【フェアレディZの再起が決まった!!】2021年ついにその姿を現わす!?

 伝統ある日本車のビッグネーム、フェアレディZ。初代S30Zが登場してから2019年で50年を迎える。

 現行Z34型はスペシャルティスポーティカーということもあり、比較的1モデルのライフが長いのだが、現行Z34型が登場したのは2008年12月1日のことなので、すでに11年が経過している。それにしても11年というのは長い。歴代モデルのなかでも最長だ。 

 いったい、Zはいつフルモデルチェンジするのか、と首を長くして待ち望む人も多いはずだ。

 そんな折り、2019年秋のニュルブルクリンクサーキットで、Z34型フェアレディZの覆面テスト車が走行するシーンが捉えられた。

 これまで、ベストカースクープ班はこれまで次期フェアレディZがどうなるのか追って来たが、ここに来て新たなスクープ情報を入手した。

 Z34型フェアレディZの覆面テスト車が意味するものは? 次期フェアレディZはいつ出るのか? 今わかっている次期フェアレディZのすべてをお伝えしよう。

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
CGイラスト/ベストカー編集部
初出/2019年12月26日号

【画像ギャラリー】生誕50周年を迎えた歴代フェアレディZの雄姿 何代目が一番売れたのか?


現行Z34型は登場してから11年、次期Zはどうなる?

2008年12月1日に発売された現行Z34型フェアレディZ。ボディサイズは全長4260×全幅1845×全高1315mm。 搭載されているエンジンはVQ37VHR型3.7L、V6DOHCで336ps/37.2kgmを発生する

 現行Z34型は2008年12月1日に発売されたので2019年12月1日で11年を迎えた。途中、NISMOモデルの追加などのバリエーション展開はあるものの、エンジンの変更などを伴う大がかりなマイナーチェンジは実施されないままである。

 途中2009年10月に追加されたオープンモデルのロードスターは、2014年5月をもって国内での販売を終了し、現在はクーペのみとなっている。

 次期型の開発の情報は常にある。一時期は開発を凍結したという情報もあったが、現在の最新情報では、次期型Zは2025年頃の市場投入を目指して開発が進められているという。

 電動化へと大きく舵を切ることが必須の世界的情勢のなか、「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」を合い言葉に、日産は電動化への対応を急速に進めている。

 東京モーターショーでワールドプレミアされた「アリアコンセプト」は専用プラットフォームを新開発し、前後2モーターのピュアEVだ。

 海外のモーターショーでもハイパワーe-POWERコンセプトモデルを発表している。次期型Zはいずれにせよ電動化の流れに乗ることは間違いない。

2019年5月24日から予約注文が開始され、2020年3月末までの期間限定モデルとして同年7月から発売となった、フェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデル「フェアレディZ 50thアニバーサリー 」

2021年にZ34型がビッグマイナーチェンジ!

2021年にビッグマイチェンを実施する計画で開発が進むフェアレディZ。大胆なフロントマスク変更もありそうだ (ベストカー編集部作成の予想CG)

 そのいっぽうで日産に近い情報筋からもたらされた情報が、Z34型が2021年にビッグマイナーチェンジを実施する、というもの。

 2018年から開発はスタートしているということで、スカイラインに搭載された3L、V6ツインターボエンジンを搭載するという。同時に内外装にも大幅に手を入れられて、ガラリとイメージチェンジするというのだ。

 ニュルブルクリンクでテストするZ34型は、このビッグマイチェンモデルと見るのが正解だろう。

 Zのプラットフォームは基本的にはV37スカイラインとの共通性が多く、VR30DDTTを搭載するのに無理はない。

 304ps仕様とスカイライン400Rの405ps仕様の2タイプが用意されることになるだろう。スカイラインでは7速ATのみの組み合わせだが、Zには6速MTとの組み合わせも期待したい。

 マイチェンに向けた開発期間は3年と長いので、シャシーチューニングなどフルモデルチェンジに近い内容だ。

これまで大きく手を入れられてこなかったエクステリアにも手が入るという情報。現行型Z34型は2008年12月のデビューから11年が経過しており、今回情報を掴んだビッグチェンジは大いに期待したい(ベストカー編集部作成の予想CG)

次期フェアレディZは2025年のデビューに向けて開発中!

次期型へのフルモデルチェンジは早くても2025年以降となりそう。パワートレーンは純エンジン車とピュアEVかe-POWERか!? いずれにしてもモーター駆動がメインとなるだろう(ベストカー編集部作成の予想CG)

 さて、気になる次期Zはどうなっているのか? すでにベストカーでは2017年12月から次期Zの開発がスタートしている、という情報を入手している。トヨタがBMWと共同でスープラを開発し、市販化した動きに負けていられないということなのだろう。

 最新の情報では、引き続き開発が進められて入り、エクステリアデザインに関しては、まだ確定的な情報は入っていないという。

 ただ、Z33やZ34の流れの延長線上にあり、最近の日産デザインのトレンド、直線基調のエッジが効いたシャープなデザインを採り入れているとのこと。

全長はスープラよりも140mm長く、全幅は30mm広いという。スープラと大きくは変わらない(ベストカー編集部作成の予想CG)

 プラットフォームはスカイラインクーペことインフィニティQ60から流用されるという。

 ホイールベースは現行300mm程度短縮された2550mm程度で、全長は4520mm、全幅は1890mmになるもよう。ちなみに全長はスープラ(4380mm)よりも140mm長く、全幅はスープラ(1860mm)に比べ30mm広い。

 搭載されるパワートレインは、純エンジン車ではQ60と同様のいわき工場で作られる3L、V6ツインターボで、ハイパワーバージョンとスタンダードバージョンを用意。パワースペックは405ps/48.4kgmと305ps/40.4kgmの2種類という。

 このVR30エンジンは久々の日産オリジナルの新開発ターボユニットで、新型のタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターなどを採用し、レスポンス、燃費性能を向上させているもの。

 現在、これ以外にQX50に搭載されている世界初の可変圧縮比エンジン、VCターボやe-POWER、ピュアEVが検討されている。

 トランスミッションは7速ATと6速MTで、サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがマルチリンク。FRのみの設定で5つの走行モードを切り替えられる電子制御サスペンションや電気信号でタイヤを動かすダイレクトアダプティブステアリングなどが採用される。

 三菱を傘下に入ったことでランエボとの共同開発……という噂も流れたが、どうやらそれはないらしい。

 情報を聞いた日産関係者から「史上最強、史上最速のZを目指して着々とプロジェクトを進めています」と力強いコメントをいただいた。期待して待っていよう!

次期フェアレディZとプラットフォームを共用するインフィニティQ60に加わったブラックSシリーズ

【画像ギャラリー】生誕50周年を迎えた歴代フェアレディZの雄姿 何代目が一番売れたのか?

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ