激安! 激シブ!! 国産ネオクラ中古車事情 ちょっとおかしなSUV&セダン編

激安! 激シブ!! 10年後には10倍も夢じゃない!? 国産ネオクラシック 中古車事情 ちょっとおかしなSUV&セダン編

 32スカイラインGT-Rの中古車が2000万円オーバー、R34のGT-Rにいたっては3000万円を超えた。これはもはや宝飾品! いや、貴重な骨董品だろうか? たとえ手に入れたとしても、ふだん乗るにはもったいなさすぎて、ちょっとムリである。

 ならば、マニアのココロに密かに刺さりつつ、まだ値上がりしていない国産ネオクラシックカーを手に入れるべきだ!

 値段は安いし普段も心おきなく乗れて、「ひょっとしてそのうち値上がりするかも!」と思うことだってできる。まぁたぶん値上がりしないでしょうけど、マニアックであればあるほど、値上がりの可能性がある今日この頃。しれない……と思うだけで楽しいじゃないか!

 というわけで、値上がりする可能性はけっして高くないけれどゼロとも言えない、マニアックな国産ネオクラシックカーを紹介させていただきます。今回はSUV&セダン編!

●ラインナップ
・ホンダ HR-V
・ホンダ エレメント
・ホンダ MDX
・ダイハツ ネイキッド
・トヨタ 初代カリーナED
・トヨタ ヴェロッサ
・日産 7代目セドリックセダン
・【番外コラム】オヤジたちの間でプチブームが起こっている!? 今こそ軽トラだ!

※本稿は2021年8月のものです
文/清水草一 写真/ベストカー編集部 ほか 構成/フォッケウルフ
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】すでに値上がりつつあるモデルもアリ! 国産ネオクラSUV&セダンをギャラリーでチェック!


■時代が早すぎた……ちょっとおかしなSUVモデル 4選

 近年人気のカテゴリーといえばSUVだが、かつて、はかなく散っていった幻のようなモデルが存在した。

●ホンダ HR-V

 HR-Vの、クリーンでスマートな都会派クロスオーバーSUVというコンセプトは、10年以上時代を先取りしていた。早すぎて売れなかっただけなのだ! そして今なら激シブ!

ホンダ HR-V。相場はかなり低め。明らかに「まだ見つかってない」モデルであり、その魅力を知る者だけが手に入れるチャンスを握っている!

 本誌でも活躍している池之平カメラマンが、最近、20年落ちのHR-Vを20万円で購入したが、周囲のカーマニアからは「おおっ」という目で見られている。

 たいていのクルマ好きは、HR-Vが出た時、実は「いいな」と思っていたのだ! ただ、当時は買うほどの魅力はなかった!

 でも今なら激安なので買う価値あり! 周囲にも一目置かれるゼ!

●中古車相場…20万~50万円

●ホンダ エレメント

 エレメントは、SUVとミニバンの中間的なクロスオーバー車。アメリカの若者向けに開発されて、現地ではそこそこヒットした。

 ただ、日本に持ってきたら、こういうクルマで遊ぶシーンがあまりないとか、日本の生活では観音開きの使い勝手がよくないなどの要因で売れず、たったの2年で販売が打ち切られてしまった。

ホンダ エレメント。新車販売時はそれほどヒットしていないはずだが、現在の中古車流通台数は少なくない。ボディカラーや仕様を選べるはずだ! 

 でも、それだけにレア度も注目度もファッション性も高い!

 今これに乗っていれば、トンガッたアクティブな人に見てもらえること間違いなし!

 ただ、走行距離の短い個体はすでに値上がり気味なので、急げ!

●中古車相場…60万~150万円

●ホンダ MDX

 大ヒットしたトヨタ・ハリアーの対抗馬として、北米で発売されたホンダの大型SUV。

 それを日本に持ってきて売ってみたけれど、全幅が2m近くあるなど、すべてがあまりにもアメリカンすぎ、サッパリ売れなかった。

ホンダ MDX。流通台数が少なく、探すのに苦労するが、400万円以上した新車価格を考えれば、相場はバーゲンセールのようなもの!

 しかし今や全幅2m弱のSUVなど珍しくない!

 MDXはほとんど売れなかったから多くの人は見たこともない! 新鮮さも完璧だ! しかも激安!  50万円くらいから買える! 狙い目だぜ!

●中古車相場…40万~70万円

●ダイハツ ネイキッド

 現在ヒット中のタフトのご先祖様がこれだ!

 この、軍用車っぽくもタフギア的なデザインは、まさに今ドキ!

ダイハツ ネイキッド。流通台数は8月下旬時で250台程度と多め。そのほとんどが50万円以下に集中。シャレた軽自動車が欲しいならこれだ!

 出たのが20年早すぎたせいで売れなかったが、今でもクルマ好きのココロのなかには、ネイキッドの雄姿が焼き付いている。

 しかし、いつまでたっても人気はサッパリで、20万円くらいから楽勝で買える。

 つまり、単に「安くてオシャレな軽SUV」として、狙い目ってわけなんだぜ!

●中古車相場…10万~70万円


■今見れば秀逸デザイン!? ちょっとおかしなセダンモデル 3選

 こちらはセダンの名車たち。いずれもセダンとして充分な実力を備えつつ、独自の魅力を持つモデルばかり!

●トヨタ 初代カリーナED

 初代カリーナEDは、背の低い4ドアハードトップとして1980年代後半一世を風靡した!

 今やメルセデスベンツのCLSはじめ、世界中でごくフツーのコンセプトだけど、それを36年も前に出したトヨタはスゲエ! しかも当時大ヒットしたんだからネ!

トヨタ 初代カリーナED。流通台数はわずか4台。しかし販売されていた時代を考えれば、4台も流通していると考えるべきか。欲しいなら急いで動くべし!

 今やこのテの4ドア車は、国産車には皆無なだけに、もの凄く個性的に見える。中高年なら見ただけで陶然となるに決まってる!

 現在の流通台数はわずか数台。つまり絶滅寸前だ。今こそ憧れのカリーナEDを手に入れて、中高年の墓にしようじゃないか!

●中古車相場…40万~90万円

●トヨタ ヴェロッサ

 21世紀初頭の2001年。マークIIをベースにした、トヨタ製イタリア車が発売された。その名はヴェロッサ!

 それはまさに三河のアルファロメオ! そのフロントマスクにはアルファロメオへの憧れがダイレクトに表現されていた! なかでも限定車「スペチアーレ」は、名前も装着するエアロも、イタ車ファンなら涙なしには語れない。

トヨタ ヴェロッサ。流通台数は約70台。価格はピンキリだが高価なのはMT車。ATでも充分魅力的なモデルなので、安価な物件を探したい! 

 相場は非常にバラけていて、安いのから高いのまでいろいろだ。5MTのターボ車は、ドリ車需要ですでに高騰しているので、スペチアーレのATあたりが狙い目でしょうか?

 本当に見ただけで泣けてきます。

●中古車相場…20万~190万円

日産 7代目セドリックセダン

 最後のセドリック/グロリアセダンとして登場したのが、いわゆる「Y31系」。

 1987年から2002年まで、15年間も販売されていたが、これを自家用車にしてた人って、どういう方なんでしょう……。どっから見てもタクシーなんですけど! そんなところがたまらなくステキ!

日産 7代目セドリックセダン。現在流通している物件を見てみると、カスタマイズカーも多い。自分の好みに合ったカスタムがされているか吟味しよう

 とにかく走ってるだけで、覆面パトか何かに見えるので、特別感は満点だ。

 さあ、セドリックセダンを買って優越感に浸ろう!

●中古車相場…30万~180万円


次ページは : 【番外コラム】オヤジたちの間でプチブームが起こっている!? 今こそ軽トラだ!