おっさんリターンライダー急増中! ダックス GB350 ホーク11……久しぶりに乗るバイクはどれがいい?

おっさんリターンライダー急増中! ダックス GB350 ホーク11……久しぶりに乗るバイクはどれがいい?

 50代以上のクルマ好きがバイクに戻るリターンライダーが急増しているという。それに合わせてバイクメーカーが、ダックス、GB350、ホーク11といったリターンライダーを対象にしたバイクが登場。

 さらには、Z1やZ2、CB750、CBX400Fなどの絶版中古車の高騰に加え、カワサキZ900RS 50thアニバーサリーやホンダCB1100EX&RS、ヤマハSRなど新車価格より高い中古車が存在している。

 とはいえ、気持ちは若くても体は50代のおっさん、そのおっさん向けにどのバイクがいいのか、大型免許を持ちヤマハの大型バイクに現役で乗る50歳のクルマ好きおっさんライダーである柳川洋氏が徹底解説する。

文/柳川洋
写真/柳川洋、ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】みんな交通安全に気をつけて!!(8枚)画像ギャラリー

■コロナの影響でバイク乗る人が増え、販売台数が3年で35%増

 コロナ禍で、密にならない屋外でストレス解消できるアウトドアスポーツの人気が高まっているが、バイクも例外ではない。最近、伊豆や箱根などに出かけると、ピカピカのバイクに真新しいウェアとヘルメット、やや緩めの体型(失礼!)、だけどライディングはど素人のそれではなくそこそこ速い、という、いかにも「あの人リターンライダーだ!」という人を見る機会が明らかに増えた。

 現在50歳の筆者の周りでも、バイクの免許を取りに教習所に通っている友人が2人いる。1人は中型免許を保有していて、20年ぶりに大型のバイクに乗りたくて教習所通いを始めたリターンライダー、大型バイクに乗るため一からバイクの免許を取ろうとしているもう1人。

 バイク人気が復活していることは、データからも明らかだ。126cc超のバイクの国内販売台数は2018年から2021年までの3年で何と35%増加の162,482台となった。半導体不足の影響もあったのに、すごい伸び率だ。

 歴史を振り返ると、我々おっさん世代が中・高校生だった昭和末期(1987、1988年)はまさにバイクブームの絶頂期で、国内で32万4千台売れていた。だがリーマンショック後に売れ行きが急激に落ち、2010年、11年はピークの3分の1以下、販売台数10万台を下回る惨状となった。その後は11万台から12万台で推移していたが、ここにきて販売が絶好調となっている。

バイクの国内販売台数は、ようやく長いトンネルを抜け出して最悪期から+76%まで回復、一過性のブームではなく今回は長く続いてもらいたい。出典:全国軽自動車協会連合会資料より柳川氏作成

 筆者も3月末にカワサキのディーラーでお話を伺う機会があったが、やはりリターンライダーは相当増えているとのこと。ベストシーズンを前に新車だけでは供給が足りず、今すぐ乗りたい需要に応えるため、2月に訪れた時にあった中古車の在庫が一部を除いてほぼ入れ替わってしまっている、というような状態だった。

「あいつとララバイ」などのバイク漫画を読みふけり、真夏のバイクの祭典鈴鹿8耐の決勝日には15万人を超える観客動員があった1980年代のバイクブームに青春時代を過ごしたオヤジ世代も、今や50代。子供も手がかからなくなり、経済的にも時間的にもやや余裕ができて、コロナの影響もありバイクに乗る人が再び増えている、というのが真相のようだ。

■免許を取りたい女性も急増、教習所も大混雑

 また、リターンライダーだけではなく、新たにバイクの免許を取る人も増えている。いわゆる「中免」、つまり400ccまでのバイクに乗れる免許を新たに取得した人は、2018年から2021年までの3年間に12%増加。絶対数こそ少ないものの、大型二輪免許を取る人も再び増えてきている状況だ。

2018年まで減少傾向が続いた二輪免許の新規交付件数も、2019年から一転して増加傾向が続いている。出典:警察庁交通局「運転免許統計令和3年版」より柳川氏作成

 コロナ以前だと、会社勤めをしていると、平日に教習所でバイクの技能教習を受けるのは相当難しかった。仕事着や革靴のままで教習に行くわけにもいかず、着替えやヘルメット、グローブも持参するとなると、土日などの休日に通わざるを得ない。だが在宅勤務の広がりで、平日にサクッと教習に行くことも可能になった。そのせいで免許を取る人が増えた一面もあるだろう。

 また今回の「コロナバイクブーム(?)」がこれまでと大きく違う点が一つある。それは、バイクの免許を取得する女性が急増していることだ。直近の3年間では男性の免許取得者の伸びが+7.6%なのに対し、女性は+32.0%。

新たにバイクの免許を取る女性の比率が凄まじい勢いで伸びてきている。出典:警察庁交通局「運転免許統計令和3年版」より柳川氏作成

 エンジンの電子制御、ABSなどの安全装備の進化による交通事故の減少や、輸入車のディーラーのように高級感のある販売店の増加などで、「バイクはうるさく、臭く、危ない」というネガティブな印象を持つ人が減った、ということも女性の免許取得者が増えた理由のようだ。

 レストランなどの飲食店でも、ゴルフなどのスポーツでも、女性の割合が高くなると結果的に男性も増えて、ビジネスが好回転し始めるというのはよく知られた事実。今回のブームは一過性のものでは終わらないのではないか。

 私が卒業した都心の自動車教習所に、自動二輪車教習の状況を聞いてみた。

「教習を始める前に適性検査を受けていただく必要があるのですが、それが現在1ヶ月待ちで6月からのご案内となり、そこから予約可能な技能教習も混み合っておりまして、現在普通自動車免許をお持ちの方でも、最短の卒業で3ヶ月半はみておいていただく必要がございます」、とのことだった。

次ページは : ■リターンライダーのバイク選びで考えるべきポイントとは?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ