【祝新型発売!!】カローラの屋台骨を支え続けた「ワゴン」の歴史

 地味ながら常に堅調な販売成績を残しているカローラのセダンとステーションワゴンが2019年9月17日にフルモデルチェンジされた。日本車ではステーションワゴンが激減しているのでワゴンのツーリングは貴重なモデルでもある。

 本企画では日本の心のクルマ、カローラのフルモデルチェンジを機に、同時に発売されるワゴンのツーリングの歴代モデルについて振り返ってみたい。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、平野学、ベストカー編集部

強烈にカッコよくなったカローラツーリングの画像はこちら


カローラはワゴンモデルが人気

新型カローラ&カローラツーリングについてもっと詳しく知るならこちら

 今までの5ナンバーサイズのモデルもしばらく継続販売されるが、フルモデルチェンジされたモデルは2018年登場した5ドアハッチバックのカローラスポーツと同様に日本以外で販売されるカローラファミリーと同様についに3ナンバーボディとなった。

2018年にデビューしたカローラスポーツのフロントマスクを踏襲するカローラツーリング。3ナンバーサイズになったが、全幅は1745mmに抑えている

 しかしカローラは日本に根付いたモデルということもあり、単にカローラと呼ばれるセダン、ツーリングと呼ばれるステーションワゴンともに日本の道路事情に配慮した日本専用のナローボディとなっているのは、ミドルクラスでも全幅が大きいクルマばかりとなっているのを考えると嬉しいところである。

 機能面も現行プリウスで登場した新世代のTNGA-Cプラットホームを使い、パワートレーンも1.8Lハイブリッド、1.8L、NA、MTと組み合わされる1.2Lターボと目新しいものはない。

1.2Lターボは116ps/18.9kgmをマークする1.2Lターボもラインナップし、トランスミッションは6MTのみ。どれだけ売れるかが楽しみ

 しかしカローラスポーツの完成度が高いだけに、日本向けのチューニングとなった新しい両車も大いに期待できそうだ。

 カローラは2000年登場のフィールダーから幅広い層に受け入れられるモデルとしてステーションワゴンが占める割合が大きくなっており、当記事ではフルモデルチェンジを機に実は40年近い歴史を持つカローラのステーションワゴンの歴史を振り返る。

ステーションワゴン受難と言われながらもフィールダーは大健闘しているのがわかる

初代モデル

販売期間: 1982~1987年

カローラワゴンの初代モデル。エクステリアはバンと共用する実用重視したモデル。この当時の日本にステーションワゴンの選択肢はかなり少なかった

 カローラファミリーには初代モデルから輸出仕様にはステーションワゴンがあったが、日本仕様は長年商用のバンのみだった。

 ステーションワゴンが登場したのは2ドアクーペ&3ドアファストバックのレビン/トレノ以外が最後のFRとなった、カローラが4代目モデルだった時代のモデルサイクル終盤のことである。

 初代カローラワゴンはバンをそのままステーションワゴンにしたという成り立ちで、当初は1.3Lガソリンのみの設定だったが、マイナーチェンジで1.8Lディーゼルが追加されたほか、ルーフが45mm高いミドルルーフになるなどの改良が行われた。

 なお販売期間を見るとわかるとおり、初代カローラワゴンはカローラファミリーが1983年にフルモデルチェンジされても、次の1987年のフルモデルチェンジまで継続販売された。

カローラワゴンの初代モデルが1982年にデビューしたがそれ以前はバンのみをラインナップ。写真は3代目カローラベースのカローラバン

2代目モデル

販売期間: 1987~1991年

2代目カローラワゴンはスッキリしたデザインが好評だったが、実用性を重視するというコンセプトは変わらず存在自体は地味だった

 カローラファミリーが6代目モデルになってから若干遅れて加わったカローラワゴンの2代目モデルも、ベースこそカローラファミリーに準じFFとなったものの、カローラバンをそのままステーションワゴンにしたという成り立ちはさほど変わらなかった。

 エンジンも型式の違う2つの1.5Lガソリン、1.8Lディーゼルという実用的なものだけだった。

3代目モデル

販売期間: 1991~2002年

空力を意識した丸みを帯びたラウンドデザインを採用した3代目カローラワゴン。まずまずの人気を誇ったが基本設計の古さは隠せず

 2代目カローラワゴンは20世紀のカローラワゴンとしては珍しくカローラファミリー一世代分の期間しか販売されず、カローラファミリーが7代目となった1991年に例によってカローラファミリーのフルモデルチェンジから若干遅れて3代目モデルが登場。

 3代目モデルもカローラファミリーに準じたフルモデルチェンジというか、バンを乗用車化したモデルで、当初はオマケ的な存在だった。

 この状況が一転したのは3代目カローラワゴンのモデルサイクル中盤の1995年あたりからだった。

 カローラファミリー自体は1995年に8代目モデルにフルモデルチェンジされ、7代目カローラと8代目カローラはプラットホームなど基本的な部分はキャリーオーバーのフルモデルチェンジだったため、ステーションワゴンはフルモデルチェンジされず継続販売された。

1997年のマイチェンで突如カロゴンブーム到来。写真のようにビレットグリルを装着したり、スムージングにいそしむ人などドレスアップも盛んだった

 この頃世の中はミニバン、SUV、ステーションワゴンが人気のRVブームとなっておりカローラワゴンも、安価だったため販売が伸び始め、いつの間にか「カロゴン」と呼ばれるようになっていた。

 そのため1.6Lのスポーツエンジンの搭載や安全性の強化といった改良も行われ、商品力をキープした。

 なお3代目カローラワゴンは、乗用ステーションワゴンは2000年に後述するフィールダーになりモデルチェンジされるのだが、バンや乗用5ナンバーながらバン的に使えるビジネスワゴンという微妙なモデルは2002年に商用バンに特化したプロボックス&サクシードが登場するまで継続販売されるという長寿車となった。

4代目モデル(初代フィールダー)

販売期間: 2000~2006年

 セダンと同時にフルモデルチェンジされたこのモデルからステーションワゴンにはフィールダーのサブネームが付いた。

 プラットホームも一新され、全長と全幅の拡大もあり見た目が立派になっただけでなく室内空間も広くなった。

セダンは上級シフトしたことで年配向けのイメージが定着。質感は高かったが、購入する年齢層が大きく上がり、存在も地味になってしまった

 この頃からセダンに対し年配向けというイメージが付き始めたこともあり、「必要性はともかくとしてもフィールダーのほうがカッコいい」、という消費者心理が強くなり、カローラファミリーの大きな柱に成長した。

 パワートレーンはベーシックな1.5Lガソリンを主力に、余裕ある1.8Lガソリン、6速MTもある1.8Lのスポーツエンジンなどがラインナップされた。全体的に面白みこそ薄いが、堅実で燃費もいいカローラらしいステーションワゴンだった。

カロゴンから引き継いだ初代フィールダーは、ステーションワゴン=アクティブなイメージもあり若い世代からも支持された

5代目モデル(2代目フィールダー)

販売期間: 2006~2012年

 2代目フィールダーもセダンと同様にプラットホームはキャリーオーバーする形でフルモデルチェンジされた。機能的には1.8Lガソリンが現行カローラツーリングにも搭載される当時としては新世代のものになり、4速ATがCVTに変更された点が目立つ。

 またフィールダーがカローラの中で勢力を強めてきたこともあり、このモデルはフィールダーのほうから開発された。

初代フィールダーよりもエクステリアデザインがよりスポーティに仕上げられた2代目。TRDが手掛けたターボモデルはきびきびとした走りが魅力だった

 初代フィールダーにあったスポーツモデルは2010年に登場のTRDのコンプリートカーとなる1.5Lエンジンにターボを加えたGT TRDターボが引き継いだ。

 2代目フィールダーも初代フィールダーと同じく堅実なステーションワゴンだった。

6代目モデル(3代目フィールダー)

販売期間:2012~2019年

 3代目フィールダーは日本専用の5ナンバーサイズをキープすべく、コンパクトカーのヴィッツ系のプラットホームを使うという大きな変革を受けた。

 パワートレーンは登場当初は2代目モデルとそう変わらなかったが、2013年に1.5Lハイブリッドが加わり、2015年のマイナーチェンジで1.5Lガソリンが長年使われたNZ型から新世代のNRに移行するという変更を受けた。

 3代目フィールダーはヴィッツ系のプラットホームになったことなどにより、悪い意味での軽さや安っぽさが否めないのは事実だった。

 しかしカローラフィールダーのユーザー層にはあまり関係なかったのに加え、この時代になると5ナンバーどころかステーションワゴン自体の選択肢が減ったこともあり、堅調な販売をキープした。

2012年にデビューした3代目フィールダーの前期型のフロントマスク。セダン/フィールダーともコストダウンが目立ち安っぽすぎるとかなり酷評された
2015年のマイチェンでシャープなフロントマスクが与えられた中期型。中古車マーケットでも人気は高く、クルマにとって顔がいかに大事か痛感させられる結果になった
2017年の3度目のマイチェンで登場したのが後期型。中期型とイメージは変わらないが、グリルの色などを変更してリフレッシュされた

まとめ

 TNGAプラットホームの採用やそれに伴う3ナンバー化により現行カローラは50年以上に渡るカローラの歴史において大きな節目となるモデルである。

 デザインも大きく変わった。それだけにツーリングを含めたカローラが今後日本でどう受け入れられるか、大いに注目したいところだ。

強烈にカッコよくなったカローラツーリングの画像はこちら

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ