2列目までは超快適なのに…アルファードですら3列目がイマイチなワケ


 アルファードや新型ノア/ヴォクシーなどミニバンは2列目シートまでは超快適な仕様となっているモデルがほとんど。アームレストはもちろんオットマンなど挙げれば切りがないほど。だが、3列目シートが超豪華なクルマって案外少ないモノ。一体なぜか!?

文:青山尚暉/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】2列目までは超快適なのに…アルファードですら3列目がイマイチなワケ(15枚)画像ギャラリー

3列目シートはアルファードでも質素! ミニバンの目玉は2列にアリ

 ミニバンの特等席はあくまで2列目席だ。国産ミニバン最上級、ハイエンドなアルファードはもちろん、今ではファミリーユーザー向けのMクラスボックス型ミニバンのノア&ヴォクシーやステップワゴンにさえ、豪華すぎるキャプテンシート、オットマンまで装備するようになっている。

 が、多くのミニバンの2列目席、それもキャプテンシートのシートの豪華さやロングスライドによる最大600mmにもなる足元空間。シートまわりの飛行機のアッパークラス、新幹線のグランクラスを思わせる装備の充実度に感動ものである。だが、ミニバンならではの3列目席に座ってみると、あれれ、けっこう質素なシートじゃないか?と、その差に愕然としたりする。

ボディがデカけりゃイケるが……3列目を豪華にすると荷室が犠牲に

グランエースの最上級グレードの3列目はさすが超豪華。アルファードもマネをすれば…と思うがグランエースのボディサイズはアルファードの比にならないのだ

 一方で、ハイエースをベースに”上級送迎車”として開発された日本専用車のグランエースともなれば、話は違う。6人乗りのプレミアムグレードの場合、2/3列目席の4座にセパレートタイプかつ本革張りのエグゼクティブパワーシートが分け隔てなく奢られているのだ。つまり、2/3列目席の豪華さ、居住感覚に差がないというわけだ。

 ちなみに一般ユーザーにさらに縁のない8人乗りGグレードは2列目席がプレミアムグレードと同じエグゼクティブパワーシート、3列目席はアルファードの7人乗りベーシック仕様と同じリラックスキャプテンシートが備わり、4列目席だけが格納可能な簡易チップアップシートとなる。

 つまり、グランエースに対して、アルファードは2列目席こそエグゼクティブラウンジシート、エグゼクティブパワーシート、リラックスキャプテンシートといったキャプテンシートが選べるものの、3列目席は一気に左右ハネ上げ式格納前提の5:5分割シートのみになる。2/3列目席の居住感覚に大きな差があると言っていい。

 それは全長、ホイールベース、室内長に理由がある。アルファードの全長、ホイールベース、室内長はそれぞれ4945mm(一部グレードは4950mm)、3000mm、3210mm。対してグランエースは同5300mm、3210mm、3290mm(プレミアム)。何もかもが長いのである。

 そのおかげで、3列目席にも、アルファード自慢のエグゼクティブパワーシートが移植できたことになる。よって、アルファードの3列目席にエグゼクティブパワーシートを持ってくるのは、寸法上、困難ということになる。

 いやいや、オットマンぐらいは付けられるでしょ、と思うかもしれないが、例え付けたとしても、2列目席のスライド位置によっては、あっても出せない・・・ことになるはずだ(ラゲッジスペースを無視してシートをセットすれば可能かも知れないが)。

使用頻度が少ないのに優先するのは……ある種の割り切りが重要

 そしてミニバンの考え方として、すでに述べた、2列目席が特等席というパッケージングから、3列目席はラゲッジルーム拡大のための格納前提となる、具体的には子供や秘書、付き人、そしてペット専用席的な座席なのである。

 だから見た目も、アームレストを含む装備も簡素であって当然ということだろう。豪華なキャプテンシートを格納することなど不可能だ。

 また、開発におけるミニバン最大の敵(苦心すべき点)は重心、重量と言われている。仮に3列目席に豪華なシートを奢るとしたら、どんどんクルマは重くなり、めったに使われないであろう(日本の乗用車の平均乗車人数は1・5人)3列目席が走行面、乗り心地などで足を引っ張ることになってしまう。

 そしてもちろん、車両価格もさらにUPしてしまうため、商品として成立しにくいことになる。まぁ、全席ファーストクラスの通常運行航空機がないのと同じことだろうか。

次ページは : 一転アルファードは3列目が一番快適!? 振動も座り心地も文句ナシのデキ