日産 新型アリア&IMk 市販&国内導入確実!! 注目新EVの今わかっている情報すべて

 2020年5月28日、日産はオンライン上で2019年度決算/事業構造改革計画発表記者会見を開催。会見では内田誠社長兼CEO自らが、今後の“新生日産”のプランを発表した。

 今後18ヵ月の間に12の新型車を投入するとされた計画のなかでも、2023年度末までには、新たに電気自動車2車種とe-POWER搭載車両4車種を追加し、ラインナップを拡充する、と発表。

 なかでも「7月にはクロスオーバーEVの新型アリアを発表します」と内田社長がコメントしたことが大きな注目を集めた。

 そして、気になるのはアリアのほかに、発売予定とされた、もう1台の電気自動車の存在。そのもう1台のEVは、2019年の東京モーターショーで公開されたIMkである可能性が高い。

 そこで、この日産EVの2車種、アリアとIMkに関する、今わかっているすべての情報をお伝えしていこう。

文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部 ベストカーWeb編集部 日産

【画像ギャラリー】日産久々のEV、アリアとIMkを写真でチェック!


7月に発表すると明らかにされたアリア

2019年の東京モーターショーで公開されたアリアコンセプト。発表されたアリアコンセプトのボディサイズは全長4600×全幅1920(ドアミラーなし)×全高1630mm
2020年5月28日の決算発表会で提示された商品ラインナップ計画のなかで、EVは3車種あるが、一番左はリーフ、真ん中がリーフ、右がIMkであることがわかる(出典/日産自動車2020年3月期決算資料)

 日産の新型EVは、2020年3月期の決算発表会で示されたように、2020年は、2車種のEVの投入が予想されている。アリアとIMkである。

 アリアは、2020年7月中に発表、発売になると日産販売店筋に伝えられているが、詳細な内容はまだわかっていないという。

 しかし、2019年秋に開催した第46回東京モーターショーに参考出品した「アリアコンセプト」のプロトタイプとほぼ同じ内容で市販されると思われる。

 アリアは、日産インテリジェントモビリティの新しい象徴となるモデルといわれ、先進技術を搭載した前後にツインモーターを搭載した電動4WDシステムを採用しているのが最大のウリ。

 この新しい4WDシステムは、電動駆動4輪制御技術「e-4orce(イーフォース)」と名付けられ、現行型リーフと同じEM57型交流同期モーターを使っているという。

 e-4ORCEはGT-RのATTESA E-TS電子制御トルクスプリット四輪駆動システムおよび日産パトロールのインテリジェント4×4システムから得たノウハウをもとに開発されたという。

 詳しいスペックは非公開だが、最高出力は227kW(約304ps)、最大トルクは680Nmとだけ公表されている。

 ベースとなるリーフe+(62kWh)は、160kW/340Nmだから、新型アリアはリーフe+を67kW上回り、最大トルクは2倍となる。

 フロア下にバッテリーパックを敷き詰めた、最新の専用電動プラットフォームを採用。

 エクステリアは、発光する力強い形状のVモーショングリルや超極薄LEDヘッドライト、幅広いフロントフェンダー、特徴的なブレード型のリアコンビランプ、そして短いオーバーハングなど、日産の新しいデザインランゲージを採り入れた最初のクルマになるという。

ブレード型のリアコンビランプ、クーペのような流麗なルーフラインなど、リア回りのデザインも斬新

 室内のレイアウトはEVならではのフラットフロアで、ラウンジのようなインテリアなど、過去に捉われない新しさを強調している。

 タブレット端末のような縦長ディスプレイではなく、横長のディスプレイをあえて採用し、水平基調のインパネですっきりとシンプルにまとめている。

 バッテリーのスペックや航続距離は明らかになっていないが、フル充電からの航続距離はWLTCモードで480km程度、45分で80%強が充電できる見込み。

 スカイラインに採用された日産得意のプロパイロット2.0やスマホと車載ナビが連動したドアツードアナビゲーションなども装備される。

 アリアの価格は、330万~500万円というリーフに対して、450万~500万円程度の設定となる見込み。

横に大型ディスプレイを2つ並べたアリアコンセプトのコクピット。日常生活のなかで技術が精巧な日本の職人技と自然に融合した「シームレス」を表現

軽規格サイズのEV、IMk

2019年10月の東京モーターショーで公開されたIMkコンセプト。サイズは全長3434×全幅1512×全高1644mm。ちなみにルークスは全長3395×全幅1475×全高1780mm(デイズは全長、全幅同じ、全高は1640mm)

 そしてもう1台のEVは、2020年12月に発表、発売する予定のIMkである。こちらもコンセプトモデルが2019年10月の東京モーターショーに参考出品されており、その市販バージョンとなる。

 公開されたIMkコンセプトのボディサイズは全長3434×全幅1512×全高1644mmと、軽自動車のハイトワゴン的なスタイル。

 直線と曲面を融合させたシンプルなボディで、フロントマスクは大型VモーショングリルとV字メッキ&横長ヘッドランプの組み合わせ、リアはスポーティなルーフスポイラー、視認性のよい横長コンビランプでまとめている。

IMkコンセプトの全高は1644mmと、デイズの全高1640mmより4mm高い

 IMkに搭載されるパワートレインについては言及されていないが、運転支援技術である「プロパイロット2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載しており、高速道路だけでなく、主要幹線道路でも運転支援を受けられるようになっている。

 加えて、スマホを使ってクルマを自動的に駐車することができる「プロパイロットリモートパーキング」や、クルマがから降りると車両が自ら空きスペースに駐車し、必要な時にドライバーがスマートフォンで呼ぶとドライバーの元まで迎えにくる「ドライバーレスバレーパーキング機能」を搭載しているという。

 気になるIMkの価格は、現行三菱i-MiEV(303万3000円)並みの300万円程度に設定される可能性が高い。

証言:首都圏日産店営業担当者

フロントマスクのシールドは騎士の盾からヒントを得たという

 「年初の日産本社から届いた情報では、電気自動車については、今夏にミドルSUV「アリア」、年末に軽自動車サイズのスモールEVが発売になるとのことだったので、ほぼ予定通りに実施されるとみています。

 6月24日発売のキックスも含めて、待望の新車なので社内では盛り上がっています。

 アリアは、高額のクロスオーバーSUVの電気自動車という、これまでにないモデルなので、万全の準備をして臨みます。

 キックスとアリア、そして軽自動サイズのスモールEVを旗頭に巻き返しを図りたいと思っています」。

【画像ギャラリー】日産久々のEV、アリアとIMkを写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ