俗説に喝!! 日本の車が左側通行な理由 英国追従説は嘘だった!!

 世界各国の車が走る日本は、左側通行を採用する国のひとつ。一方、世界的には日本と“逆”の右側通行が主流だ。もし、日本が右側通行なら、国産メーカーにとっても主要輸出先の北米や欧州の主要国と同じ左ハンドル車を基本とできる等のメリットもあるはず。にも関わらず、なぜ日本は左側通行を選んだのか。

 その理由としては「英国に倣ったから」、「武士が左側に差した刀の鞘が当たらないよう左側通行になった」など、さまざまな“俗説”が流布している。

 それらの俗説は本当に正しいのだろうか。実は、英国に倣ったとする説は真っ赤な嘘で、左側通行採用のきっかけは意外な理由だった!

文:大音安弘
写真:Adobe Stock


左側通行の端緒は明治時代! その意外な経緯とは

左側通行を採用する英国。日本が左側通行となったのも「近代化のなかで英国の方式を取り入れたから」という説も流布しているが、実のところ全く根拠がないのだ!

 日本が左側通行となった理由として、「英国に倣った」や「侍が持つ刀の影響」など諸説が挙げられているが、そもそも左側通行となった時期はいつなのか。多数の文献にあたるなかで、1冊の書籍と出会うことが出来た。岡 並木 氏が執筆した「舗装と下水道の文化」(論創社、1985年)である。

 同書は道路と下水道の歴史に触れた著書で、世界のライフラインが如何に普及したのかを知ることができる。この本とその他の道路に関する資料の内容を要約すると、以下のような歴史がはっきりと見えてきた。

 まず、初めて左側通行が明文化されたのは、1881年(明治14年)の警察庁通達で「車馬(シャバ)や人力車が行き合った場合には左に避けること」とあり、これが日本の左側通行の原点となった。

 そして、1900年(明治33年)の警視庁令(道路取締規則)で、「人道車馬道の区別ある場合は人道の左側を、区別ない場合はその道の左側を通行すること」と歩行者を含めた左側通行が規定された。

 また、「歩行者はみだりに車馬道を通行しない」ともあり、歩行者が車道の往来を妨げないようにされている。

 この規定を定めたのは、警察署長なども務めた内務官僚である松井茂だ。

 その理由は驚くべきもので、「特に根拠はなく、なんとなく左側通行が良いと考えた」からだという。ただ、その根底には、先に挙げた車馬などの左に避けるという通達を念頭に置いたことが予測される。つまり、英国に習ったわけではなかったのだ。

 ただ、日本の鉄道の歴史は、明治政府が英国に協力を仰ぎ、実現された背景がある。

左側通行は刀が関係している説も実は「後付け」

 では、「刀の影響」という説はどうなのだろうか。実は、この話には前出の松井氏が深く関係している。

 当時の内務大臣だった西郷従道が、左側通行案に待ったをかけた。これ以前から軍隊は右側通行を実施しており、陸海軍創設の功労者でもあった西郷は、軍隊との統一を求めたのである。

 その説得に駆り出された松井は、最後に、「別に理由はありませんが、これ(刀)ですよ」と、左の腰から刀を抜く真似をしてみせた。その動作を見て西郷は承知したという。

 つまり「刀」説は、後付けの理由だったのである。

 ただ、この時点では、東京限定の決まりであり、これが全国的に導入されたのは、1921年(大正10年)に施行された「道路取締令」から。その後、1949年(昭和24年)の道路交通取締法改正にて、「対面通行」が採用され、車馬は左、人は右となった。

世界で主流の右側通行と左側通行はどのように普及した?

写真のように、馬車の手綱を握る人が右側に座っていることが、実は左側通行か右側通行かに大きく関係している

 では、海外では「右側通行」が主流で、英国など一部の国が「左側通行」となっているのか。その背景には、欧州の歴史と馬車が深く関係している。

 16世紀の頃からフランスの御者(※馬を操る人)は、馬車ではなく、それを引く左側の馬に跨って操っていた。御者が道路中央側となる右側通行の方が安全に馬車を運行できたため、右側通行が徐々に浸透。それを1851年にルイ・フィリップ王が法制化した。

 一方、左側通行のイギリスでは、御者が馬車の中央にある御者台に乗り操った。その場合、人は右利きが大多数であるから、右側の馬の方が手綱で操りやすい。そこで同様に安全面から左側通行となったという。それが法制化され、自動車社会となった現在まで引き継がれたわけである。

 右側通行の普及は、フランスの繁栄によるもので、欧州全体へと広がり、また統治下に置かれた国もこれにならった。イギリスも統治した国々などで左側通行を採用させた。この流れが、右と左という二つの勢力を生んだ大きな原因となった。

写真はアウトバーン。ドイツもご存じのとおり右側通行を採用する国のひとつ。欧州域内でも右側通行が多数派だ

 ただ、タイのように独自に左側通行を選んだ国も見られる。また近年でも2009年にサモア独立国のように右側通行から左側通行に改めた例も……。サモアでの理由は、オーストラリアなどの隣国から右ハンドル車を入手しやすいなどコスト面を考慮したものであるようだ。

 では、クルマとして、右ハンドル車と左ハンドル車どちらが良いのか。かつて左ハンドル車をメインとする海外メーカーの右ハンドル車は、出来が悪いと評価されることもあった。

 また、MT場合、ペダルレイアウト的に左ハンドルの方が踏みしろの大きいクラッチペダルのレイアウトが有利とも言われた。

 しかしながら、技術進歩により、かつてのように構造上の問題は、ほとんど聞かれなくなった。ただボタンレイアウトやサイドブレーキの位置など、左ハンドル車を前提とした設計が現在も見られる。

 それでも、どちらが優れるかというよりも、運転する国の通行区分にあったハンドル仕様を選んだ方が、運転しやすいことは間違いないといえる。

 日本での左側通行の決定に大きな根拠がなかったというのは驚愕の事実である。ただ、決定に携わった松井茂は、役人として警察や消防、行政にも深くかかわった人物だけに人々の暮らしを見て、これをベターな判断としたのかもしれない。

◆世界の右側通行と左側通行

 世界には右側通行と左側通行を採用している国があり、2018年現在は右側通行採用国が多数を占める。主な右側通行と左側通行の採用国は以下のとおり。日本は左側通行を採用するが、沖縄では大戦後の1978年まで右側通行を採用していた歴史もある。

・右側通行を採用する主な国…北米(米国、カナダ、メキシコ等)、欧州(フランス、ドイツ、イタリア、スペイン等)、アジア(中国、韓国、台湾、ベトナム、サウジアラビア等)、ロシア、南米(ブラジル、ペルー等)など

・左側通行を採用する主な国…英国と旧英国領(香港等)、オーストラリア・インド・南アフリカなどの英連邦加盟国、日本、タイなど

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ