先進安全装備+4WDで大人気のSUV!! スバルXVが一部改良でさらにお買い得に!!

スバルの実力派SUVがリニューアル!! スバル新型XV購入ガイド

 2021年12月に一部改良が行われたスバル XV。先進的な安全装備と運転支援機能、4WDシステムなどをひと通り揃えながらかなり割安におさまることから人気も高い。

 新型スバル XVのリニューアルポイントのチェックとお買い得グレードをお届け!

文/渡辺陽一郎、写真/池之平昌信、モデル/今泉あや

【画像ギャラリー】一部改良が行われたスバル XVを今泉あやさんとテントサウナを楽しみつつチェック!!(15枚)画像ギャラリー

■スバルが人気のXVを改良

2021年12月に一部改良を受けて登場した新型スバルXV。写真は特別仕様車のアドバンススタイルエディション

 スバルはOEM車を除くすべての車種に水平対向エンジンを搭載しており、BRZ以外には、独自の4WDシステムも設定している。そのために悪路の走破を考慮するSUVとも親和性が高い。

 スバルのSUVラインナップの中で、最も身近な車種がXVだ。インプレッサスポーツをベースに開発され、価格が最も安い1.6iアイサイトは、先進的な安全装備と運転支援機能、4WDシステムなどを備えながら220万円に収まる。

 同じスバルのフォレスターは293万7000円以上、レガシィアウトバックは414万7000円以上だから、XVはスバルのSUVとしてかなり割安だ。

 他メーカーのSUVを見ると、ヤリスクロスに直列3気筒1.5Lノーマルエンジンを搭載するベーシックな4WD・Xが212万7000円、同じく4WDのGは225万1000円だ。XVの価格は、コンパクトSUVと同程度になる。

 そのためにXVは人気が高く、発売から4年以上を経過しながら、2021年の1か月平均登録台数は1400台を上まわった。スバル車の中では、レヴォーグとフォレスターの次に登録台数が多い。

 人気車とあって改良も綿密に行われ、2021年12月にも実施された。改良点は少ないが、ファブリックのシート生地にも、前席シートヒーターが標準装着、あるいはオプションで選べるようになっている。従来は本革シートとのセットだったから、選択肢を広げた。

 シートヒーターは、エンジンの熱を使うエアコンのヒーターに比べて発進直後の短時間で暖まり、人気の装備になっている。

 また1.6Lエンジン搭載車の専用色として、サファイア・ブルーパールを追加した。XVはブルー系の外装色が豊富で、ラグーン・ブルーパール、ホライゾン・ブルーパール、ダーク・ブルーパールを用意するが、いずれも2Lエンジン搭載車の専用色だ。1.6Lでブルーが欲しい時は、新色のサファイアブルーパールを選ぶ。

■ベース車はアイサイトセイフティプラスを標準装備

今回新型XVを体験してもらった今泉あやさん。スバル車をこよなく愛するスバリスト女子だ

 そして今回の改良では、特別仕様車のアドバンススタイルエディションを設定した。

 2Lエンジンを搭載するアドバンスをベースに開発され、フロントグリルやフロントバンパーガードなどをグレーメタリックに塗装して、アルミホイールはダークガンメタリックになる。外観が精悍になり、内装でもシートの色彩などを変更した。

 装備については、ベース車のアドバンスではメーカーオプションになるアイサイトセイフティプラス(運転支援と視界拡張)を標準装着して、安全性を向上させた。

 その代わり前席の電動調節機能やシートヒーターなどは、アドバンスには標準装着されるが、特別仕様車のアドバンススタイルエディションではメーカーオプションになってしまう。

 一般的に特別仕様車は、ベースのグレードに複数の装備を加えることが多いが、アドバンススタイルエディションでは省かれる品目もあるから注意したい。スバルに限らず、このような特別仕様車も時々設定される。

 そこで両車にアイサイトセイフティプラス(運転支援と視界拡張)、前席の電動調節機能やシートヒーターなどを両方とも装着して、装備の条件を同じにした上で合計価格を比べてみたい。

 ベース車のアドバンス(295万9000円)に、アイサイトセイフティプラス(7万7000円)をオプション装着すると、合計価格は303万6000円になる。

 次は特別仕様車のアドバンススタイルエディション(291万5000円)に、前席の電動調節機能やシートヒーターなどのセットオプション(8万8000円)を加えると合計価格は300万3000円だ。

 このように装備内容を共通化すると、合計価格は特別仕様車とあってアドバンススタイルエディションが3万3000円安い。さらに前述の通り外装色も専用になる。割安な特別仕様車とはいえないが、内外装の色彩と装備が気に入ったのであれば選ぶ価値は高い。

 そしてXVの一番の特徴は、冒頭で述べた通り、インプレッサスポーツをベースに開発されたことだ。全長は4485mm、全幅は1800mmと適度なサイズで、最小回転半径も5.4mになる。街中でも運転しやすい。

 その一方で最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を200mmまで高めたから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。

 それでも全高は1550mmに収まり(ルーフレールをオプション装着すると1575mmになる)、立体駐車場を利用しやすい。マンションに住んでいるユーザーにとっては、貴重なSUVといえるだろう。

 エンジンは水平対向4気筒の1.6Lと2Lだから、動力性能にも不満はない。最低地上高が200mmのSUVとしては重心が低いから、200mmの最低地上高を確保しながら走行安定性も優れている。峠道などをミドルサイズハッチバックのインプレッサスポーツと同様の感覚で運転できる。

次ページは : ■SUVの本質が凝縮されたXV