意外に実用的でカッコよくてお買い得! スズキXL6は日本でも売られるのか


 日本では軽自動車の雄として見られているスズキ。しかし、海外に目を向ければ、すでに軽から登録車(小型)への移行が進んでいる。そんななか、さまざまな個性的で魅力的なクルマが販売されている。

 そこで今回はインドで販売されているコンパクトミニバンXL6にスポットを当て、日本でも程よいサイズ感ながら、なぜ販売しないのかの謎に迫ってみたい。

文/渡辺陽一郎写真/スズキ、マルチスズキ

【画像ギャラリー】インドのスズキはトヨタ並みのフルライン?? 個性豊かなインド販売車種特集!!(21枚)画像ギャラリー

■海外ではスズキの登録車への力の入れ方は顕著

日本のスズキ=軽のイメージだが海外では登録車の拡販を着実に進めている。その一大拠点となっているのがインドだ。今回取り上げるXL6はインド仕様だが、その輸出版としてXL7も存在

 スズキは軽自動車のメーカーという印象を受けるが、2016年にスイフトを現行型(4代目)にフルモデルチェンジしてからは、小型車にも力を入れている。2015年に発表した中期経営計画「SUZUKI NEXT 100」において、スズキは登録車(小型+普通車)の国内年間販売台数を10万台以上、軽自動車のシェアは30%以上という目標を掲げた。

 この後はスイフトの好調な売れゆきもあり、2016年には、登録車の国内年間販売10万台以上の目標を早々と達成させた。軽自動車のシェアも30%以上を守っている。

 直近の2021年は、新型コロナウイルスの影響を受けて、登録車の国内販売台数が9万9213台まで下がった。それでも国内で売られるスズキ車の16%を登録車が占める。ダイハツの登録車比率は7%だから、スズキは圧倒的に多い。

 そしてスズキは、海外では、さらに積極的に小型車を販売している。2021年のスズキの世界販売台数は276万3846台で、このうちの78%が海外だった。軽自動車を中心にした国内の販売比率は22%だ。

■インドのスズキは日本のトヨタに匹敵するシェアを誇る

 特に海外で販売比率の高い国はインドだ。スズキの子会社となるマルチスズキのシェアが多く、インドで売られる乗用車の40%以上がスズキ車であった。従ってスズキのインド市場に対する依存度も高く、2021年には、スズキの世界販売台数の50%以上をインドが占めた。

 そのためにスズキ車には、インドを始めとする海外向けの小型車も多い。例えばインドで販売されるアルトやワゴンRは、軽自動車サイズの日本仕様とは異なる小型車だ。

 このマルチスズキの手掛ける車種のなかで、特に注目されるのがXL6だ。全長が4445mm、全幅は1775mmの比較的コンパクトなボディに、3列のシートを備えた6人乗りのミニバンになる。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2740mmと長いが、最小回転半径は5.2mに収まり、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。

 エンジンは直列4気筒1.5Lで、スマートハイブリッドと呼ばれるマイルドタイプのハイブリッドシステムを搭載する。駆動方式は前輪駆動の2WDで、トランスミッションは、5速MTと6速ATを用意した。

■XL6はコンパクトクラスのミニバン。外観はSUVらしいカッコいい仕上げだ

ルーフからの俯瞰のため、わかりにくいが黒色のホイールアーチやアルミ製ルーフレールなどを装着し、SUV感を演出している。後付け感はなく、見た目の収まりもいい!!

 外観を見ると、4輪の収まるホイールアーチは、ブラックの樹脂パーツによって縁取りされている。ボディの下側には、アンダーガード風の樹脂パーツも備わり、SUVの雰囲気も兼ね備えて流行に沿っている。

 2列目シートはセパレートタイプで座り心地が優れ、2/3列目の間を移動しやすい。全高は1755mmだから、ミニバンでは低めに抑えられ、フリードを少し上回る程度だ。後席側のドアも横開き式で、スライドドアは採用されない。

 全長が4445mm、全幅は1775mmというボディサイズと最小回転半径の5.2mは、少しワイドではあるが、日本の道路環境に適した大きさだ。「日本で販売する予定はないのか」、販売店に尋ねると以下のように返答された。

「XL6は海外向けに開発されたクルマで、今のところ日本国内で売る予定はない。直近の新型車としては、6月17日にアルトラパンが大幅な改良とグレード追加を実施したが、それ以外は聞いていない」。

次ページは : ■海外専売車でカッコいいクルマは沢山ある。ただ、日本に持ってくるにはコストが……

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ