【祝新型発売!!】カローラの屋台骨を支え続けた「ワゴン」の歴史


 地味ながら常に堅調な販売成績を残しているカローラのセダンとステーションワゴンが2019年9月17日にフルモデルチェンジされた。日本車ではステーションワゴンが激減しているのでワゴンのツーリングは貴重なモデルでもある。

 本企画では日本の心のクルマ、カローラのフルモデルチェンジを機に、同時に発売されるワゴンのツーリングの歴代モデルについて振り返ってみたい。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、平野学、ベストカー編集部

強烈にカッコよくなったカローラツーリングの画像はこちら


カローラはワゴンモデルが人気

新型カローラ&カローラツーリングについてもっと詳しく知るならこちら

 今までの5ナンバーサイズのモデルもしばらく継続販売されるが、フルモデルチェンジされたモデルは2018年登場した5ドアハッチバックのカローラスポーツと同様に日本以外で販売されるカローラファミリーと同様についに3ナンバーボディとなった。

2018年にデビューしたカローラスポーツのフロントマスクを踏襲するカローラツーリング。3ナンバーサイズになったが、全幅は1745mmに抑えている

 しかしカローラは日本に根付いたモデルということもあり、単にカローラと呼ばれるセダン、ツーリングと呼ばれるステーションワゴンともに日本の道路事情に配慮した日本専用のナローボディとなっているのは、ミドルクラスでも全幅が大きいクルマばかりとなっているのを考えると嬉しいところである。

 機能面も現行プリウスで登場した新世代のTNGA-Cプラットホームを使い、パワートレーンも1.8Lハイブリッド、1.8L、NA、MTと組み合わされる1.2Lターボと目新しいものはない。

1.2Lターボは116ps/18.9kgmをマークする1.2Lターボもラインナップし、トランスミッションは6MTのみ。どれだけ売れるかが楽しみ

 しかしカローラスポーツの完成度が高いだけに、日本向けのチューニングとなった新しい両車も大いに期待できそうだ。

 カローラは2000年登場のフィールダーから幅広い層に受け入れられるモデルとしてステーションワゴンが占める割合が大きくなっており、当記事ではフルモデルチェンジを機に実は40年近い歴史を持つカローラのステーションワゴンの歴史を振り返る。

ステーションワゴン受難と言われながらもフィールダーは大健闘しているのがわかる

初代モデル

販売期間: 1982~1987年

カローラワゴンの初代モデル。エクステリアはバンと共用する実用重視したモデル。この当時の日本にステーションワゴンの選択肢はかなり少なかった

 カローラファミリーには初代モデルから輸出仕様にはステーションワゴンがあったが、日本仕様は長年商用のバンのみだった。

 ステーションワゴンが登場したのは2ドアクーペ&3ドアファストバックのレビン/トレノ以外が最後のFRとなった、カローラが4代目モデルだった時代のモデルサイクル終盤のことである。

 初代カローラワゴンはバンをそのままステーションワゴンにしたという成り立ちで、当初は1.3Lガソリンのみの設定だったが、マイナーチェンジで1.8Lディーゼルが追加されたほか、ルーフが45mm高いミドルルーフになるなどの改良が行われた。

 なお販売期間を見るとわかるとおり、初代カローラワゴンはカローラファミリーが1983年にフルモデルチェンジされても、次の1987年のフルモデルチェンジまで継続販売された。

カローラワゴンの初代モデルが1982年にデビューしたがそれ以前はバンのみをラインナップ。写真は3代目カローラベースのカローラバン

次ページは : 2代目モデル