ホンダeなど各社ついにEVモデルを投入!! 2020年は小型EV元年になるか?


 2020年7月15日、ついに日産の新型EVクロスオーバーSUV「アリア」がワールドプレミアとなった。アリアコンセプトが初登場となった2019年10月末の東京モーターショーから早9か月。いよいよ日産の第2世代EV攻勢が始まる。

 もはやBEV(エンジンを搭載しないピュアEVのこと)は珍しいものではなく、世界を見渡してみても、日産リーフや三菱i-MiEV、テスラモデルS/モデルX/モデル3、ジャガーI-PACE、メルセデスEQC、ポルシェタイカン等、次々と登場している状況だ。

 中でも、2020年に入ってからは、コンパクトカーのEVが、国内外から続々と登場している。2021年までに登場する小型EVをまとめてみた。

文:吉川賢一/写真: HONDA、Mercedes-Benz、Volkswagen、Renault、Fiat、TESLA、TOYOTA、Jaguar、ベストカー編集部、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】VW、テスラ、ジャガー…「脱ガソリンしたい人」へおすすめEV車を写真でチェック!


日産「iMk」

 2019年10月の東京モーターショーに参考出品された、コンセプトモデル「iMk」。その市販型は、2020年12月に発表する予定だという。

軽自動車の規格に近いサイズで登場したコンセプトカーのニッサンIMk

 iMkコンセプトのボディサイズは、全長3434×全幅1512×全高1644mmと、軽ハイトワゴンのデイズのようなスタイルであった。アリアと共通する細かいスリットが入ったフロントグリルやテールランプなどは、日産の新世代EVの特徴とする考えなのかもしれない。

コンセプトカーとはいえ、リア周りのデザインの完成度は高く、市販化モデルにも落とし込みがなされるだろう

 筆者が考える「軽サイズEV」の成功ラインは、ずばり「航続距離200kmで、税込200万円」だ。この価格で販売できなければ、軽サイズEVの成功はないだろう。

ホンダ「ホンダe」

 iMkと同じく、東京モーターショー2019に登場した、コンパクトEV「ホンダe」。ホンダは2020年内の日本発売を公表しており、そう遠くないタイミングでお披露目となるだろう。

ホンダeはシンプルなデザインのコンパクトカーだ

 気になるその中身は、後輪駆動、かつ50対50の重量配分となっており、全幅は1752mmとワイドながら、全長3895mmと、フィットより短くコンパクトなボディサイズとなっている。

 ホンダの名車N360にも通じるテイストで、レトロな雰囲気をまとったエクステリアデザインも、実におしゃれ。インテリアも、メーターからナビモニター、デジタルサイドミラーまで、液晶モニターがずらっと並んだ、特徴的なデザインをしている。

リア周りもシンプルだが、丸目のテールランプなど、印象深い

 WLTCモードの航続距離は200km、価格は約400万円に近くなると予想されている。

次ページは : メルセデスベンツ「EQA」