軽微じゃないよ! 止まらにゃ損損! 忘れがちな一時停止しなきゃいけない時と場所

軽微じゃないよ! 止まらにゃ損損! 忘れがちな一時停止しなきゃいかない時と場合

 重大事故につながっているのが、横断歩道での一時停止無視。警察庁の発表した統計によると、平成29年から令和3年までの過去5年間において、自動車と歩行者が衝突した交通死亡事故のうちの7割歩行者が横断中の事故だという。

 そして長らく問題になっているのが、信号機のない横断歩道で歩行者がいるにも関わらず、一時停止をしないクルマが多いことだ。2021年10月18日にJAFが発表した「信号機のない横断歩道での歩行者横断時におけるクルマの一時停止状況全国調査」の2021年調査結果においても、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいる時に一時停止したクルマの割合は全国平均で30.6%という低水準! これはゆゆしき事態!!

 「えーっ」と驚いているアナタも、もしかしたら一時停止をしなくてはいけない場所をスルーしてしまっているかもしれない。一時停止は重大事故につながる違反行為。決して軽微なものではないのだ。そこで今回は、一時停止しなくてはならない時と場合についておさらいしてみよう。

文/藤原鉄二、写真/写真AC

【画像ギャラリー】一時停止を軽視してはいませんか?(9枚)画像ギャラリー

停止線の位置はマージンがとられている

軽微じゃないよ! 止まらにゃ損損! 忘れがちな一時停止しなきゃいかない時と場合
停止線の手前で停止すれば安全は確保できるように、停止線はある程度のマージンをとって引かれている

 そもそも一時停止は安全確認のためだけではなく安全確保のための行為。停止線が横断歩道のかなり手前に引いてあるのは安全確保のため。不測の事態が発生することを想定して、ゆとりのある距離に停止線は引かれているのだ。ということで、停止線手前で止まれば安全は確保できるが、逆に、超えてしまうと出合い頭の事故などに遭遇するリスクが高くなるということだ。

 たとえば、裏路地などで引かれている停止線の位置を思い起こしてほしい。左右から走ってくるクルマを目視で確認できる位置よりはかなり手前に引かれているはずだ。つまり、停止線では問答無用で止まれば左右のクルマと出会い頭に事故を起こしたりするリスクはほぼないということだ。

 たまに停止線を無視してゆるゆるとクルマを前進させ、身を乗り出して左右を確認しようとドライバーを見かけるが、これは危険極まりない行為。目視ができる位置まで車両を前進させると、万一、至近距離にクルマが迫っていた場合には接触事故を起こす恐れがあるからだ。こういった場所ではミラーが設置されているので、必ず停止線手前で止まり、クルマが接近していないかはミラーで確認するようにしよう。

忘れちゃダメよ! 一時停止しなくてはならないシチュエーション

 ここで今一度、一時停止をしなくてはならないと道交法で定められているシチュエーションや場所を確認してみよう。「えっ、ここも!?」という意外な場所もあるかもしれない。

■横断歩道や自転車横断帯などに歩行者がいる時
 道路交通法第38条第1により、横断歩道を横断していたり、横断しようとする歩行者や自転車がいる時は、横断歩道の手前で一時停止することが定められている。既出のJAFの調査を参考にすれば、全国のドライバーの約7割は一時停止違反を犯していることになる……。

■路側帯や歩道などを横切る時
 駐車場など道路に面した場所に出入りするために歩道や路側帯を横切る場合は、それらの直前で一時停止しなくてはならない。これはたとえ目視で歩行者などが確認できない場合でも同じだ。駐車場から出る時、入る時に一時停止をしないクルマを多く見かけるが、これはすべて一時停止違反とみなされる行為だ。

■一時停止の「標識」が設置されている場所
 赤い逆三角形の「止まれ」の標識がある場所は当然ながら、一時停止の義務が課せられている。ただし、「止まれ」の標識がなく、道路に「止まれ」は標示のみが書かれている場合での一時停止は道交法では義務とはされていないため、取り締まりの対象とはならない。

 とはいえ、「止まれ」は標示が記されているということは、危険がある場所ということなので、停止をしなくてもいいということにはならない。たとえ「止まれ」の標識がなくても、標示がある場所は必ず一時停止をしよう。

■緊急車両が接近してきた時
 救急車や消防車などの緊急車両が接近してきた場合は、道路の左側に寄って一時停止をしなくてはならない。ただし、交差点を避けて停まるということも規定されている。

■踏切を渡る時
 踏切を通過しようとする時は、踏切の直前で一時停止しなくてはならない。また、道路標識が設置され、停止線が設けられている場合は、停止線の手前で一時停止して安全確認後に発進することが義務付けられている。

 前のクルマが一時停止したので大丈夫と、一時停止をせずに踏切に進入するクルマを見かけるが、これは当然NGだ。

 ただし、信号機が設置してある踏切は信号機の指示に従えばいいので、一時停止をせずに進行できるが、青信号であっても安全確認は必ず行う必要があると規定されている。

次ページは : 一時停止違反の処罰は?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ