GSに続いてCTも廃止するレクサス!! 生産終了間近の【老兵】CTは買い得なのか

惜しまれつつ生産終了!! レクサスの主力を担った「老兵」CTは買い得なのか

 レクサスで購入できるもっともベーシックな車種として10年以上販売されているレクサスCTが、2022年10月で生産を終了する。ハイブリッド搭載で優れた燃費性能に加え、改良により安全装備などもアップデートされている。

 モデル末期を迎えたCTが現時点でお買い得なのかを、その商品性をもとに判定してもらった!

文/渡辺陽一郎、写真/Lexus、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】消えゆく老兵に花束を……今に続くレクサスのイメージを形作ったレクサス CTとうとうフィナーレ!!(10枚)画像ギャラリー

■レクサスの「入門車」CTがついに生産終了

2011年に登場したレクサス CT。10年以上販売されていたレクサスのエントリーグレードが2022年10月にとうとう生産を終える

 最近はSUVの人気が高く、新型車も追加されたが、その一方でセダン、ワゴン、ミドルサイズハッチバックは売れ行きを下げている。生産を終える車種もある。

 トヨタが展開する上級ブランドのレクサスも、セダンのGSに続いて、ミドルサイズハッチバックのCTを廃止する。2022年10月で、生産を終えることが発表された。

 レクサスCTのボディサイズは、全長が4355mm、全幅は1765mmだ。このカテゴリーは、海外では販売しやすく人気も高いといわれたが、最近は売れ筋が比較的コンパクトなSUVへ移っている。

 そのためにボルボでは、ミドルサイズハッチバックのV40を廃止して、XC40に特化した。レクサスCTにも同様のことが当てはまる。

 レクサスCTの特徴は、ボディが運転しやすいサイズで、ハイブリッド専用車になることだ。ハイブリッドシステムやプラットフォームは、基本的に3代目の先代プリウスをベースにしている。リヤサスペンションは、ダブルウイッシュボーンの独立式だから、レクサスHSとも共通性がある。

 レクサスCTは2011年に発売され、2012年には、1か月平均で約1000台を登録した。先代レクサスLSや既に終了したHSと並んで、レクサスブランドの主力車種になった。

 その後、2014年にはフロントマスクにスピンドルグリルを採用するなどマイナーチェンジを行ったが、発売から10年を経過した2021年の登録台数は、1か月平均で約160台まで落ち込んでいた。

 レクサスCTの走行安定性、乗り心地、燃費性能などをさらに進化させるには、プラットフォームを設計の新しいGA-Cに刷新せねばならない。

■人気車種の変化でハッチバックに逆風

2018年に人気のコンパクトSUVとして登場したレクサス UX

 しかし前述の通り、最近はミドルサイズハッチバックの人気が下がっている。しかも2018年には、GA-Cプラットフォームを使ったコンパクトSUVのレクサスUXも加わった。

 レクサスUXは2021年に1か月平均で約820台が登録され、レクサスCTの約160台に比べて5倍以上の売れ行きだ。5ドアハッチバックの人気低迷も考えると、UXがあればCTは必要ないと判断された。

 またレクサスCTは、ミドルサイズハッチバックとしては、後席があまり広くない。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ1つ半だ。しかも後席は床と座面の間隔も不足するから、腰が落ち込んで膝は持ち上がり、やや窮屈な姿勢を強いられる。

 レクサスCTのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2600mmを確保したから、ファミリーカーとして使えそうな印象も受けるが、実際は2人乗りに近い。

 販売店にレクサスCTのユーザーについて尋ねると「CTはLSやRXを使うお客様のセカンドカーとして人気が高い。コンパクトなハイブリッド専用車だから、環境性能のイメージもCTの魅力に繋がっている」という。ファミリー層は少ない。

 レクサスCTが発売された時の運転感覚は、当時のレクサスとしてはスポーティな印象が強かった。一般的な16インチタイヤを装着するバージョンCでも、操舵に対する反応が機敏で良く曲がるが、危険を避ける時などは相対的に後輪の接地性が下がりやすい。乗り心地は硬めで、路上の細かなデコボコを伝えやすかった。

 この点について当時の開発者は以下のように説明した。「レクサスCTは、販売総数の30%を欧州で売ることもあり、アクティブな運転感覚に仕上げた。VSC(横滑り防止装置)の作動タイミングも、若干遅めに設定して、ドライバーの運転する楽しさを大切にしている」。

 レクサスCTの発売当時は、レクサスブランドが伸び悩み傾向にあった。その理由として、メルセデスベンツやBMWに比べて個性が弱いことが指摘され、次第に走り、デザインともにスポーツ指向を強めていく。

 その先駆けがCTで、当時の開発者は「将来のレクサスを先取りするのがCTだから走りを煮詰めた」と語っていた。

次ページは : ■今だからこそのCTの「買い得グレード」は?