FFベースに生まれ変わるクラウン、中古でねらい目のFRクラウンはどれだ?

FFベースに生まれ変わるクラウン、中古でねらい目のFRクラウンはどれだ?

 ベストカーWebでは、すでに何度も新型クラウンはこれまでのFRセダンではなく、駆動方式がFFモデルとなることや、スタイリッシュなSUVに代わると報じてきた。

 現行モデルは2018年6月に登場し、間もなく4年を迎える。しかし、これまで外観デザインが変わるようなマイナーチェンジは行われていない。さらにホームページでの工場出荷時期の目処を見ると今年5月13日時点でのクラウンは、詳しくは販売店にお問い合わせくださいと書いてある。

 もしかすると大幅改良を行うタイミングと半導体不足などによる新車遅延が重なり、オーダーストップとなっているのかもしれないが、もしかすると生産終了か…。という詮索もしたくなる。もしかすると、次期型がFFベースに生まれ変わってしまうかもしれないクラウン。そこで、伝統のFRセダンのクラウンを中古車で狙うとすると、どの世代が狙い目なのだろうか、探ってみた。

文/萩原文博、
写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】狙い目世代のクラウンたちを画像でもチェック!(10枚)画像ギャラリー

■中古で狙えるFRクラウンは1999年登場の11代目まで

 1955年に初代が登場したトヨタクラウン。15代目となる現行モデルは2018年6月に登場した。中古車検索サイトで流通台数を調べてみると約980台流通している。

 旧型クラウンロイヤル/アスリートは2012年12月に登場。中古車の流通台数はロイヤルが約500台、そしてアスリートが約1055台。

 そのひとつ前の13代目クラウンロイヤル/アスリートは2008年2月に登場。中古車の流通台数はロイヤルが約380台、そしてアスリートは約570台となっている。

 さらにゼロクラウン、12代目クラウンロイヤル/アスリートは2003年12月に登場。中古車の流通台数はロイヤルが約270台、アスリートは約315台。

 最後の直6エンジン搭載モデルだった11代目クラウンロイヤル/アスリートは、1999年9月に登場。中古車の流通台数はロイヤルが約65台、そしてアスリートは約33台となっている。

 流通台数から見て、クラウンの中古車で狙えるのは1999年に登場した11代目までと言える。それでは、各世代がどのようなモデルだったのかと中古車相場を紹介する。

11代目より前のクラウンは流通台数が少なく、探す難易度が高そうだ

■11代目は最後の直6クラウン

 1999年9月に登場した11代目クラウンは「新世紀クラウン」と呼ばれ、キャッチコピーは「21世紀へ。このクラウンで行く。」だった。このモデルから走りに磨きをかけたアスリートを設定した。

 パッケージを一新し、エンジンを車両の中心に寄せ、燃料タンクを後席床下に収納することによりヨー慣性モーメントを減少させ、優れた操縦性・走行安定性を実現するとともに、ラゲージスペースを拡大させたのが特徴。

 同時に、着座位置を上げて全高を高くとり、キャビンを広げることにより、前席、後席とも、足元、肩回り、頭上にゆったりとした空間を確保している。また、ドア構造を高剛性サッシュタイプとすることで、ビッグキャビンの大型ドアに対応するとともに、重厚なドア開閉フィーリングと静粛性をレベルアップしている。

 搭載するエンジンはデビュー時、4L V型8気筒DOHCを筆頭に、3L直列6気筒DOHC。そして2.5L直列6気筒ターボ&DOHCの4種類で、直列エンジンを搭載した最後のクラウンとなった。

 現在の中古車相場はロイヤルの平均価格約46万4000円で、価格帯は約19万~約88万円。一方、アスリートは平均価格が約97万4000円、価格帯は約24万8000~約498万円。アスリートのみに搭載されていた2.5L直6ターボの影響でいまだに100万円以上のクルマが豊富だ。

 最高価格車はヤマハがサスペンションなどをチューンした300台限定のアスリートVX。このクルマに出会えることがレアな体験だ。

次ページは : ■12代目は若返りを図った「ゼロクラウン」