【新型ハスラーの画像公開!!】6年弱で累計約47万台売れた強さの秘密


 入場者数が130万人を超え大盛況となった東京モーターショーには、軽クロスオーバーとして大人気車となったスズキハスラーの次期モデルのコンセプトカーが出展された。

 スズキのWebサイトにはすでにティザーサイトが設けられており、次期ハスラーは現行モデルの時と同様に12月中に発表される見込みだ。

 現行モデルの正常進化となる次期ハスラーは楽しみだが、ひとつ注目したいのは現行ハスラーが登場から約6年が経ちながらも未だに堅調な販売台数をキープしている点である。 

 当記事では現行ハスラーの歩んだ軌跡を振り返りながら、現行ハスラーの販売が堅調な理由、強さの秘密を考察する。

文:永田恵一/写真:SUZUKI、平野学、池之平昌信、茂呂幸正

【画像ギャラリー】見逃し厳禁!! ティザーで公開された新型ハスラー!!


現行ハスラーのおさらい&販売状況の軌跡

 現行ハスラーは次期モデルと同じく2013年の東京モーターショーへの出展後、「スズキからのクリスマスプレゼント」とばかりにこの年の12月24日のクリスマスイブに発表された。

 現行ハスラーはワゴンRをベースとした乗用車派生で最低地上高を上げるなどとし、深い雪道や悪路にも対応できる軽クロスオーバーというものである。月間販売目標台数は5000台と、ニッチなジャンルの軽自動車として考えれば妥当に思えるところだった。

現行ハスラーは2013年の東京モーターショーに参考出品車として出展され、その年の12月に発表、2014年1月から販売を開始し、現在まで人気をキープ

 現行ハスラーは販売が本格的に始まった2014年1月から目標の5000台を超える好調なスタートを切った。さらにツートンのボディカラーに人気が集まったため当初は供給が滞り、長い納期となった。

 6月あたりからは増産体制が整い、販売台数も月1万台規模に急上昇した。最終的に2014年には軽乗用車では10位となる約10万4000台を販売し、ワゴンR、スペーシア、アルトに続くスズキの軽自動車の新たな柱に躍進した。

2015年から現在までの販売状況は以下のとおりだ。

【ハスラーの販売台数】
■2014年:10万4233台(軽自動車10位)
■2015年:9万5557台(軽乗用車9位)
■2016年:8万5762台(軽乗用車9位)
■2017年:7万2600台(軽乗用車10位)
■2018年:6万5291台(軽乗用車9位)
■2019年1~10月:4万8551台(軽乗用車9位)
■累計(2014年1月~2019年10月):47万1994台
■月販平均:6743台(デビュー時の月販目標:5000台)

 デビューから快進撃を続けたハスラーは、ワゴンRが2017年2月にフルモデルチェンジされるというモデル末期だったこともあり、現行ハスラーは2016年にワゴンRの販売台数を年間で約4500台上回った。

ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1665mm、ホイールベースは2425mm。現行ハスラーはウェストラインの高いデザインが特徴的

 登場時の月間販売目標台数である5000台に加え、9位もしくは10位という軽乗用車販売台数ランキングにおける順位を今年10月まで見事なくらいキープしている。なお現行ハスラーは約6年間で累計約47万台が販売されている。

 それでは本題となる現行ハスラーはなぜ今まで堅調に売れたのか? つまりハスラーの強さの秘密を検証するにあたり、その要因はいつ苦も考えられる。それらを個別に見ていく。

軽クロスオーバーというそれまでなかったコンセプトの新鮮さ

 5ドアで雪道などにも強い軽自動車というとダイハツのテリオスキッドとスズキのKei(Keiは1代限りで絶版となったが、Keiがハスラーを開発する大きなヒントになった部分があったという)くらいしかなかった。

 そこにハスラーのようないい意味で手軽なクルマが登場したのだから、注目されるのは当然だ。

本格的なオフロード走行をしたい人にとってはジムニーが魅力的だが、ライトにアウトドアを楽しみたい人にとってはハスラーのオシャレな感じは魅力的

 さらにハスラーは雪国で重宝するクルマなのに加え、デリバリーが始まった2014年あたりから首都圏でも年に何度か大雪が降るようになり(中央自動車の談合坂SAで動けなくなったクルマにヤマザキパンのトラックが積み荷のパンを配布した神対応があったのも2014年の2月だ)、現行ハスラーはそんな時期に登場したのも追い風となった。

次ページは : 楽しげで明るい雰囲気

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ