なぜ18年目も圧倒的人気? トヨタ ハイエースが大ヒットした意外なきっかけ

「パーソナル乗用」という切り口で、高い商品力を見せつけることができた点にあると思う。

 ハイエースの名が登場したのは1967年のこと。国内では5世代、55年に渡って活躍し、現在では世界の商用バンをリードする存在だ。

 現行型のH200系が登場して、そろそろ18年が経過する。国内モデルにもフルモデルチェンジの期待が高まってきた。そこで、ハイエースの人気の理由や販売店での立ち位置などを改めて確認しながら、ハイエースの新たな魅力を探っていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】不動の人気を誇るハイエースの歴代モデルと次期型予想CGをギャラリーで見る!!(13枚)画像ギャラリー

国内市場におけるハイエースが不動の人気を築いた理由

2004年の登場から好調な販売を維持している現行ハイエース。写真はスーパーGLグレードをベースとした特別仕様車プレミアムセレクション

 商用バンとしてのイメージが強いハイエースだが、ラインナップは他にもある。ハイエース・ワゴンやハイエースコミューターといった、モノではなく人を乗せるハイエースも、一定数の需要があるクルマだ。

 そのなかでも、本格的な商用使用から、キャンプなどのレジャーで活躍する個人ユースまでを幅広く受け入れるのが、ハイエース・バンである。3代目まではトラックベースの硬派な商用車だったが、4代目となるH100系以降では、個人が乗用車として使用することを見越した仕様変化が起きた。

 ハイエース・ワゴンには、高級セダンを思わせるグレードの「スーパーカスタムリミテッド」を用意し、ハイエース・バンのスーパーGLグレードにも、ハイエース・ワゴンを意識した質の高い装備がおごられるようになったのだ。

 H200系になると、ワゴンのスーパーカスタムリミテッドはアルファードに吸収される形で廃止される。質感が高いハイエースに乗るためには、スーパーGLを選ぶことが必須条件となったのだ。同時に、ハイエース・ワゴンの個人乗用使用は大きく減り、個人ユースでもハイエース・バンが選ばれるようになっていく。

 商用車として必要な積載性や耐久性は、初代からの折り紙付きだ。そこに、商用車とは思えない質の高さとカッコよさが付け加えられたスーパーGL(特別仕様車プレミアムセレクション等)が登場したことで、一気に想定ユーザーの幅が広がった。

 国内での不動の人気を築けた一つの要因には、これまでの商用車では考えられなかった、「パーソナル乗用」という切り口で、高い商品力を見せつけることができた点にあると思う。

ハイエースにしかない、キング・オブ・バンの風格

 キングオブ○○と呼ばれるクルマには、飛びぬけた性能が必ずある。特に世界的な人気を作り上げたトヨタ車といえば、ランドクルーザーとハイエースだと思うが、双方に共通するのは「壊れない」という性能だ。

 陸の王者といわれ、砂漠で最も安全な移動手段ともいわれるランドクルーザーは、過酷な環境下で走行しても故障が非常に少ない。加えて抜群のボディ剛性と駆動性能が、中東地域を中心にして、爆発的な人気を誇っているのだ。

 この点はハイエースも同様である。人気のある販売地域こそ違うが、故障の少なさは世界トップレベル。さまざまな地域でモノや人を、故障なく確実に運ぶことができる。

 ハイエースは100万kmを超える過走行状態になっても問題なく動く。これだけ堅牢なボディとエンジン・駆動系、頑丈なサスペンションを持つ商用バンは、世界中を探しても見つからない。その分、ライバルと比較すれば車両本体価格は高いが、価格以上の働きをしてくれることは、ハイエースを選んだ時点で保証されているのだ。

 ランクルのような派手さはないが、真面目で愚直なハイエースにも、王者の風格は充分に漂う。一見するだけでは、普通のクルマに紛れてしまうが、秘められた耐久性という名の性能美は、世界中のどんなクルマも太刀打ちできない。

次ページは : 法人・個人・営業・サービス、苦手な分野は一つもない

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ