【こんな危ない「ご当地」ならいらないゾ!】 ローカル運転ルール大全


「松本走りはやめましょう」。5月13日、こう発言したのは長野県の菅谷昭・松本市長。“松本走り”とは、交差点で対向車が迫っているのに強引に右折する、というものだ。

“直進車が迫っている”状況なら、右折車の行為は危険極まりない。大津市の園児を巻き込んだ悲惨な事故も、直進車と右折車の接触が原因だ。

 調べてみると各地には松本走りのような「ローカル運転ルール」なるものが根づいているようだ。それもほとんどが松本走り同様の右折がらみのルール(習慣)。

 なぜ多いのだろうか? 自動評論家の国沢光宏氏はこう話す。

「道路事情が悪く整備されていないからです。地方部ではまだまだ右折レーンがない交差点が多い。そこでは信号がすぐ赤になるので右折できても一台ずつ。早く曲がりたくなるのが心理でしょう。だから、危険行為をなくすには道路構造の見直し(信号のタイミングなども含め)が急務。国には急ぎやってほしい」

 直進車/右折車がらみの事故はほぼ交差点で発生。交差点事故の割合は約54%にものぼる。交差点事故の怖さを認識しつつ、その元凶になりうる「ローカル運転ルール」を追ってみた。

※本稿は2019年6月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月10日号


■茨城ダッシュ(茨城県)

「運転マナー悪い県」(Jタウンネット調べ)第5位の茨城県。「茨城ダッシュ」とは前項までに頻繁に登場した、直進の対向車より先に“ダッシュ”で右折すること。納豆のごとく粘って待ちましょうよ!

水戸偕楽園。運転も美しく

■伊予の早曲がり(愛媛県)

「伊予の早曲がり」とは、交差点を右折する時、対向車が直進するより先に右折すること。危険というより違反。松山市の人へ聞いてみた。

 「最近インターネットやテレビからの情報で、“これは問題なんだ”と気づいた人がいるようです。ただいまだにやっている人、多いよ」。

 市内には『伊予の早曲がり禁止』という巨大看板も目立つ。

次ページは : ■大阪(関西)走り(大阪府)