ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■ホンダ フィット ひと声13万円 押して19万円

【状況と交渉術】

 絶対的な人気の高さは維持しているが、現行モデル発売後3年半以上が経過し、前年を大幅に下回る売れゆき。6月28日にはマイナーチェンジし、商品力を大幅にアップさせるので、以降は月販1万台超えに回復の見込み。

 6月いっぱいは在庫一掃セール中だから、これをネタに強気に攻める。改良モデルの購入検討もちらつかせる。ヴィッツを筆頭にノート、デミオと対抗。扱うホンダ店は同じ地区に多数あるので、2店舗以上と同一車競合。

■ホンダ フリード ひと声10万円 押して21万円

【状況と交渉術】

 2016年9月にフルモデルチェンジし、商品力を大幅にアップしたことで、月販1万台以上と好調。今年の9月以降は2年目に入り、多少頭打ちになるが、高レベルは維持の見込み。3列と2列シートがあり3列の比率は80%。

 シエンタをはじめNV200バネット、ルーミー/タンク、ソリオと対抗を。最終的にはシエンタとの一騎打ちに持ち込み決着をつける。扱うホンダ店は同じ地区に複数ありどこでも買える。2店以上の大型店同士の競合も。

次ページは : ■ホンダ ヴェゼルハイブリッド ひと声15万円 押して22万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ