知能力が低下してきた高齢ドライバーに理解してもらうのは難しい。

 一律に年齢で制限してしまうと、地方でクルマを仕事で使っている高齢者が困ることにもなりかねない。

 それに今後、企業の定年がさらに引き上げられたら、リタイアして数年ですぐに運転することができなくなってしまう状況に陥ってしまうのも困ることになる。

 今後の高齢化社会を支えるのは高齢者自身であり、経済活動をしてもらわないと国内景気はどんどん右肩下がりに急降下していってしまう。現時点でも高齢者の経済活動は、巡り巡って日本の景気を支えている部分もある。

 前述したが、現在、政府が新設を検討している75歳以上の高齢者向け運転免許は、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置を装備したクルマに限って運転できるとする限定条件付きの免許。

 しかも選択制が導入されるという情報もあり、自ら条件付きの免許を選ばなければ効力がないことになる。

 それでも効果がないとは言わないが、根本的な解決策とはならないのではないだろうか。

 しかも、実際に施行されるのは2020年以降と言われている。そんな悠長なことをせずに来年、2020年度(2020年4月~)から施行してほしいものである。

 現行の免許制度が制定された頃には、平均寿命が80歳を超えるなんてことは、ましてやそんな高齢者がクルマを運転することは想定されていなかった。それも、今の高齢者ドライバー問題が抱える歪みの原因の1つだろう。

 やはり解決策としては、一定の年齢以上になったら運転免許を取り直す制度を作るべきだろう。それによって安全に運転できる能力があるかキッチリと判断してもらえる。

 現在行なわれている高齢者向けの講習や、認知検査などより合格のハードルは高くなるが、そうしなければ高齢者ドライバーによる交通事故を減らすことはできないと思う。

 例えば、以下は筆者の私案だが75歳になったら、現在の運転免許更新期間と同じように誕生日の前後1カ月間は運転しながら免許センターや試験場へ通い、免許試験を受けられるようにして、無事に合格すれば3年間の期限付きで免許を発行する。

 3年後には同じように運転免許試験を受けて合格すれば再び免許が発行される。これを繰り返すのだ。もし免許試験に受からなければ、教習所で練習すればいい。もちろん免許所持者は毎年、認知症や身体能力のチェックを受けることも必要だ。

 こうして高齢ドライバーも努力して免許資格の維持を目指す時代になっていくことで、高齢者はより活動的になって、日本全体が健康的で明るい未来に向かっていくことにつながらないだろうか。

 ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する装置が注目されているが、75歳以上の高齢者ドライバーのクルマは、急発進自体ができない、最高速度も50km/h程度に抑制してしまってはどうだろう。

 実際、海外には運転の時間帯や場所、速度などを限定する免許もある。安全機能に加え、こうした限定条件を加えるのもいいのではないだろうか。

 今回の閣僚会議では、公共交通機関が少ない地方などで、高齢者が自らクルマを運転しないでも暮らせる社会づくりも進める方針も決まっている。

 具体的には全国で「相乗りタクシー」を導入したり、地方で自家用車が有償で客を運ぶ「ライドシェア」の規制を緩和したりする。自動運転バスの実用化に向けた検討も進めるという。

 外装もクッション性の高い柔らかい素材で構成されたマイクロEVの試作車などは、まさに高齢者ドライバーが運転するには理想のクルマといえそうな存在だが、マイクロEVの制度自体の整備が進んでいないことから、こうした新規格のモビリティは日の目を見てはいないことは非常に残念だ。マイクロEVの普及も考えてもらいたいものだ。

「クルマを取り上げる」のではなく別の楽しみを見つけるという考え

 筆者自身のことを話させてもらうと、自分自身もいわゆる8050世代だが、父親は70歳で運転免許を返納した。

 若かりし頃はハコスカやハーレーを乗り回し、タクシーの運転手であったこともあったほどのクルマ&バイク好きだったが、最後はスクーターを乗り回すにも不安があったため、自分で免許を返納してくれたのだ。

 おかげで免許返納させるための苦労は味わっていないが、介護ドライバーを体験したり、過疎地でのモビリティサービスの実証実験を取材するなど、高齢者の移動困難という問題をどう解決すべきか、さまざまな角度から考える機会をもらっている。

 自分の親兄弟の運転操作が危ういと感じたら一方的に説得するのではなく、車両が持ち込める自動車教習所へ一緒に行って教官に運転を見てもらって判断してもらうなど、客観的に可否を下してもらい、それを本人にも認めてもらえば納得してもらいやすくなるだろう。

 いよいよ運転するのが危ないとなったら、クルマ以外の楽しみを一緒に探してあげることも大事なことだ。

 そのうえで、免許を返納するだけでなくクルマも遠ざけることだ。やはり高齢者の余生をどう楽しんでもらうかが、解決の糸口になるのではないだろうか。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ