見よ、このド迫力!! ラリーを激走するハイエースが異次元すぎる!!!


 速さを競うラリーで、あのハイエースが意外なポテンシャルを発揮!? そもそも、なぜハイエースなのか? 今季国内ラリーに挑戦し、2021年11月12~13日に開催の「セントラルラリー」にも参戦予定の自動車評論家・国沢光宏氏が、競技の世界に持ち込んでみてわかったハイエースの真の実力をレポート!

文/国沢光宏、写真/ベストカーWeb編集部、CASTレーシング

【画像ギャラリー】おいおいウソだろ…ハイエースがラリーを走る異次元写真(16枚)画像ギャラリー

なぜラリーにハイエース? 予想外のパフォーマンスに驚き

グラベルを走るハイエースは、この迫力! コンパクトな車両やロー&ワイドなスポーツモデルが多いなか、文字通り「猛然と」ステージを駆け抜けた

 11月12~13日に開催されるセントラルラリーで、今シーズンのハイエースチャレンジは終了する。当然の如く毎戦ごとに新しいトライをしており、セントラルも新開発の別タンク式ダンパーなど投入する予定。来シーズンの予定は検討中なので、激しく攻めるハイエースの姿を見たいなら、ぜひとも見に来ていただきたい。

 当たり前かもしれないが、けっこうな頻度で「なぜハイエースでラリーをやっているのか?」と聞かれる。基本的にはエベレストに初登頂したマロリーの如く「そこにハイエースがあったから」みたいに答えています。考えていただきたい。ハイエースのスペックを見たら「走らせたら速いでしょうね!」の対極にあると考えることだろう。

 フロント回りにロールケージを張り巡らせたラリー用のハイエース、乗員2名乗った状態での前後の重量配分は前80%の後20%。このスペックだけで誰だって「まともに走らんだろう」と予想できる。全高198cmに対し170cmという、全幅より背高のボディシルエットだって「曲がる」性能を考えたら厳しい。私もそう考えていた次第。

写真が別タンク式のダンパー。グラベル仕様の足回りは意外なほどソフトで、商用車のハイエースが乗り心地面で進化を遂げるヒントになるかもしれない

 ところが! 初参戦となった全日本ラリー唐津戦の林道で全開してみたら、多少のコツは必要ながら、コーナリングスピードだけ取り出してみたら普通のラリー車と同じくらい速いことが判明! フルブレーキングすると後輪荷重が“ほぼ”ゼロになってしまうことと、サーキットでいう縁石みたいな内側輪のデコボコさえ注意すればOK。

 クセが強いし、初めてのクルマということもある、慣れるまでスペシャルステージ2本分を使ったけれど、その後はハイエースのラリー仕様を作った喜多見さんと良いバトルになる。後で動画を見たら、同じくらい激しいアクションで林道を攻めていました。ただ、いかんせんパワーがない! 1620kgに136馬力は軽自動車並のパワーウェイトレシオです。

「だったらコーナリング速度で勝負だ!」とばかり2戦目の群馬戦でさらにサスペンションを改良し、エンジンパワーこそ上げられないが、1~3速のクロスミッションを新規開発して投入! これで1kmあたり1秒以上速くなったと思う。ハイエースの足回り、ヤバいくらい楽しい。面白いコトに乗り心地も上質になった。

不利なはずの未舗装路も「意外に走るから大笑い」

ラリー期間のサービスパークにおけるひとコマ。他の参戦車両とは異なる大きなハイエースは「かっこいい!」とお子さんにも大人気だった

 こうなると「グラベル走ったらどうか?」。ラリーといえば醍醐味はグラベル=未舗装路だ。ただ常識的に考えたら舗装路より一段と状況が不利になる。後輪荷重20%のため、滑りやすい路面だと駆動力を伝えきれないだろう。舗装路よりデコボコしているグラベルだと転倒の可能性も大きくなること確実。でもやってみなくちゃ解らない。

 ということでグラベル仕様を試作してみたら、意外に走るから大笑い! 「じゃあ実戦だ!」ということで新型コロナ禍も一段落し、北海道の蘭越町をベースに開催が決まった『ARK Sprint 300 』にエントリーする。このラリー、羊蹄山を望む素晴らしいロケーションでおこなわれる。蘭越町長さん自らスタートフラッグを振るなど、地元も好意的。

 前日には「舗装工事に入るから自由に使っていい」とグラベルの広場を使わせていただく。ここでラリー前日の土曜日に『ハイエースフェス』というイベントを開催し、来場者にラリー・ハイエースの助手席体験もしてもらいました。お母さんと同乗したお子さんなど大喜び! 素晴らしい風景のなか、タイムラリーなどもおこなう。やっぱりクルマは楽しい。

 肝心のラリーだけれど、上の動画を見ていただきたい。喜多見さん、完全にフィンランド人みたいなドライビングスタイルだったりして。デコボコしているグラベルにあんな横向けて飛び込んで行けるモンだと感心するのみ。私はフォードMスポーツにも言われたけれど、フランス系ドライバー的らしい。このコーナー、喜多見さんのほうが僅かながら速い!

 同じクルマで走っていると「負けたくない!」根性など湧き出てくる。このあたりが競技も面白いところ。ホンキになっちゃう。ターマックラリーじゃ若干優勢だった私ながら、グラベルでは劣勢! 動画のコーナー以外も全て何度か飛び出しそうになるくらい攻めたんですけど。ただハイエースがグラベルでも充分に走ると判明。

次ページは : ハイエースの開発部隊も興味津々! ラリーで実感した意外な奥行き