快進撃続く‼ 売れまくりアルファードの買い時とヴェルファイアの命運


 トヨタのアルファードが売れまくっている。2020年には1~12月の累計販売台数で9万748台を売り上げ、登録車販売台数ランキング第5位(前年比132.1%)。日本のミニバンカテゴリー最大の販売台数となっている。この勢いは2021年1月に入ってさらに加速しているという(本文内で解説)。

 そのいっぽうで、ヴェルファイアの車名廃止の情報も、何度も入ってきている。近い将来、アルファードに車名を統合されることがアナウンスされているヴェルファイア、その「Xデー」はいつなのか。

 このアルファードとヴェルファイアの販売状況最前線事情を、毎日ディーラーを回って「生の声」を集める流通ジャーナリスト・遠藤徹氏に伺った。

文/遠藤徹 写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】売れ行き好調も納得! トヨタのミニバン兄弟 アルファード・ヴェルファイア


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ