GT-R2021年モデル、北米で登場!! これが最終仕様か!? それとも…??

GT-R2021年モデル、北米で登場!! これが最終仕様か!? それとも…??

 2020年8月に、北米で2021年モデルの日産「GT-R」「GT-R NISMO」が発表された。エンジンは3.8l V型6気筒ツインターボエンジンで変わらないが、新しいターボチャージャーを採用することで、低回転域におけるレスポンスの向上などを果たしているという。

 しかし、日産の国内のホームページを確認すると、改良のための受注調整などを知らせる告知はない。マイナーチェンジや一部改良を行う場合、往々にして生産調整を行うが、それがないということは日本への導入はないのだろうか?

 ベストカーでもたびたび取り上げているが、GT-Rは騒音規制でその姿を消すのではと噂されている。この2021年モデルは最後のモデルとなるのか? GT-Rの最新事情に迫る。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、HONDA、編集部

【画像ギャラリー】登場から13年でどう変わった!? GT-R(国内仕様)のデザインの変遷と現行モデルの詳細を紹介!


■北米で発表された2021年モデル 国内ではどうか!?

 日産「GT-R」は日本のメーカーが誇る最高峰のスポーツカーだ。V型6気筒3.8Lツインターボエンジンを搭載して、最高出力は標準モデルが570ps(6800rpm)、スポーツ指向をさらに高めた「NISMO」は600ps(6800rpm)を達成する。駆動方式は専用に開発された4WDで、走行安定性は動力性能と同等以上に優れている。

 北米市場では、「GT-R」と「GT-R NISMO」の2021年モデルが発表された。しかし日本では、2020年10月下旬において、改良を実施する案内はない。今までは2017年11月に2018年モデル、2019年4月には、現行型の2020年モデルがそれぞれ発表されてきた。

北米で発表された2021年モデルの「GT-R NISMO」。価格は標準車の「プレミアム」が約1203万円、「NISMO」が約2233万円
北米で発表された2021年モデルの「GT-R NISMO」。価格は標準車の「プレミアム」が約1203万円、「NISMO」が約2233万円

 北米で登場したGT-Rの2021年モデルは、日本ではいつ発売されるのか。GT-Rを買いたいユーザーは気になるところだろう。また2022年に実施される騒音規制のために、GT-Rは現行型で終了するという噂もある。実際のところはどうなのか、今後の見通しを日産の販売店に尋ねた。

「GT-Rが終了する話は、今のところ聞いておりません。納期は、2020年10月下旬に契約を頂いた場合で、標準グレードは2021年1月下旬頃でしょう。NISMOは遅く、2021年2月から3月になります」

 納期はすでに2021年だから、直近で生産を終了したり、2021年モデルに変更することはない。そうなると海外に2021年モデルを投入しながら、日本では2020年モデルを売り続けるのか。

「GT-Rは公表されていなくても、細かな改良を行って地道に進化しています。改良の詳細はわかりませんが、2020年に入って、マイナーチェンジや一部改良の発表がないのに車体番号が変更されました。今後は2022年の騒音規制も控えており、GT-Rの動向はわかりにくいです。いずれにしても現時点(2020年10月下旬時点)では、GT-Rの受注は停止しておらず、終了を含めて直近の変更はないでしょう」

次ページは : ■国産スーパースポーツのライバルと比べて健闘のGT-R

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!