後続ドライバーは思わずヒヤリ!? なぜ「あおりハンドル」は危険な運転なのか? 危ない運転3選

後続ドライバーは思わずヒヤリ!? なぜ「あおりハンドル」は危険な運転なのか? 危ない運転3選

 交差点の右左折をする直前に曲がる方向の逆にハンドル操作をして膨らんでから曲がる「あおりハンドル」、車間距離を詰めて速く進むよう催促する「あおり運転」などの運転行為は今でもよく見かける光景です。

 今回は、あおりハンドルやあおり運転がなぜ危険なのか、元自動車教習所の教官で国家資格を保有する筆者が解説します。

文/齊藤優太、写真/Photo AC、AdobeStock(トップ画像=Imaging L@AdobeStock)

【画像ギャラリー】心当たりのある人はすぐに直そう!! 周囲に迷惑と危険を撒き散らす「3つの危ない運転行為」(4枚)画像ギャラリー

■危ない運転行動その1:あおりハンドル

交差点の右左折をする直前に曲がる方向とは逆にハンドル操作をして右左折するあおりハンドルは、後続車や対向車など周囲の交通の妨げになるため危険(出典:Photo AC)
交差点の右左折をする直前に曲がる方向とは逆にハンドル操作をして右左折するあおりハンドルは、後続車や対向車など周囲の交通の妨げになるため危険(出典:Photo AC)

 あおりハンドルは、交差点の右左折をする直前に曲がる方向とは逆にハンドル操作をして、あえて大回りをして右左折する行為です。よく見かけるあおりハンドルは、後続車や対向車など周囲の交通の妨げになる運転行為であるため危険なのです。

 筆者が実際に教習所で指導していた時にも、あおりハンドルをする生徒がいました。筆者があおりハンドルについて指摘すると「自分は、あおりハンドルなんてしてない」や「なんでダメなんですか?」と言われたため、あおりハンドルの危険性について次のように説明しました。

 「あおりハンドル(右左折直前の逆振り)をすると後続車が驚き、急操作(急ハンドルや急ブレーキ)をさせてしまったり、通行できなくなったりすることがあります。

 また、逆振りは対向車線側の通行を妨げてしまう可能性もあることから危険なのです。さらに、左折時に車体を右側に振ると、二輪車が入るスペースができてしまい、巻き込み事故を起こすリスクが高くなります」。

 このような危険性があることからあおりハンドル(逆振り)は危ないのです。

 法律では、交差点の右左折の方法について、「左折する時は、あらかじめ道路の左に寄って道路の左端に沿って徐行して通行する」、「右折時はあらかじめ道路の中央に寄り、交差点の中心のすぐ内側を徐行して通行する」と定められています。

 あおりハンドルは、ほかの交通の通行の妨げになったり、法律に反した右左折方法であったりするため、やらないようにしましょう。

 ただし、生活道路やあまりにも狭い路地へ進入する時は、あらかじめ道路の端に寄って右左折するのが難しいこともあります。積極的に推奨することはできませんが、車幅1台分ギリギリの道や狭い道などに入る時は、周囲の安全をしっかりと確認した上で最小限の逆振りで曲がるようにしましょう。

次ページは : ■危ない運転行動その2:近すぎる車間距離

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!