EV HV FCV 水素エンジン… どう打って出る??? 国内メーカーパワーユニット最新戦略


■スバル/今後のパワーユニットの方向性とは?

 スバルの今後のパワーユニット戦略の大きな柱は、「ソルテラ」という車名が発表された、トヨタとの共同開発により2022年に発売するEVである。

 ソルテラはフロント、センター、リアという数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、さまざまなバリエーションの展開を効率的に可能にするという「e-スバルグローバルプラットホーム」を採用したCセグメントのSUVだ。

EV HV FCV 水素エンジン… 国内メーカーはこれからどう打って出る??? パワーユニット最新戦略
トヨタとの協業によって誕生するスバルブランドEV第1弾がソルテラとなる

 それ以外の情報はトヨタ版のbZ4Xの写真が公開されているだけで、スペックは不明だが、それぞれのEV技術やスバルが得意とするAWD性能など、トヨタとの共同開発だけに価格をはじめ最初からユーザーに不便を強いない完成度の高いEVとなりそうだ。

 またハイブリッドに関しても、レヴォーグに搭載された新しいCB型エンジンがサイズなどハイブリッド化も視野に入れたものに見える点など、燃費のいいハイブリッドカーの登場も期待できる。

 スバルはこの2つによりCAFEがクリアできそうなため、新型BRZや次期WRXで最後となりそうな「純エンジン車のスポーツモデル」というお楽しみがある点も大きな希望。

■スズキ/ストロングHVは今後新型車ではやめるのか?

 ソリオがフルモデルチェンジでストロングハイブリッド(以下S-HV)を廃止したため、現在スズキのラインナップでS-HVがあるのはスイフトだけとなっているが、そう遠くないうちにスイフトからもS-HVは姿を消すだろう。

EV HV FCV 水素エンジン… 国内メーカーはこれからどう打って出る??? パワーユニット最新戦略
ソリオはストロングハイブリッド廃止で絶好調

 その理由はズバリ費用対効果の薄さだ。というのもスズキのS-HVは、1.2Lエンジンに13.6psの小型モーターを組み合わせ5速AGSを介するという、2代目までのインサイトなどのホンダIMAに近いタイプだ。

 そのため燃費はWLTC総合モードで1.2Lガソリンの20.0km/Lに対し23.0km/Lと向上は少なく、価格もエコカー減税を加味しても25万円程度と、効果のわりに高い。

 これでは発売したことは評価できても、商品としては魅力が薄く、売れているという話も聞いたことがないだけに絶版となるのもやむを得ないだろう。

EV HV FCV 水素エンジン… 国内メーカーはこれからどう打って出る??? パワーユニット最新戦略
スイフトもストロング比率は低い

 今後スズキは電動化において、次のダイハツの軽ハイブリッドとも関係する、トヨタとの協業によるハイブリッドやEVが増えていくのではないだろうか。

次ページは : ■ダイハツ/ストロングHVの軽自動車は登場するのか?