スカイライン伝説はここから始まった 徳大寺有恒が櫻井眞一郎に会った日

スカイライン伝説はここから始まった 徳大寺有恒が櫻井眞一郎に会った日

 今年60周年を迎えた日産スカイライン。その生みの親でもある櫻井眞一郎氏に、徳大寺有恒氏がインタビューをしている。1980年3月号の「ベストカーガイド」の「エポックメイキングCAR物語 スカイライン2000GT 20年の技術の系譜とマル秘物語」に描かれた徳さんの熱いメッセージの数々。伝説の開発者と、伝説のジャーナリスト。二人が織りなす対談の様子を味わっていただきたい。

文:徳大寺有恒/写真:ベストカー
「ベストカーガイド」1980年3月号  


■GC10で本物の"GT"を求めた櫻井眞一郎

昭和42年、プリンスは日産と合併しプリンスの名称は消えてゆく。そして、スカイラインは昭和43年フルモデルチェンジを受け、少し遅れてスカイライン2000GTもGC10型に変わる。S54Bはしゃにむにレースに勝つべく用意された、やや野蛮なクルマであったが、第2世代のGC10は櫻井氏の理想である"GT"に近い存在だったといえる。

フロントにストラット式サスペンションを配し、後輪はセミトレーリングアームによる独立式であった。このBMWによく似たレイアウトの"足"は以後、改良を加えられながら今日に至っているが、スカGのひとつのトレードマークになっている。

S54Bで高性能という印象をあまねく行き渡らせ、このGC10で都会的なGTカーとしての印象をマーケットに植え付けたスカGはこれ以後、販売は好調、しかも名車という定冠詞までいただくことになるのだ。昭和44年に"R"が登場する。この"R"でスカGは再びレースウェイに戻ってくる。ストレート6、ダブルオーバーヘッドカムシャフト、1気筒に4つ、合計24個のヴァルブ、3つのミクニソレックスキャブなど、純粋にレーシングエンジンを持つマシーンである。

昭和44年8月GC10は改良を受ける。さらに翌年ハードトップを加え、オートマチックトランスミッションをシリーズに加えてバリエーションの充実をはかった。"R"はハードトップに移行され、いっそう華々しさを加えた。ハードトップのKPGC10は国産でオーバーフェンダーを初めて装着したクルマでもあった。 私個人の意見ではS54Bによって生まれたスカGパワーはこのGC10で完成されたと思う。次のGC110型やGC210型はこのGC10の思想や技術とかけ離れたものではなく、言い換えれば、大きな進歩はなく、きわめて商業主義的なクルマとなっている。

R380と併走するPGC10。ハコスカGT-Rとして愛されたこのクルマは、上を走るプリンスR380のエッセンスを継承している。R380の心臓であるGR8をデチューンしたS20エンジンを搭載しており、レース直結の高性能"GT"として君臨した。言わずもがなGT-R伝説の始まりでもある

■「BMWをバラしてもなにもわかりゃしない(櫻井眞一郎)」

 今回の取材のために櫻井眞一郎氏に会って、ほんとうによかったと思うのは、日本にも「クルマの善し悪しは乗ってみてわかる」ということを真に理解している製作者がいることを知ったことだ。

櫻井氏は「BMWやベンツとかいうクルマを我々クルマ屋が買うと、それをバラしていろいろ調べる。しかし、こんな時代はもう終わったと思っているのです。バラしても何もわかりゃしないのです。そのクルマに乗ってみると、味というかなんというか、そのクルマの本質に触れられるんです」という。

私は心から同意した。

そして、「まったく同じフロアパネル、シャシーコンポーネンツを使っても、注意深いセッティングでまったく異なるクルマにすることができる。そのいい例がスカイラインとローレルで、この2車はボディを取れば同じもの。これも技術のひとつと思っているのです」といった。我々ユーザーは、いいクルマが欲しいが、同時にそれが安いことが望ましい。

そのためには部品の共通化はもはや常識であるが、ほとんど完成したGC210のサスペンションを自分で毎日乗りながら、ダメを出し、組み上がったサスペンションを130カ所も変更させたという製作者の執念がなければならないのだろう。「しつこいんです、私は」と櫻井氏は笑っていた。

一般に櫻井氏はロマンチストであると同時にきわめて論理を重んじるエンジニアといわれている。この説には異論がない。それにもうひとつ加えるとすれば、櫻井氏は人間に限りなく愛情と興味を持つことだ。この3つのファクターが櫻井氏のなかできわめてうまくバランスされ、それがスカイラインというクルマに具現化されているのだ。

スピードに対する回答も率直だ。「普通の自動車屋は、最高速130km/hのクルマより160km/hのクルマのほうが安全マージンが高い。だから日本で200km/hのクルマに乗ることは、100km/hの安全があると思っていいだろう(私もそう思う)。それとスピードに対する憧れは人間の本質的な本能によるものだろう。だからスピードの高いクルマを作ることはけっしてムダではないと思う」という。後半の部分が本当に大切な部分であることはいうまでもない。

また優れたエンジニアがほとんどそうである例にもれず、評価についても率直だ。「西ドイツ(当時)でスカGに乗り、けっしてスピードで圧倒的に負けるわけではないが直進性、ブレーキなどは劣り、BMWのようにピタッと前車につけないんですよ。やはりスピードリミットのない国のクルマはすごいなと思いました」という。

理想のクルマは? と聞くと「見てくれでないクルマ、本質的なよさ、味を持つクルマだと思うんです。うわべの豪華さなどはもう必要ない。運転して本来のよさがわかるクルマだと思うんです」。"大当たり"と声をかけたくなるではないか。(続く) 

当時のベストカーガイドの編集担当は「本物」を知る二人の対談が「時間がたつのを忘れさせるほど濃密なものだった」とふり返る