日産リーフAUTECH鮮やかブルーで発売開始!!

 現行になって販売が好調に推移している日産リーフ。日産はその手綱を緩めず、魅力的なモデルを追加してきた。

 そのモデルとは、熱狂的なファンを抱え、独特のセンスでクルマ作りを行ってきたAUTECHの最新モデルで、5月23日から販売開始。

 いったいどんなクルマに仕上げられているのか? 発売を開始したばかりのリーフAUTECHの魅力に迫る!

文:ベストカーWeb編集部/写真:NISSAN


シック&エレガントがたたずまいが魅力的

 量産電気自動車として世界で最大の販売実績を残している日産リーフ。現行モデルがデビューしたのは2017年9月で、押しも押されぬ電気自動車のナンバーワンブランドに君臨している。

 2018年7月に日産のスポーツモデルであるNISMOを追加、そして2019年1月には62kWhのバッテリー(ノーマルモデルは40 kWh)を搭載し航続距離を大幅に伸ばしたリーフe+の販売を開始するなど魅力的なモデルを続々投入。

メタル調フィニッシュの専用パーツをワンポイントで使うことで、フロントマスク、リアビューを精悍なイメージにすると同時にプレミアム感が強調されている

 そのリーフに新たな価値観、魅力を付加した『リーフAUTECH』を5月13日から販売を開始した。日産車のAUTECHブランドでの展開はセレナ、ノート、エクストレイルに次いで4車種目となる。

 AUTECHモデルに共通するのは、これまでさまざまな特装車、カスタムカーなどを手がけてきたオーテックジャパンのクラフトマンシップが脈々と流れている点だ。

 これはリーフAUTECHにも継承されていて、スポーティでありながら高級感、プレミアム感の漂うデザインと、インテリア素材など細部にこだわりを持って作り上げられている。

 エクステリアではフロントバンパー下部、サイドシルフィニッシャー、リアバンパーフィニッシャーにメタル調フィニッシュの専用パーツを使うことでプレミアム感を演出し、ノーマルのリーフと大きく差別化している。

 またフロントバンパーには専用ブルーに輝くシグネチャーLEDとその周囲にAUTECHブランドのアイコンでもあるドットパターンのフィニッシャーを採用することでひとめでAUTECHモデルとわかる仕上げを見せている。

 エクステリアで大きな影響を与えるタイヤ&ホイールは215/50R17+AUTECH専用17インチアルミホイールが標準装備となる。

 インテリアに目を移すと、美しい光沢感を持つクリスタルスエードとブルーレザレットのコンビシートを採用。ブルーのステッチがオシャレで、シートバックにはブルーのAUTECHロゴが入る。

クリスタルスエードとブルーレザレットのコンビシートは巧みにブルーを配色したセンスが光る。ドアトリムの配色もシートと同じで統一感がある

 ドアトリムの配色もシートと同じで、ブラックを基調にオーテックジャパンのアイコニックカラーであるブルーをあしらったシック&エレガントなインテリアはノーマルにはない魅力を追加している。

 鮮やかな木目の高級材の紫檀(しだん)の柄を施した専用ダークウッド調インストパネルも高級感を演出するアイテムだ。

写真ではわかりにくいが、インパネは高級材の紫檀(しだん)の木目柄を施した専用ダークウッド調を採用し、さりげなくブルーに光るパールをあしらっている

 ボディカラーはイメージカラーのオーロラフレアブルーパールをはじめ全6色がラインアップされている。

 リーフAUTECHはノーマルリーフ、e+ともに設定され、AUTECHが393万1200円、e+ AUTECHが443万2320円となる。 これはX、e+ Xに対し27万円アップというから買い得感は高い。

リーフAUTECH価格
AUTECH:393万1200円
e+ AUTECH:443万2320円

リーフAUTECHには魅力的な専用パーツが用意されている。シック&エレガントに仕上げられた内外装はノーマルリーフにはない魅力がある

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ