ホンダeなど各社ついにEVモデルを投入!! 2020年は小型EV元年になるか?

 2020年7月15日、ついに日産の新型EVクロスオーバーSUV「アリア」がワールドプレミアとなった。アリアコンセプトが初登場となった2019年10月末の東京モーターショーから早9か月。いよいよ日産の第2世代EV攻勢が始まる。

 もはやBEV(エンジンを搭載しないピュアEVのこと)は珍しいものではなく、世界を見渡してみても、日産リーフや三菱i-MiEV、テスラモデルS/モデルX/モデル3、ジャガーI-PACE、メルセデスEQC、ポルシェタイカン等、次々と登場している状況だ。

 中でも、2020年に入ってからは、コンパクトカーのEVが、国内外から続々と登場している。2021年までに登場する小型EVをまとめてみた。

文:吉川賢一/写真: HONDA、Mercedes-Benz、Volkswagen、Renault、Fiat、TESLA、TOYOTA、Jaguar、ベストカー編集部、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】VW、テスラ、ジャガー…「脱ガソリンしたい人」へおすすめEV車を写真でチェック!


日産「iMk」

 2019年10月の東京モーターショーに参考出品された、コンセプトモデル「iMk」。その市販型は、2020年12月に発表する予定だという。

軽自動車の規格に近いサイズで登場したコンセプトカーのニッサンIMk

 iMkコンセプトのボディサイズは、全長3434×全幅1512×全高1644mmと、軽ハイトワゴンのデイズのようなスタイルであった。アリアと共通する細かいスリットが入ったフロントグリルやテールランプなどは、日産の新世代EVの特徴とする考えなのかもしれない。

コンセプトカーとはいえ、リア周りのデザインの完成度は高く、市販化モデルにも落とし込みがなされるだろう

 筆者が考える「軽サイズEV」の成功ラインは、ずばり「航続距離200kmで、税込200万円」だ。この価格で販売できなければ、軽サイズEVの成功はないだろう。

ホンダ「ホンダe」

 iMkと同じく、東京モーターショー2019に登場した、コンパクトEV「ホンダe」。ホンダは2020年内の日本発売を公表しており、そう遠くないタイミングでお披露目となるだろう。

ホンダeはシンプルなデザインのコンパクトカーだ

 気になるその中身は、後輪駆動、かつ50対50の重量配分となっており、全幅は1752mmとワイドながら、全長3895mmと、フィットより短くコンパクトなボディサイズとなっている。

 ホンダの名車N360にも通じるテイストで、レトロな雰囲気をまとったエクステリアデザインも、実におしゃれ。インテリアも、メーターからナビモニター、デジタルサイドミラーまで、液晶モニターがずらっと並んだ、特徴的なデザインをしている。

リア周りもシンプルだが、丸目のテールランプなど、印象深い

 WLTCモードの航続距離は200km、価格は約400万円に近くなると予想されている。

メルセデスベンツ「EQA」

 EQAは2020年4月にフルモデルチェンジをした新型「GLA」のEV版にあたる。新型GLAのボディサイズは、4410×1834×1611mm(全長×全幅×全高)であり、RAV4(4600×1855×1685)よりも、ひと回りコンパクトで、日本でも扱いやすいサイズだ。

写真は2017年のフランクフルトモーターショーで初公開されたコンセプトEQA。2020年登場の市販型EQAのデザインも、まもなく公開されるだろう

 これまでメルセデスには、「EQC」という1080万円ほどするミディアムサイズの電動SUVはあったが、EQAはその下に位置するコンパクトSUVだ。EQAのバッテリー容量は60~110kWh、航続距離は400kmにもなる。

 価格は、GLAが502万円~のため、EQAのエントリーグレードは同程度になると予測している。2020年秋の発表が計画されていたが、コロナ禍の影響を受け、現時点の発表は未定となっている。

フォルクスワーゲンID.3

 2020年4月にフォルクスワーゲンが開催した、バーチャルモーターショーで発表したのが、新型EVの「ID.3」だ。欧州Cセグメントにあたるサイズで、2020年夏に発売となる予定。4261×1809×1552mm(全長×全幅×全高)と、ゴルフにほぼ近い。

DI.3はゴルフのサイズに近いコンパクトハッチだ

 電動化戦略を担うモジュラーエレクトリックツールキット(MEB)を活用し、ロングホイールベースと短いオーバーハングで、広い室内空間を実現していることが特長だ。バッテリー容量は、45kWhの「ピュア」、58kWhの「プロ」、77kWhの「プロS」の3種類のグレードとなる。

 航続距離は、WLTPモードにおいて、330~550kmとなる見込み。価格はベーシックな「ピュア」がドイツ本国で3万ユーロ(約365万円)以下に予定されている。フォルクスワーゲンからは、さらに、電動コンパクトSUV「ID. 4」も、投入される予定だ。

ルノー トゥインゴZ.E.

 ルノーも、コンパクトEVの「トゥインゴZ.E.」を、2020年3月に発表している。Z.E.とはゼロエミッションのこと。ベースとなるトゥインゴと同様に後輪駆動で、リアにモーターを搭載したコンパクトEVだ。

ルノーの小型車、トゥインゴのEV版がトゥインゴZ.E.だ

 サイズは3615×1646×1541mm(全長×全幅×全高)、ガソリンモデルとの違いはない。ホイールベースも2492mmと短く、非常にコンパクトだ。バッテリー容量は22kWh、航続距離はWLTP複合サイクルで180kmという。価格は22000ユーロ(約268万円)だ。

エクステリアデザインは、ベースのガソリンモデルと同じ

 なお、欧州Bセグメントに属するルノーのコンパクトEV「ゾエ」も、2019年にモデルチェンジを行い、欧州で販売開始となっている。バッテリー容量を従来型の41kWhから52kWhと大容量化し、航続距離は最大390km(WLTP計測モード)。価格は3万4600ポンド(約421万円)となる。

フィアット 500EV

 フィアット(FCA)も、2020年3月にFCA初のEV、オープンエア4シーターの新型「500」を世界初公開した。デザインは現行フィアット500に似ているが、ヘッドライトが上下に分割するタイプとなり、インテリアもフレッシュでクオリティも高くなっている。

フィアット500がフルモデルチェンジし、EVになって再登場した

 新型フィアット500のボディサイズは、3630×1685×1515mm(全長×全幅×全高)と、現行型よりも60mm広く、60mm長くなった。とはいえ、全長3630mmは十分にコンパクトだ。

 42kWhのバッテリーを搭載し、航続距離はWLTPサイクルで最大320km。価格はコンバーチブルモデルで3万7900ユーロ(約461万円)だ。

ほかにも続々と

 ボルボからも、XC40 P8「リチャージ」というフルEVが年内に登場予定であるほか、BMWからも近く、X3をベースにしたBEVの「iX3」が発売され、MINIからは、MINIハッチバックのEV版「ミニクーパーSE」が、2020年3月に欧州市場で発売開始となっている。

 これほどに2020年に新型EVデビューが続くのは、ご存じの通り、欧州での燃費対応のため。どのメーカーも高額な罰金の前に、みな必死なのだ。

【画像ギャラリー】VW、テスラ、ジャガー…「脱ガソリンしたい人」へおすすめEV車を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ