【新型フィット5種の仕様で王座奪還なるか?】ホンダ本命の武器と最適解


 直近で登場する新型車の中で、特に注目度の高い車種がホンダフィットだ。

 東京モーターショー2019でプロトタイプが世界初公開された。SUVタイプが新設されるという情報はあったが、全部で5タイプが設定される。

 新型の発売は2020年2月だが、すでに概要が公表されている。ホンダのホームページでもティーザーを展開中だ。

 そこで新型フィットの買い方を考えてみたい。価格が発表されていないため、どのモデルが買い得かは厳密な結論は出せないが、どのキャラクターが魅力的なのかについて考察していく。

文:渡辺陽一郎/写真:HONDA、TOYOTA、NISSAN、MAZDA

【画像ギャラリー】新型の4代目は激変!? 写真で見る歴代フィット


5タイプを用意するのはホンダ初

新型フィットには5タイプが用意され、それが同時にデビューする。ライフスタイルや好みに合わせて選ぶことで後悔しない買い物ができる

 まずフィットのバリエーションは、基本グレードとなる「ベーシック」、装備を充実させて内装の質も相応に高めた中心モデルの「ホーム」、内外装をさらに上質に仕上げたプレミアム感覚の「リュクス」、SUV風の「クロスター」、内外装をスポーティにアレンジした「ネス」となっている。

 5つのシリーズを用意した理由を開発者に尋ねると、「幅広いお客様に対応しながら、メーカーオプションの組み合わせを抑えることも考えた」という。

 グレードと併せてメーカーオプションも豊富に用意すると、組み合わせのパターンが膨大に増えて受発注も複雑になってしまう。そこで5つのシリーズを設け、オプションを減らすことを考えた。

新型フィットは1.5LのNAエンジンは消滅し、1.3Lのガソリンエンジンと1.5L+モーターのハイブリッドが設定される。性能は現行を大きく凌駕している

 そしてエンジンは直列4気筒1.3Lと、1.5Lのハイブリッドだ。以前は1.5Lのノーマルエンジンも用意したが、新型には設定されていない。

 駆動方式は、前輪駆動の2WDと4WDをノーマルエンジンとハイブリッドの両方で選択できる。すべてのグレードに、この組み合わせを用意した。

 ハイブリッドは長距離を移動するなど走行距離の伸びるユーザーに適するが、新型フィットのハイブリッドは、エンジンは主に発電機を作動させて駆動はモーターが行う。エンジンが直接駆動するのは、その方が効率の優れた高速巡航時のみだ。

 モーターは加速が滑らかで、瞬発力も高い。最大トルクは250Nmを確保して余裕があるから、走りの質を高める目的でハイブリッドを選んでもいいだろう。

新型フィットではe:HEVと呼ばれるハイブリッドがかなり魅力的。燃費性能もさることながら、動力性能、走りの質感とも高い

ベーシックで充分!?

 次はグレード選びを考えたい。

 まず「ベーシック」は、最も価格の安いタイプだ。

 それでも衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)を作動させて、運転支援機能も兼ね備えるホンダセンシング、サイド&カーテンエアバッグ、フルLEDヘッドライト、エアコンのフルオート機能などが標準装着されている。

ベーシックの名前のとおり最も安いグレードとなるが、安全装備のホンダセンシングをはじめ、標準装備が充実しているので買い得感は高いはず

 従来のフィットに当てはめると13G・Lホンダセンシングなどに匹敵する内容だから、充実装備の買い得グレードと考えていい。いわゆる法人向けの廉価グレードではない。ファミリーを含めて幅広いユーザーに対応できる。

次ページは : リラックスできる雰囲気が魅力のホーム

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ