【エブリイに軽バン初機能も!!】 付いてる? 付いてない? 働く車の自動ブレーキは遅れているのか

 スズキの軽バン、エブリイが仕様変更で大幅性能アップ!

 2019年6月17日に行われた仕様変更でエブリイの自動ブレーキが劇的な性能向上を果たした。これに加え、軽バンでは初となる超音波センサーを使った「後退時ブレーキサポート」を設定。バック時も自動ブレーキが作動するようになった。

 軽商用車といえば、乗用車と比べて自動ブレーキの搭載で出遅れているイメージが強いが、軽トラックや軽バンは走行距離が多く、高齢者のユーザーも多い。乗用車以上に自動ブレーキの必要性は高い。

 そこで、本稿では軽自動車だけでなく、登録車も含めて商用車の自動ブレーキ搭載状況を調査。果たして“働く車”には、どれくらいの車種に、どの程度の自動ブレーキが付いている?

文:永田恵一
写真:SUZUKI、編集部、TOYOTA


軽トラは未装着車も!! 軽商用車自動ブレーキの現状は?

2019年6月の改良で軽キャブバン初の後退時ブレーキサポートを装備したスズキ エブリイ

■軽ボンネットバン

 軽ボンネットバンはダイハツ ミライースのBグレード(4ナンバーではないが、軽ボンネットバンとしての使用を想定したグレード)とスズキ アルトバンが該当し、どちらも自動ブレーキが設定される。

 ミライースは性能自体は高くないものの、昼間なら歩行者も検知するステレオカメラを使う「SA III」、アルトバンが30km/hで作動を停止するうえに歩行者非対応のレーザーレーダーを使う「レーダーブレーキサポート」ということで、ミラシースの圧勝だ。

■軽1BOXバン

ホンダのN-VANとダイハツのハイゼットカーゴ。N-VANは乗用車がベースとあって、安全装備も乗用車並みだ

 ダイハツ ハイゼットカーゴ兄弟(トヨタ ピクシスバン、スバル サンバーバンがOEM)、スズキ エブリイ兄弟(日産 NV100クリッパー、マツダ スクラムバン、三菱 ミニキャブバンがOEM)、三菱 ミニキャブミーヴが該当する軽1BOXバンは、ミニキャブミーヴ以外自律自動ブレーキが設定される。

 このなかで高性能なのはエブリイ兄弟だ。エブリイの自律自動ブレーキは仕様変更で、夜間の歩行者にも対応するステレオカメラを使った「デュアルカメラブレーキサポート」に変更。

 商用車というジャンルを超えて日本で販売される車全体で見ても平均水準を大きく上回る性能を持つ。

■乗用車ベースの軽1BOXバン

 まだ新しいこのジャンルは、ホンダN-VANとダイハツハイゼットキャディが該当し、どちらも自律自動ブレーキは設定されている。

 性能は、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、夜間の歩行者の対応を含め日本でトップクラスの「ホンダセンシング」を使うN-VANの圧勝だ。

 なおN-VANのホンダセンシングには30km/hで作動する先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール、LKAS(レーンキープアシストシステム)という軽自動車とは思えない運転支援機能も含まれている。

■軽トラック

軽トラックで唯一、自動ブレーキを装備するダイハツのハイゼットトラック

 軽トラックで自動ブレーキが付くのは、ステレオカメラを使い、トラック用にチューニングされた「SA IIIt」を設定するダイハツ ハイゼットトラック兄弟(トヨタ ピクシストラック、スバル サンバートラックがOEM)のみ。

 スズキ キャリイ兄弟(日産NT100クリッパー、マツダスクラムトラック、三菱ミニキャブトラック)とホンダ アクティには設定すらない。

 ただ、スズキ キャリイ兄弟にはソナーを情報源に使った前後の誤発進抑制機能が設定されおり、エブリイに高性能な自律自動ブレーキが付いたのを期に、キャリイ兄弟にも早期にエブリイと同じ自律自動ブレーキの設定されるのを期待したい。

登録車の1BOXバンはハイエースの性能際立つ

2018年の改良でハイブリッド車も追加されたプロボックス。自動ブレーキは、単眼カメラ+レーザーセンサーの「トヨタセーフティセンス」を装備

■ライトバン

 このジャンルはトヨタ プロボックス&サクシード(マツダ ファミリアバンがOEM)、日産NV150ADそれぞれに自律自動ブレーキが設定され、性能はいい勝負と思われる。

■1BOXバン

働く車の雄、ハイエース。自動ブレーキは歩行者にも対応(昼間のみ)しており、予防安全でも高いレベルを誇る

 トヨタ タウンエース&ライトエース、日産NV200バネット&e-NV200、マツダ ボンゴが該当する小型1BOXバンでは、自動ブレーキが設定されるモデルは、残念ながら今のところない。

 一方、トヨタ ハイエース&レジアスエース、マツダ ボンゴブローニイバンの兄弟、日産NV350キャラバンが該当する中型1BOXバンは、該当全車に自動ブレーキが設定される。

 性能はハイエースが昼間なら歩行者も検知するミリ波レーダー+単眼カメラ、NV350キャラバンはミリ波レーダーのみで歩行者に対応しない。ハイエース兄弟の圧勝だ。

■ピックアップトラック

 ピックアップトラックに属するのはトヨタ ハイラックスのみだが、最新モデルのハイラックスの自律自動ブレーキはミリ波レーダーと単眼カメラを使用。

 夜間の歩行者と昼間の自転車にも対応する現行クラウンなどの最新のトヨタセーフティセンスと同等と思われるものに昇格。商用車ながら世界トップクラスの性能を備えている可能性もある。

 さらに、一部改良されたハイラックスの運転支援システムは、30km/h以上で作動するアダプティブクルーズコントロールに加え、ブレーキ制御で車線逸脱を防ぐヨーアシスト機能も加わっており、こうした部分からも最近のトヨタの前向きな姿勢がヒシヒシと感じられる。

自動ブレーキ未搭載の商用車は今後どうなる?

現在は自動ブレーキ未搭載のキャリイ。軽トラックは自動ブレーキの搭載が遅れているが、バンのエブリイが搭載したことで、追加搭載の可能性も高まってきた

 理由は大きくは2つにわけられると思う。

 1つ目は軽トラックのスズキ キャリイが該当する「登場が古くなく、販売も多い」というケース。これはエブリイが改良されたこともあり、何らかの自動ブレーキが設定されるのは時間の問題だろう。

 2つ目はキャリイ以外の「登場があまりに古く、販売も少ない」というケース。

 こちらは自動ブレーキを装着する基盤となる横滑り防止装置の設定すらない商用車もあり、こうした商用車に自動ブレーキを要求することは酷なのも事実。設定されないのがやむを得ないという事情もある。

◆  ◆  ◆

 商用車の自動ブレーキは、現時点でも予想以上に装着車が多いと言える。

 これでキャリイとそのOEM車に自動ブレーキが装着できるようになれば、商用車全体の安全性は大きく向上するのではないだろうか。

 商用車はかなり売れている車も少なくない。乗用車も含めた自動ブレーキの大量生産によるコストダウンを進めるためにも、今後も商用車の自動ブレーキの普及と性能向上が進むことを強く願いたい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ