これが三菱好調の象徴!! デリカD:5、新型アウトランダーPHEVの魅力と三菱自動車の真の実力とは?

これが三菱好調の象徴!! デリカD:5、新型アウトランダーPHEVの魅力と三菱自動車の真の実力とは?

 最近、三菱自動車の人気がグッと増している。アウトランダーPHEVの発売を境に、国内だけでなく海外でも着実に人気を獲得しているようだ。三菱はずっとEVやPHEVを推してきていたから、やっと報われる時が来たともいえる。

 ということで、この好調の背景を今回企画で考察する。2022年は三菱自動車リベンジの年だ!?

文/渡辺陽一郎
写真/三菱自動車、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】三菱好調の象徴、デリカD:5と新型アウトランダーPHEVを画像でチェック!(13枚)画像ギャラリー

■好調、アウトランダー!

 三菱の北米における売れゆきが、対前年比で約17%増えた。新型アウトランダーが3万台以上販売され、対前年比も約25%増加したから、北米の三菱車販売を押し上げた。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 84a6d72b6eb3383847c62b654e59b21c-600x391.jpg
日本市場でも好調なアウトランダーPHEV。購入車のなんと7割が他社銘柄からの乗り換えだという

 三菱の場合、2020年における世界生産総数は85万4091台であった。日本の自動車メーカーとしては規模が小さいから、アウトランダーがヒットすると、三菱全体の業績を好転させる効果も生まれる。

 そして国内においても三菱は堅調だ。2021年には、大半のメーカーが新型コロナウイルスの影響もあって対前年比を下げたが、三菱は10%以上も伸びた。内訳を見ると、軽自動車は横這いだが、小型/普通車は対前年比が25%以上増加した。

 小型/普通車の登録台数を上乗せした効果として、新型アウトランダーが注目されそうだが、納車を伴う発売は2021年12月であった。2021年12月の時点で7000台以上を受注したから、今後は登録が進んでアウトランダーが国内市場を牽引するが、2021年1~12月の登録台数にはほとんど貢献していない。

■実は根強い人気車デリカD:5

 それなら2021年における三菱の小型/普通車を盛り上げた車種は何かといえば、デリカD:5であった。2020年12月に実施された一部改良の効果もあり、デリカD:5は2021年に1カ月平均で1233台が登録された。対前年比は133%となる。そして国内で販売された三菱の小型/普通車の内、43%をデリカD:5が占めた。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 220412_2112_D5_1-2_Image-600x373.jpg
本格的な不整地走行性能を持つ唯一のミニバンと言っても過言ではないデリカD:5

 軽自動車のeKシリーズも堅調で、2021年における届け出台数は、1カ月平均が2840台であった。このうちの約1560台がeKスペース+eKクロススペースで占められ、残りの約1280台はeKワゴン+eKクロスになる。

 このように見ると、高価格車であることも含めて、デリカD:5は国内販売を支える重要な柱だ。三菱の国内販売をカテゴリー別に見ると、小型/普通車が44%、軽自動車は56%で、前者ではデリカD:5が主力になる。

■唯一の立場を確立しているという強み

 デリカD:5は、なぜこのように安定的に売れ続けるのか。販売店に尋ねると以下のように返答された。

「ミニバンは車種が豊富だが、デリカD:5のデザインと悪路走破力については、似通ったクルマが存在しない。そのためにデリカD:5は、発売されて15年を経過しながら売れゆきが下がらない。高値で売却できることもあり、デリカD:5を何台も乗り継ぐお客様が多い。特に2019年にフロントマスクを大幅に変えて安全装備も充実させたから、販売に一層の弾みが付いた」。

 販売店の話にあるとおり、デリカD:5は2007年1月に発売されたから、今では15年を経過する。それでもSUV風の外観、余裕のある最低地上高、ロックモードを備えた4WDなどを備えたミニバンは、デリカD:5だけだ。「ミニバンスタイルのSUV」と認知されている。

 さらにデリカD:5は、実用回転域の駆動力が高いクリーンディーゼルターボも搭載する。デリカD:5以外でディーゼルを搭載する国産ミニバンは、グランエースだけだ。

 デリカD:5は空間効率も優れ、全長が4800mm以下のミニバンでは、車内が最も広い。特に3列目シートの足元空間は、新型ヴォクシー&ノア、新型ステップワゴン、セレナなどよりもデリカD:5が上回る。

 以上のようにデリカD:5は、SUV風の外観と優れた悪路走破力に加えて、クリーンディーゼルターボ、広い室内といった実用面のセールスポイントも多い。これらの特徴が人気を呼び、デリカD:5は、数年後に売却する時の価値も高い。

残価設定ローンの3年後の残価率(新車価格に占める残価の割合)は55%に達する。一般的に3年後の残価率は40~48%で、55%は人気の高いアルファードと同じだ。

次ページは : ■アウトランダーの魅力も三菱自動車ならでは

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ