C-HRの中古車はSUVブームの大活況で今が売り時!?

 「もっとイイクルマ作り」を目指して、現行型プリウスが採用したのがトヨタのクルマ構造改革である「TNGA」。

 このTNGA搭載車の第2弾として、2016年12月に登場したのがトヨタC-HRである。

 このC-HRも登場から間もなく3年を迎えようとしており、マイナーチェンジのタイミングが近づきつつある。そこで、今回はコンパクトSUVのヒットモデルであるC-HRの中古車事情に迫ってみる。

 文:萩原文博、写真:トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部


CH-RとはどんなSUVなのか

トヨタのデザインアイコンであるキーンルックを採用したグローバルモデル

 C-HRはグローバルモデルとして世界中で販売されるコンパクトSUVで、全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mm(4WD車は1565mm)とFF車は都心部に多く存在する立体駐車場に対応した優れたパッケージングを採用している。

 外観デザインはトヨタのフロントマスクのデザインアイコンであるキーンルックをさらに進化。さらに「センシュアルスピードクロス」をキーワードにスピード感のあるキャビン形状、彫刻的な面造形など個性的な外観が特徴となっている。

 インテリアは質感・形状・色など細部にこだわる大人の感性に響くデザインを追求し、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなどドライバーオリエンテッドな室内空間を実現している。

 スタイリッシュなクーペデザインを採用しているため、リアシートのタイトな居住性やラゲージスペースの狭さが多くのメディアが指摘した。メディアの評価を覆すかのように、2017年のSUV販売台数No.1に輝いた。

 それでは、C-HRの中古車事情について紹介しよう。

中古車市場においてのC-HRの立場はいかに

 現在、C-HRの中古車の流通台数は約1700台、同じコンパクトSUVの人気モデルで2013年に登場したホンダヴェゼルが約2900台なので、C-HRの中古車の豊富さがよくわかる。C-HRの中古車の流通台数は3カ月前が約1300台だったので、あっという間に約400台も増加している。

SUVカテゴリーで人気のあるホンダ ヴェゼル

 また、中古車の平均走行距離も約1.2万kmから約1.7万kmまで延びたこともあり、平均価格は3カ月前の約240万円から約235万円へと緩やかな値落ち基調となった。

 流通台数が増加中でなおかつ値落ち傾向となっているC-HRの中古車は絶好の買いのタイミングとなっている。

 C-HRの中古車についてさらに詳しく見てみると、2019年式で、走行距離500km以下といういわゆる未使用車と呼ばれるクルマが約110台流通している。グレードはハイブリッド1.8S LEDパッケージが最も多く、ハイブリッド1.8Gモードネロやブルーノといった特別仕様車が多い。

 価格帯は約180万~約300万円(カスタムカーを除く)なので、C-HRの新車購入を考えている人は、条件が合った未使用車を探すと割安な価格で手に入れることができる。

 C-HRの中古車全体の価格帯は約160万~約360万円で、修復歴なしの中古車でも約170万から狙えるし、約300万円以上のクルマはカスタマイズ済の未登録新車となっている。200万円以下の中古車も約190台流通しており、走行距離が1万km以下という高コンディション車が多いのも特徴だ。

グレード分布によって中古車の価格はどう変わるのか

 続いてグレード分布を見てみると、C-HRの中古車で最も流通台数の多いグレードはハイブリッドの上級グレードであるGでなんと約52%と半数以上を占めている。

 続いて多いのが4WD車の上級グレードのG-Tで約15.4%、そしてハイブリッドのスタンダードグレードSとなっている。さすがに2018年に追加された1.2ターボの2WD車は少なめなので、C-HRの中古車の狙い目グレードは装備の充実したハイブリッドGもしくは4WD車のG-Tということになる。

 まずはハイブリッドGの価格帯を見てみると、約160万~約300万円(カスタム済中古車は約360万円)で250万円を超えると未使用車の比率が高くなる。

 ボディカラーは白、黒、シルバーが中心だが、イメージカラーのグリーンメタリックは約8台、そしてイエローは約28台、ブルーは約24台とわずかながらカラフルなボディカラーも存在している。

CH-Rにはたくさんのカラーがある

 一方のG-T4WDの価格帯は約170万~約310万円(カスタム済中古車は約370万円)とほぼハイブリッドGと変わらない。未使用車の比率もハイブリッド車と比べるとかなり少ない。

 こちらもボディカラーは白、黒、シルバーが中心で、黄色と青がそれぞれ11台、赤が14台、グリーンメタリックが6台とハイブリッド車と比べると鮮やかなボディカラーが見つけやすくなっている。

CH-Rを買うならこれ! 

 新車時価格はハイブリッドGが292万9200円、G-T4WDが279万9600円と約12万円の価格差があったが、中古車ではその差がほとんどなくなっている。そう考えると降雪地などの4WDが必須の条件でなければ、ハイブリッドGがベストバイということが言える。

 JC08モードで30.2km/Lという優れた燃費性能はコンパクトSUVの中でもトップレベルの実力を誇る。

 ライバルといえるホンダヴェゼルは2WD車でも全高が1605mmあり立体駐車場に対応していないし、マツダCX-3はデミオ(現在マツダ2)がベースのため、後席スペースとラゲージ容量はC-HRよりも狭くなっている。

 個性的なスタイルと実用十分居住空間そしてクラストップの燃費&安全性能を誇るC-HR。200万円以下で手に入れられる中古車が増えてきた今が買い時といえる。

 そして、もしC-HRから乗り替えを考えている人は本格的な値落ちが始まったので、早めに手放したほうがいいだろう。今後、もしマイナーチェンジを行うという情報が下がれば、さらに買取(下取り)価格は下がってしまう。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ