アルファード、ジムニー、ノートe-POWERら…現代「成り上がりグルマ」 11選


 初代や先代モデルは冴えなかったけど、やがて注目度が上がって売れ始めていったクルマたちがいる。いい意味での「成り上がりグルマ」の称号を与えたいクルマたち。しかし、ではなぜ、彼らは成り上がったのか? 本誌編集部担当者が自動車ジャーナリスト清水草一氏にずばり本音を伺った。

(画像ギャラリー)初代・先代型から現行型まで!! “成り上がり”の軌跡を見よ!!

※本稿は2019年8月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


【No.01】 スズキ スイフト、初代を思えばこれぞベスト「成り上がりカー」!

「2代目モデルから欧州市場を切り崩す!」というスズキの割り切り、腹の決め具合でスイフトは成り上がった(写真は現行)

ベストカー 清水さん、スイフトは、典型的な成り上がりグルマじゃないでしょうか!
清水 だね。驚異の出世を果たしたよね。
ベストカー なにしろ初代は、軽の延長線上でしたから。
清水 ワゴンRプラスをベースに、Keiのボディパネルを使ってたんだもんね。軽じゃないなかで一番安いヤツくれ! みたいなクルマだったし、デザインもダサかった。それが今じゃ、コンパクトハッチで一番いいクルマみたいな地位に昇りつめてる!
ベストカー みなさん、高評価ですもの。なぜスイフトはこんなに成り上がったんでしょう?
清水 スズキって割り切ったクルマを作るじゃない。初代は『こんなもんでいいだろ』って割り切りだったのが、2代目からは『欧州市場を切り崩したる!』っていう、正反対の割り切りになったんじゃないかね? 腹を決めたというか。つまり、スズキが本気出すと凄いってこと!
ベストカー 本気度の塊ですか。

【No.02】 スズキ ジムニーシエラ これも成り上がり?

高い走破性能に加え、“オバフェン”が様になるスタイルがステキ

ベストカー シエラは清水さん推薦の成り上がりグルマですが。
清水 シエラの魂は変わってないんだけど、周囲が受ける印象はまるで変わった! だって現行ジムニーシエラは、メルセデスGクラスとタメ張るオーラがあるもん!
ベストカー 確かに……! 先代までは『わざわざシエラにしなくても』って感じがありましたよね。
清水 ムダな感じしたよね。でも現行シエラは違う。羨望の的だよ! 今ならGクラスより注目される。だってめちゃめちゃカッコいいんだもん! すばらしい成り上がりっぷりだよ!

次ページは : 【No.03】 顧客の要望実現の積み重ねにより、トヨタ RAV4は輝いた

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ