ヤンマー、クボタ…トラクター型録!! 5000万円のトラクターはスーパーカー以上か!?


 広大な農場で活躍するトラクター。だがもし、アナタがトラクターに対し「機能優先でカッコは二の次でしょ」などと思っているなら、考えを改めたほうがいい。

 今、日本で買えるトラクターの生産メーカーは10社を軽く超える。海外メーカーも多いが、そのデザインはいずれもどこか国民性が表われているようで、一様に超絶カッコいい!

 ココで紹介しているモデルはほんの一部に過ぎないが、どれもクルマよりカッコいいかもしれない!? と思えるトラクターばかり。

 さあ、世界の超絶カッコいいトラクターの世界に足を踏み入れてみよう!

トラクター解説/矢吹明紀
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年7月10日号


トラクター界のスーパースポーツ、ランボルギーニ!

ランボルギーニ(イタリア)/MACH VRT/3010万円(本体のみ。税別)

 ルーツはあのランボルギーニ。ただし現在はブランドを他社に売却済みでスーパーカーとは関係がない。

 最強機種のMACH VRTは246psのターボディーゼルを搭載している。ボディカラーは白にガンメタのホイールだ。

 インテリアも土臭いトラクターの面影はなく、まるでIT企業のオフィスのようだ。クリーンかつ快適な空間が広がっていることに驚くばかりだ。

ランボルギーニ製トラクターのコクピットだが、いかがだろう、まるで土臭さが感じられないオフィスのようなクリーンな環境といえないだろうか。右側コンソールにはすべての操作機器が集中され、これを使いこなす様は間違いなくカッコいい

コワモテ顔はトラクター界のメルセデスベンツ?

ドイツファール(ドイツ)/WARRIOR 9340TTV/4409万円(本体のみ。税別)

 ルーツはドイツとファールというドイツのメーカーだったが、現在はランボルギーニと同じ企業体のイタリアのメーカー。その風貌はどことなくメルセデスベンツ、もしくはメルセデスAMGか?

 写真は最強機種のWARRIOR 9340TTVは336psのターボディーゼル。ボディカラーは緑にガンメタのホイールだ。

次ページは : ヤンマーはトラクター界のフェラーリ!