見かけだけ? 本当に効果あり? ガチで燃費や最高速に効くエアロパーツとは?

見かけだけ? 本当に効果あり? ガチで燃費や最高速に効くエアロパーツとは?

 アルミホイールと並んで、昔から非常に人気が高いカスタムアイテムである、エアロパーツ。フロントリップスポイラー、リアスポイラー、リアアンダーディフュ―ザー、エアロタイプのサイドミラーカバーなど、数々のエアロパーツがアフターパーツとして市販されており、好みに合わせてカスタムしている方も多いだろう。

 これらのアイテムは、「見た目」という側面も大事だが、もちろん、実際の効果も大事。では、数あるエアロパーツのなかで、燃費や走行性能において、一番効果的なアイテムはどれなのだろうか。

文:吉川賢一
写真:HONDA、RENAULT、NISSAN、エムスリープロダクション

【画像ギャラリー】空力性能命!! FF最速を争う「シビックタイプR」と「メガーヌR.S.トロフィー」からエアロデザインを学ぶ!!(35枚)画像ギャラリー

空力エンジニアが目指すのは「燃費の改善」と「リフトフォースの低減」

 2020年2月、新東名高速道の御殿場JCT~浜松いなさJCT間で、最高速度規制120km/hが開始された。100km/hで走るのと、120km/hで走るのとでは、緊張感が全然違うことを、多くの方が体感したことだろう。クルマの速度が上がるほど無視できなくなるのが空気の力だ。実車設計では、大きく二つの空気力学を中心に開発が行われている。

 ひとつは、燃費に影響する「空気抵抗」だ。もちろん空気抵抗は低いほど燃費は改善する傾向にある。空気力学の世界だと、一般的な乗用車は「Cd値(空気抵抗係数)」が、0.30を下回るとよいとされている。例えば、ヤリスは0.30、60系プリウス0.24(※初代が0.30)、ノート0.29、GT-R 0.26、アリア0.297といった具合だ。数字を公表していないクルマも多いなか、これらのクルマが公開している理由は、「技術力の高さを示して他社を牽制する」といった意図もあるのだろう。

 また高速走行中の安心感に大きく影響するのが揚力(リフトフォース)だ。クルマは、上屋にキャビンスペースの膨らみが必ずあるため、クルマが「浮き上がる」方向に力が働く(航空機の主翼上面がアーチを描いているので揚力を発生するのと同様)。レーシングマシンだと「ダウンフォース」という言葉を聞くことがあるが、市販車だと「ダウンフォース」は実はやりすぎで、車速が上がっても下がっても変動をしない「ゼロリフト」がいいとされている。

 「Cd値」と同様に、揚力は「Cl値」として評価をするが(前後で分けてCLf、CLrとも表現する)、この数字はあまり外には出てこない。前後バランスなど、各メーカーのノウハウ(特許も絡む)もあるためだ。

 ちなみに以前、FK8シビックタイプR開発担当者へ取材したときには、おおよそ「ゼロリフトを達成した」という説明であった。あれだけの巨大なリアウイングやリアバンパーディフューザーを付けてはいるが、狙っていたのは「ゼロリフト」だというのは意外だろう。

FK8シビックタイプRの大型リアスポイラー。リアのリフトフォースを低減し、ゼロリフトを達成している。後継となる新型FLシビックタイプRも近々登場予定だ

まずはリアスポイラー、その次にフロントスポイラー

 実際に効果の大きいエアロパーツについてだが、燃費に効果のあるエアロパーツは、純正の状態ですでに装着されていると考えていいと思う。例えば、純正で装着されている空力用途パーツだと、フロントバンパー下にあるディフレクターやホイールデザイン、エアロスタビライジングフィン(トヨタ車)、ルーフ後端を延長したリアスポイラー、エアロサイドミラー、ここ数年だと、リアバンパー下のディフューザー、フロントバンパーサイドに空いたエアスクリーン用ダクト、などだ。これらは「取り外したり、機能を殺してはダメ」なアイテムたちだ。

 そもそも、ボディ形状を設計する上で、ボディシェイプやボディ表面の凹凸、ルーフ上面やボディサイドの流れ、ボディアンダーの形状、マフラー経路、タイヤホイールハウス内の空気の流れ、さらにはサイドミラー形状まで、全て計算して導き出している。そのため、後付けパーツをポン付けしたところで、空気抵抗を増やすことにしかならず、気軽に燃費改善できる、なんてのは不可能に近い。

 「燃費」を無視したとして、リフトフォースに効果があるエアロパーツは多いと思われる。自動車メーカーエンジニア経験を通した、個人的な考察だが、もっとも効果が強かったのはフロア下のフラットパネル、次いで効果があったのがリアスポイラーであった。なかでも、リアに付け加えるエアロパーツはクルマの安定感に大きく寄与しており、サイドビューで見たときに、空気の流れを上下動させるアイテムは、そのパーツの大きさが小さくとも、効果は大きかった。

 その反面、フロント周りに付けるスポイラーなどのアイテムは、その効果は大きいが、やり過ぎるとデメリットがあった。高速走行になるほどフロントには「安定感」が欲しいところだが、ハンドルの修正舵に対する車両応答が機敏となり過ぎて、安心感が一気に低下したことがあった。

 やってみたいならば、リア周りのエアロパーツを中心に付けてみて、その効果が分かれば、フロント側にもチャレンジしてみる、という順番でとりいれるのがいいと考える。

次ページは : ぜひ、実際に取り付けて体感してみてほしい