車のフロアマットはコインランドリーで洗っていいの?? まさかの「9割OK」と条件と注意点


 クルマの車内掃除はなかなかノウハウが共有されないもの。だけど綺麗にすると心機一転さっぱりすることも多いです。また花粉やハウスダストなどアレルギー持ちの人は定期的に車内を掃除すると症状が緩和することも。そんな車内掃除のひとつのカギがフロアマット。土足が基本だしこの季節は雪が降ったりすると汚れがちですが、ではどう洗うのが正解? 取材しました!!

文/加藤久美子
写真/加藤博人、AdobeStock(アイキャッチ写真は@Andrey Popov)

【画像ギャラリー】なぜ「マット洗浄機で洗う」が最適解でなくなったかというと…カーライフが豊かになったから??(6枚)画像ギャラリー

■なぜ「マット洗浄機」ではいまいち汚れが落ちない?

 皆さんはフロアマットをどうやって洗っていらっしゃるだろうか? 筆者の周囲のクルマ好きにリサーチしたところ…、

「掃除機かけて汚れを吸い取ってから自宅の洗濯機で洗う」
「そもそも洗濯機で洗う発想がない。掃除機かけたり埃をはたいたりして終わり」
「コイン洗車場でクルマを洗う時に一緒に水洗いしている」
「ガソリンスタンドのマット洗浄機でたまに洗ってもらう程度」

 という返事が返ってきた。

かつては高級車にしか装備されていなかった、毛足の長い絨毯タイプのフロアマット。いまや普通のクルマにも当然のように用意されている

 30人くらいに話を聞いたが、大きく分けると以下の3パターンとなった。

・手洗い(洗剤をかけてブラシで洗う)4割
・洗濯機(お風呂場などで予洗いしてからネットに入れて洗濯~脱水まで)1割
・マット洗浄機(給油のついでに洗ってもらうパターン。または、コイン洗車場に設置されている場合も)5割

 もちろん一番ラクなのは「マット洗浄機で洗う」という方法だ。しかし、実際使ったことがある人ならわかると思うが、この方法ではフロアマットがなかなかキレイにならない。洗浄機の入り口からマットを差し込むと自動でローラーが回転し吸い込まれていき、洗い終わると排出されて下に落ちる。ガソリンスタンドでは無料のところが多いが、コイン洗車場では100円でこの動作を4-5回繰り返せる。表面がちょっと濡れて出てくる感じなので、一見キレイになったように見えるが実際はフロアマットの毛の根本にたまった汚れは落ちてない模様。

 なぜフロアマット洗浄機ではしっかり洗えず汚れが落ちないのだろうか。マット洗浄機メーカーのパイオニア、50年以上マット洗浄機を作り続けているキソー株式会社(本社:静岡県富士市)に聞いてみた。

 なお同社は各種金型、専用機器等を製作し主に産業用洗浄機・掃除機、高圧・低圧ポンプ、さらに環境機器などを製造する老舗メーカーである。洗車に関わる製品としては、自動車用バキュームクリーナー、自動車用高圧スプレー洗浄機、そして自動車用マット洗浄機を製造している。

■マット洗浄機のほとんどはゴムマットを想定した設計

 キソー株式会社が作っているマット洗浄機は、ガソリンスタンドなどでよく見かけるいわゆるノーマルなマット洗浄機だ。マット洗浄機担当の方にまずはその仕組みから聞いてみた。

――マット洗浄機はどのような仕組みでマットを洗っていますか?

 モーターで駆動させて回転させている部分にマットを挿入すると、ローラーで送りを掛けながらブラシなどで汚れた面を洗浄していきます。そして簡単な脱水をして後ろの部分に排出されます。

――布製マット(絨毯マット)ではとくに、マット洗浄機ではあまり汚れが落ちない印象がありますが…

 そうですね。いわゆる「絨毯マット」と呼ばれる毛足が長いもの(5ミリ以上)は、汚れを落とすのは困難でしょう。毛足が短いものであればある程度は落ちるのですが…。毛足5ミリ以上の絨毯マットですと、毛の付け根の部分にたまった砂や土など、毛を倒しながら洗浄機のブラシで洗うのはほぼ不可能でしょう。そこまでブラシが届かないので…。

――洗浄機はそもそも、どんなマットを想定して設計されているのでしょうか?

 昔ながらのゴム製のマットですね。タクシーなどで使われていたような。マット洗浄機を作っているところはほぼ皆同じだと思います。初期に開発を行った時代ではゴム製マットが主流でしたので、基本は昔から大きく変わっていないでしょう。

――フロアマットの材質が変化してきたということですね?

 そうです。クルマの室内装備がだんだん良くなってきて、マットの材質もゴムから絨毯タイプが主流になってきました。またクルマの床もカーペットが貼られるようになってからは、そこに絨毯マットを置くのが一般的になりましたね。
中にはマット洗浄機側も毛足の長いマットに対応させるべく砂やほこりを落とすために、ブロワで風を送ったり、埃をたたき出したりするような機能を持たせたものもありますが…効果のほどはわかりません。

――マット洗浄機を高機能化させるのは大変なのですね

 はい。絨毯マットをキレイに洗う機能を付加すると、とても高価なものになってしまいます。また、しっかり洗浄するということは水をたくさん使うことになり、そうなると今度は「脱水」機能も強化しないといけません。水をたくさん含んだ絨毯マットはなかなか乾きません。ガソリンスタンドでさっと洗ってさっとクルマに敷いて運転して帰る…といった場合にも足元がびっしょりでは危険もあります。

 また、夏場はにおいも出てきます。湿度の高い季節では締め切った蒸し暑い車内では窓も曇って不快感も高まるでしょう。

次ページは : ■コインランドリーで洗うことは可能?