【クルマよりカッコいい!? トラクター型録】5000万円のトラクターはスーパーカー以上か!?

 広大な農場で活躍するトラクター。だがもし、アナタがトラクターに対し「機能優先でカッコは二の次でしょ」などと思っているなら、考えを改めたほうがいい。

 今、日本で買えるトラクターの生産メーカーは10社を軽く超える。海外メーカーも多いが、そのデザインはいずれもどこか国民性が表われているようで、一様に超絶カッコいい!

 ココで紹介しているモデルはほんの一部に過ぎないが、どれもクルマよりカッコいいかもしれない!? と思えるトラクターばかり。

 さあ、世界の超絶カッコいいトラクターの世界に足を踏み入れてみよう!

トラクター解説/矢吹明紀
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年7月10日号


トラクター界のスーパースポーツ、ランボルギーニ!

ランボルギーニ(イタリア)/MACH VRT/3010万円(本体のみ。税別)

 ルーツはあのランボルギーニ。ただし現在はブランドを他社に売却済みでスーパーカーとは関係がない。

 最強機種のMACH VRTは246psのターボディーゼルを搭載している。ボディカラーは白にガンメタのホイールだ。

 インテリアも土臭いトラクターの面影はなく、まるでIT企業のオフィスのようだ。クリーンかつ快適な空間が広がっていることに驚くばかりだ。

ランボルギーニ製トラクターのコクピットだが、いかがだろう、まるで土臭さが感じられないオフィスのようなクリーンな環境といえないだろうか。右側コンソールにはすべての操作機器が集中され、これを使いこなす様は間違いなくカッコいい

コワモテ顔はトラクター界のメルセデスベンツ?

ドイツファール(ドイツ)/WARRIOR 9340TTV/4409万円(本体のみ。税別)

 ルーツはドイツとファールというドイツのメーカーだったが、現在はランボルギーニと同じ企業体のイタリアのメーカー。その風貌はどことなくメルセデスベンツ、もしくはメルセデスAMGか?

 写真は最強機種のWARRIOR 9340TTVは336psのターボディーゼル。ボディカラーは緑にガンメタのホイールだ。

ヤンマーはトラクター界のフェラーリ!

ヤンマー(日本)/YT5113A/1090万5000~1256万5000円(税別)
奥山清行氏がピニンファリーナ在籍時代にデザインしたエンツォフェラーリ。どことなくヤンマーのトラクターと共通するカッコよさがあると思いませんか?

 発動機を作っていた山岡内燃機をルーツにもつ、わが日本を代表する歴史あるメーカー。

 写真は最強機種のYT5113Aは、尿素SCR3Lを装着した3Lコモンレール式ディーゼルで113psを発生する。

 ピニンファリーナ在籍時代にエンツォフェラーリをデザインしたことで有名な奥山清行さんが手がけたトラクターだ。

 日本の作業環境にあったサイズにされており、写真のYT5113Aホイル仕様では、全長4285×全幅1850×全高2710mm。ボディカラーは赤にゴールドのホイールが特徴。まるでトラクター界のフェラーリだ。

コクピットもトラクターとは思えないほど洗練されている。 電子コードも内部に収めた広々としたスペースに、360度見回せるパノラマ視界が特徴。シートもオシャレだ

シェビートラックのようなアメリカンな雰囲気のマッセイ・ファーガソン

マッセイ・ファーガソン(アメリカ)/MF7700Sシリーズ/1664万~2910万円(税別)

 アメリカとイギリスのメーカーがルーツ。現在はグローバル企業体のAGCOに属している。その姿から朴訥で大陸的ないかにもアメリカらしい雰囲気が漂う。クルマでいえばシェビー(シボレー)トラックのようだ。

 日本に入っている最強モデルのMF7226は260hp。ボディカラーは伝統的に赤とガンメタのホイールとなっている。

高馬力トラクターで3分の1のシェアを誇るドイツ・フェント

フェント(ドイツ)/900バリオS4シリーズ/3770万~4040万円(税別)

 ドイツの歴史あるメーカーがルーツ。現在はA GCOグループの一員である。西ヨーロッパでは 200 馬力以上のトラクターの 3 分の 1 がフェントと言われており、大規模農家の高馬力トラクターレンジでは長きにわたってリーダーであり続けている。

 日本に入っている最強機種のF939バリオS4は390psの強力モデル。ボディカラーは伝統的に緑に赤のホイールだ。

オレンジで個性を主張するクボタのトラクター

クボタ(日本)/M7-171/2019万6000~2646万円(税込)

 発動機メーカーから耕運機を経て日本を代表する総合農機メーカーへと成長を遂げたクボタ。

 世界的に評価された最初の日本メーカーでもある。近年大型化が進み最強モデルのM7-171は170ps。ボディカラーは鮮やかなオレンジが特徴だ。

ブルーが鮮やかなイセキのトラクター


井関農機(日本)/T.Japan W TJW3シリーズ/1308万2040~1477万7640円(税込)

 日本国産トラクターの代表ブランドのひとつ。強力モデルはヨーロッパメーカーとの共同開発品だが、日本国内開発の最強機種TJW1233の最高出力は123ps。ボディカラーは青に白のホイールだ。

三菱とマヒンドラの国際協業によって生まれたトラクター界のランエボ!?

三菱マヒンドラ農機(日本)/GA551/381万5640~731万5920円(税込。GAシリーズ価格帯)

 歴史ある国産トラクターだが、近年は国際協業によってインドのマヒンドラとのダブルネームとなっている。

 しかし、グリル中央に三菱マークがあるフロントマスクはどこか、ランエボを感じさせる。

 GA551は日本の水田作業にもマッチした54psの中型機。ボディカラーは赤に白のホイールだ。

フィンランド、ヴァルトラはロボットのような個性的な風貌

ヴァルトラ(フィンランド)/Nシリーズ/1700万円~(参考価格)

 ルーツは歴史あるフィンランドのメーカー。現在はAGCOグループの一員。

 まるでダースベイダーのようなロボット的な風貌をもつNシリーズはミドルレンジで最高出力は165psだが、最強機種は300psを超える。ボディカラーは各種注文可能。

どことなくルノーを感じさせるドイツ・クラース

クラース(ドイツ)/AXION900シリーズ/4000万~5300万円(編集部調べ)

 ルーツはドイツ。コンバインで有名だったが近年になってルノーのトラクター部門を買収した。

 最強機種であるAXION960は440hpの強力モデル。ボディカラーは明るい緑に赤のホイールとなっている。どことなく、ルノーのボディカラー、センスに似ていませんか?

トラクターも作る自動車メーカー

1960年代のMB TRAC。有名なウニモグとは兄弟関係

 最後に、自動車メーカーとして知られている有名ブランドのなかにも、かつてトラクターを作っていた複数のメーカーを紹介していこう。

 まずはフォード。アメリカではフォード、イギリスではフォードソンというブランドでリリースしていた。

 そしてメルセデスベンツ。多目的4WDであるウニモグもトラクターの一種だ。

 さらにフィアット。ここは現在、フォードのトラクター部門とともに、ニューホランドというブランドの傘下に入っている。

 そして現在はクラースの母体となったルノー。ボルボもかつてはトラクターを製造していた。

 また、あのポルシェも系列部門のボルシェディーゼルが1960年代まではトラクターを作っていた。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ